略歴

 
小田切有一氏

小田切有一氏

生年月日:1942年11月7日
エール株式会社代表。日本の実業家。

日本の競馬界において珍名馬のオーナーとして知られる。

代表馬は『オレハマッテルゼ』『エガオヲミセテ』など
via google imghp
 
見よ、この絶妙な笑い顔。

日本競馬会に君臨される小田切有一様ぞ。

とりあえず、めちゃめちゃ所有されておられるのでひと言含めてズラーっと羅列して行きます。
 

活躍した歴代の所有馬

 
オレハマッテルゼ

オレハマッテルゼ

父:サンデーサイレンス
母:カーリーエンジェル
母父:ジャッジアンジェルーチ

通算成績は38戦9勝
主な勝ち鞍:高松宮記念など
via google imghp
 
小田切氏の代表所有馬。唯一のG1制覇を成し遂げた馬で、意外に良血。当時、馬名の由来について『俺は待ってるぜ』か『俺ハマってるぜ』のいずれかで物議を醸した…かどうかは知らないが、とにかくこの名前でよくぞG1を勝ったものである。しかも、そのまま種牡馬入りして由緒ある各血統表にまで表記される始末。
 
エガオヲミセテ

エガオヲミセテ

父:サンデーサイレンス
母:カーリーエンジェル
母父:ジャッジアンジェルーチ

通算成績は19戦4勝
主な勝ち鞍:マイラーズカップ、阪神牝馬特別など
via google imghp
 
オレハマッテルゼの全姉。何よりJRAで初めて名前に『ヲ』を使った競走馬で、男馬に混じり重賞を挙げる実力馬でもありその特別な名前を歴史の1ページに自ら刻んだ。しかし、現役中に放牧先の牧場で火災に巻き込まれ惜しくもその命を落とした。
 

その他の珍名馬

 
余りにも多いので、ここからは名前とひと言含めて箇条書きして行きます。
 
・『ヒコーキグモ』…父がキーンからの連想。何じゃそらw

・『モグモグパクパク』…んー、子供に命名させたのか??

・『マルクナッテ』…幼少期、かなりヤンチャだったんでしょう。

・『ヨクバリ』…ニンジンが大好きなのかw??

・『マズイマズイウマイ』…いや、どっちなんだwww

・『ワシャモノタリン』…何に物足りないのかは知りませんが、何故にお爺ちゃん設定。

・『ツイニデマシタ』…当たりが??

・『ホネマデアイシテ』…怖いw

・『スゴウデノバケンシ』…いや、競走馬の枠飛び越えちゃったよw

・『ケイバズキ』…だから、本人が競走馬だからw

・『ガンガンユコウゼ』…そこはイコウゼじゃなくて??

・『パピプペポ』…もはや名付けてないwww
 
・『ワクワクカンヲ』…??与えてくれるの??

・『ボクニモユメハアル』…その手前で何があったんだ。

・『ワタシダイナマイト』…絶対やだわwww

・『タコ』…馬じゃなくなった。

・『イイジャン』…何がw

・『フクラムサイフ』…活躍すればね。

・『ヨロコビノサイフ』…お、サイフシリーズ。

・『オドロキノサイフ』…大穴開けた時のやつ。

・『キレイナダケデス』…謙遜出来てねーわwww

・『ユルセ』…高圧的。

・『ウマクイクトオモウ』…ダジャレ??
 
・『ウラギルワヨ』…未勝利で引退。見事に裏切られた。

・『カートニイレル』…Amazon利用者w

・『キジトサルヲツレテ』…馬太郎が鬼ヶ島に??

・『メイバデス』…30戦0勝。クチダケデス。

・『カイブツ』…これも未勝利。怪物でも“怪しい”の方でしたw

・『ダメダメダメダメダ』…下から読んでものやつね。

・『オウノフウカク』…未勝利で引退、風格無かったです。

・『アイラブユレンパツ』…そんなのやだわw

・『アイラヴュレンパツ』…本当に連発してるwww

・『ゴメン』…色んな意味で謝った方が良い。
 

珍名故の名シーンとまとめ

 

モチ

父:スターオブコジーン
母:イートンカラー
母父:サーペンフロ

主な勝ち鞍:若駒Sなど
 
最後に、珍名だから成せる面白実況を。

2007年の若駒S。『モチ』がスタートから果敢に逃げました。後は4コーナーからの画像をご覧くださいw
 
いやー、実に楽しい。調べてるだけで何回も笑ってしまいましたwww

でも、小田切氏ってかなりの馬主人生を歩んでおられるのも同時に分かりました。珍名を付けられているのも、競馬界の事を想っての意味ある行動なんだと思います。

敬意を評して、今後も時間がある時に追っかけて行きたいと思います。押忍。

関連記事

関連タグ

著者