レース傾向&展開

 
〈小倉競馬場・芝2000m〉
スタンド前4コーナーのポケット地点からのスタートで最初のコーナーまでは約470mと長く、先行争いが激しくなるのが特徴だが、1.2コーナーにかけて高低差約3mの上り坂があるので徐々にペースは落ち着きやすい。
小回りで平坦なコースの為、ロスなく立ち回れる内枠が有利で、逃げ・先行馬が好走しやすいコース。
追い込み一辺倒は割り引きが必要だが、後方からの捲りは多く決まっているので軽視はしないほうがよさそうだ。
種牡馬ではディープインパクト、キングカメハメハの2枚看板に加えて、ハーツクライ、ステイゴールド、マンハッタカフェといったスピードとスタミナを兼ね備えた系統には注目するべきだろう。
 
〈レース展開〉
このレースの先手争いはメイショウナルトとウインリバティの2頭が有力。後ろの先行勢にサトノラーゼン、クランモンタナ、アングライフェンが続いて、中団以降にエキストラエンド、ベルーフ、マーティンボロ、テイエムイナズマ、ダコール、リヤンドファミユ、プランスペスカが構える。
 

独自予想

 

◎ダコール

 
ダコール(牡8歳)

ダコール(牡8歳)

父:ディープインパクト
母:アジアンミーティア
母父:Unbridled
調教師:中竹和也(栗東)
via google imghp
 
8歳となった今年は勝利こそ挙げていないが、4着→2着→4着→2着と相変わらずの安定感を見せている。この馬は気を抜く癖があるので直線の長いコースよりは小回りの方が向いており、前走の七夕賞後に鞍上が示唆したように馬群の間を割る競馬ができれば集中力が途切れることなく走れるかもしれない。斤量58kgも背負い慣れているし、2勝2着3回と得意の小倉で重賞2勝目を期待したい。
 

◯ベルーフ

 
ベルーフ(牡4歳)

ベルーフ(牡4歳)

父:ハービンジャー
母:レクレドール
母父:サンデーサイレンス
調教師:池江泰寿(栗東)
via google imghp
 
一時は馬場入りを拒むなど気性的に難しい面があり今も大きく変わった訳ではないが、昨年の京成杯で大外から追い込んで勝つなど秘めたポテンシャルは間違いなく高い。まずは自分のリズムを保って折り合えるかがポイントになるが、昨年(2着)のようなハイペースになれば優勝争いに食い込めるだろう。
 

▲プランスペスカ

 
プランスペスカ(牡6歳)

プランスペスカ(牡6歳)

父:ブラックタイド
母:ダンシングドミニア
母父:ブライアンズタイム
調教師:松永昌博(栗東)
via google imghp
 
前走の鳴尾記念で13番人気ながら3着と激走。展開が向いたとは言え、サトノノブレス、ステファノスの一線級相手に0.1秒差まで詰め寄った走りはかなり評価できる。今回は前走よりも3kg軽い53kgとハンデにも恵まれ、勢いに乗っている今なら十分に上位争いできるだろう。
 

▲テイエムイナズマ

 
テイエムイナズマ(牡6歳)

テイエムイナズマ(牡6歳)

父:ブラックタイド
母:クラスター
母の父:Danzig
調教師:福島信晴(栗東)
via google imghp
 
前走のメイSは馬体重を12kg減らしての出走だったが、勝ち馬から0.3秒差の5着と大きくは負けていない。今回も長距離輸送がポイントになるが、歳を重ねるごとに精神面も安定しており、それほど心配はいらないだろう。2歳時に重賞(デイリー杯2歳S)を買っているようにここでも力は十分に足りる。できれば中団の前目でレースを進めたい。
 

▲サトノラーゼン

 
サトノラーゼン(牡4歳)

サトノラーゼン(牡4歳)

父:ディープインパクト
母:トゥーピー
母父:Intikhab
調教師:池江泰寿(栗東)
via google imghp
 
昨年のダービー2着から大きな飛躍が期待されたが、それ以降は惨敗続きで早い復活が待たれる。陣営は調子の良かった昨春と同じくらいの状態と自信を見せており、ここで重賞2勝目を獲りたいところだ。最内枠を最大限に活かしたレースを期待したい。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 
エキストランドは距離適性が微妙なので軽視して、サトノラーゼンは最近の不調が信用性にかける。そうなるとダコールを押し上げる形で本命で良いだろう。以下、ベルーフ、プランスペスカと続くが、斤量が前走より軽くなるプランスペスカが上位評価となる。
 
 
馬番 出走馬 性齢 斤量 騎手 評価 本印 大川 小野寺 田中 予想オッズ
1 サトノラーゼン 牡4 57.0 岩田康誠 107.3 × 3.7
2 エキストラエンド 牡7 57.0 浜中俊 108.1 × × × 8.3
3 クランモンタナ 牡7 54.0 和田竜二 101.9 36.8
4 アングライフェン 牡4 55.0 川田将雅 101.0 × 4.5
5 ベルーフ 牡4 56.0 D.ホワイト 105.4 5.2
6 マーティンボロ 牡7 57.0 藤岡佑介 103.7 6.8
7 メイショウナルト セ8 56.0 松若風馬 102.5 24.5
8 テイエムイナズマ 牡6 56.0 古川吉洋 103.0 × 7.4
9 リヤンドファミユ 牡6 54.0 藤岡康太 90.0 52.3
10 ウインリバティ牝5 52.0 松山弘平 96.5 16.6
11 ダコール 牡8 58.0 小牧太 106.8 3.2
12 プランスペスカ 牡6 53.0 幸英明 105.0 × 10.2
※ハンデ含まず

関連記事

関連タグ

著者