20日、大井競馬場で<第33回東京スプリント>(JpnIII・4歳上・ダ1200m)が行われ、川須栄彦騎手騎乗の4番人気シャマルが優勝しました。

 勝ちタイムは1分10秒5(不良)。


 以下、1番人気リュウノユキナ、8番人気ギシギシの順にゴール板を通過しています。


 勝ったシャマルは、4歳牡、栗東・松下武士厩舎で、父スマートファルコン、母ネイティヴコード、その父アグネスデジタルという血統です。

 今回が初めての重賞への挑戦でしたが、接戦を制し見事重賞初制覇を果たしました。

 また、鞍上の川須騎手は、ダート重賞初制覇となりました。

関連記事

著者