13日、東京競馬場で<武蔵野ステークス>(GIII・3歳上・ダ1600m)が行われ、戸崎圭太騎手騎乗の3番人気ソリストサンダーが優勝しました。

 勝ちタイムは1分35秒0(稍重)。


 以下、2番人気エアスピネル、6番人気オメガレインボーの順にゴール板を通過しています。


 勝ったソリストサンダーは、牡6歳、栗東・高柳大輔厩舎で、父トビーズコーナー、母ラヴソースウィート、その父スペシャルウィークという血統です。

 昨年当レースに出場した際は惜しくも2着に終わりましたが、今回はリベンジを果たし、見事重賞初制覇となりました。

 また、この勝利で、12月5日に中京競馬場で行われる<チャンピオンズカップ>の優先出走権を獲得しました。

関連記事

著者