レース傾向&展開

 

中山競馬場・芝1600m(外回り)

 
1コーナーのポケット部分からのスタートで、2コーナーまでの距離が短いので、先行争いが激しくなるケースが多い。しかも、外回りコースに入ってからは4コーナーまで下り坂が続いている為、ペースが落ちづらい。内枠が有利な傾向で、頭数が多くなるほど外を回らされる馬には不利なコース形態。直線は約310mと短いが、ゴール前に急勾配があり、ハイペースも相まって差し・追い込みが決まりやすいのが特徴。道中はインで脚を溜めながら、直線で馬群を捌いて差すスタイルが理想的だ。
種牡馬ではディープインパクト、ダイワメジャー、キングカメハメハ、マンハッタンカフェが好成績を残している。
 

レース展開予想

 
このレースでハナを叩きそうなのはペイシャフェリス。後ろの先行集団にクラリティスカイ、ピークトラム、ワキノブレイブ、スマートオリオン、ダノンプラチナが続いて、中団以降にダイワリベラル、アルマディヴァン、カフェブリリアント、シベリアンスパーブ、ダノンプラチナ、ラングレー、ダンスアミーガ、トウショウドラフタ、リーサルウェポン、最後方にロードクエストという隊列が有力。
 

独自予想

 

◎ダノンプラチナ(牡4歳)

 
ダノンプラチナ

ダノンプラチナ

父:ディープインパクト
母:バディーラ
母の父:Unbridled’s Song
調教師:国枝栄(美浦)
via google imghp
 
前走の東京新聞杯はスローペースで逃げ・先行馬が掲示板を占める中で、唯一後方から追い込んだダノンプラチナは4着と負けて強しの内容だった。一昨年は3連勝で朝日杯FSを制するなど自力の高さはこのメンバーでも一枚上手の印象。3歳時のスプリングS(3着)での勝ち馬キタサンブラックと2着リアルスティールは後にG1制覇を遂げていることから、0.1秒差と差のない競馬をしたダノンプラチナも相当のポテンシャルの持ち主とみて良い。自慢の切れ味を武器に不完全燃焼だった春の鬱憤を晴らしたい。
 

◯ロードクエスト(牡3歳)

 
ロードクエスト

ロードクエスト

父:マツリダゴッホ
母:マツリダワルツ
母の父:チーフベアハート
調教師:小島茂之(美浦)
via google imghp
 
芝1600mでは新潟2歳Sをはじめ、2勝2着1回と抜群の適性を発揮。特に前々走のNHKマイルCでは後方でじっくり脚を溜めると、最後はメンバー最速の上がり3ハロン33.8秒の末脚を繰り出して勝ち馬メジャーエンブレムに0.1秒差の2着と好走。今回は約3ヶ月ぶりの実戦になる上に初の古馬が相手になる為、決して楽な競馬にはならないと思うが、ここで好勝負できれば今後の視野が大きく広がることは間違いない。史上稀に見るハイレベルな3歳世代を代表して圧巻のパフォーマンスを期待する。
 

▲ダノンリバティ(牡4歳)

 
ダノンリバティ

ダノンリバティ

父:キングカメハメハ
母:スカーレットベル
母の父:エリシオ
調教師:音無秀孝(栗東)
via google imghp
 
前走の関屋記念はゴール前でヤングマンパワーに交わされたものの、直線では一旦先頭に立つ見せ場を作ってタイム差なしの2着と好走。このレースでは早い時計にも対応するなど収穫材料も多かった。脚質に自在性があり、展開に左右されないのが大きな強みで、今回も先行馬を見る形から好位でレースを進めたい。現在、7Ptを獲得してガルバルディ(10Pt)、ヤングマンパワー(10Pt)に次いでサマーマイルシリーズ第3位。ここを勝てれば逆転で王者に輝けるだけに負けられない一戦になる。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 
ダノンプラチナ、ロードクエストが頭抜けている印象。続いてダノンリバティ、シベリアンスパーブと続くのでシベリアンスパーブが狙い目か。その下はペイシャフェリス以外大混戦といったところ。
 
 
馬番 出走馬 性齢 斤量 騎手 評価 本印 大川 小野寺 田中 予想オッズ
1 ダイワリベラル 牡5 56.0 北村宏司 101.7 × 11.2
取消 アルマディヴァン 牝6 53.0 横山典弘 102.1 × 72.0
3 カフェブリリアント 牝6 54.0 戸崎圭太 103.5 × 17.7
4 シベリアンスパーブ 牡7 54.0 松岡正海 105.5 116.2
5 ダノンプラチナ 牡4 58.0 蛯名正義 109.8 3.2
6 クラリティスカイ 牡4 57.5 田辺裕信 104.9 × 24.7
7 ピークトラム 牡5 56.0 小牧太 104.0 × × 14.5
8 ラングレー 牡5 56.0 柴田善臣 104.0 × × 8.6
9 ワキノブレイブ 牡6 56.0 津村明秀 101.0 × 144.0
10 ロードクエスト牡3 55.0 池添謙一 108.5 3.7
11 ダンスアミーガ 牝5 53.0 石川裕紀人 101.6 × 4.4
12 スマートオリオン 牡6 57.0 柴山雄一 101.8 87.7
13 トウショウドラフタ 牡3 54.0 吉田豊 102.3 × 19.5
14 ダノンリバティ 牡4 56.0 松若風馬 106.6 5.3
15 ペイシャフェリス 牝5 53.0 大野拓弥 95.0 40.2
16 リーサルウェポン 牝5 50.0 吉田隼人 100.7 95.2

関連記事

関連タグ

著者