リアアントニア2018 2億9000万円

 
リアアントニア2018

リアアントニア2018

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:リアアントニア
母父:Rockport Harbor
所属:厩舎未定
生産:ノーザンファーム
馬主:サトミホースカンパニー
via google imghp
 
2018年セレクトセールの当歳セリにおいて2億超えを果たしたリアアントニア2018。落札者はやはり大富豪のサトミホースカンパニー、里見治氏だ。この一族もまだ活躍馬が出ていないにも関わらず、毎年評判の馬を送り込んで来る。これで実際に活躍馬が出れば良いのだが…イルーシヴウェーヴ産駒の二の舞にだけはならないで欲しいところだ。
 

アイムユアーズ2018 1億8000万円

 
アイムユアーズ2018

アイムユアーズ2018

牡馬

父馬:ドゥラメンテ
母馬:アイムユアーズ
母父:ファルブラヴ
所属:厩舎未定
生産:ノーザンファーム
馬主:NICKS
via google imghp
 
今年の当歳が初年度産駒となるドゥラメンテ、母は重賞4勝をあげたアイムユアーズの2018が1億8000万円の高値で取り引き。落札したのは“スワーヴ”でお馴染みのNICKSである。アイムユアーズ産駒はまだ実績があがっていないものの全体的に評判は良く、ファルブラヴが母父で成功している事例を踏まえても高い確率で活躍馬を出して来るだろう。後はドゥラメンテの気性面が産駒にどう影響するか。
 

シルヴァースカヤ2018 1億8000万円

 
シルヴァースカヤ2018

シルヴァースカヤ2018

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:シルヴァースカヤ
母父:Silver Hawk
所属:厩舎未定
生産:ノーザンファーム
馬主:トニー倶楽部
via google imghp
 
言わずもがな、あの幻のダービー馬シルバーステートの全弟にあたるシルヴァースカヤ2018。落札したのは“スマート”の大川徹氏=トニー倶楽部である。3つ上の全兄ヘンリーバローズも、新馬戦でワグネリアンと互角の争いを繰り広げこちらもダービー馬候補に名を連ねた逸材だった。しかし、ネックはいずれも体質面の弱さで大成出来なかった点だろう、魅力は感じるがポテンシャルを持て余す可能性も同じく高い。
 

ラスティングソング2018 1億7000万円

 
ラスティングソング2018

ラスティングソング2018

牡馬

父馬:モーリス
母馬:ラスティングソング
母父:フジキセキ
所属:厩舎未定
生産:ノーザンファーム
馬主:KTレーシング
via google imghp
 
母系はハルーワソング一族の系譜、近親にシュヴァルグランやヴィブロスなどがいるラスティングソング2018。そこにあの怪物モーリスが配合されたとなれば1億7000万円の高額も納得、それを落札したのは新進気鋭の馬主KTレーシング。母はワークフォースでクィーンズベストという素質馬を出している事からも、初年度産駒とは言えモーリスの方が更に可能性は感じる配合だ。モーリスの派生を願いつつ走って欲しい血統。
 

ライトニングパール2018 1億5000万円

 
ライトニングパール2018

ライトニングパール2018

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ライトニングパール
母父:Marju
所属:厩舎未定
生産:三嶋牧場
馬主:ダノックス
via google imghp
 
母の全弟サトノクラウンがいる血統のライトニングパール2018、1億5000万円で落札したのはダノックスだ。母は日本主流血統がほぼ血統に内包されていない為、ディープインパクトなどサンデーサイレンス系の上級種牡馬を付け放題。それでいて仔出しが良いというのは非常に価値の高い産駒になる。持ち込みで産まれたライトニングパール2016(フランケル産駒)の走りを早く見てみたい。
 

ヒカルアマランサス2018 1億4000万円

 
ヒカルアマランサス2018

ヒカルアマランサス2018

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ヒカルアマランサス
母父:アグネスタキオン
所属:厩舎未定
生産:ノーザンファーム
馬主:小笹芳央
via google imghp
 
母ヒカルアマランサスはブエナビスタたちと激闘を繰り広げた名牝、“ホウオウ”の小笹芳央氏が破格の1億4000万円で落札している。産駒もギモーヴ、クインアマランサスと複数勝利をあげた馬を出しているだけにそこまで繁殖能力は悪くない。いつ大物が出てもおかしくない要素は持ち合わせているが、如何せん母の現役時代同様に優等生キャラが多そうなイメージ。
 

シュガーハート2018 1億2500万円

 
シュガーハート2018

シュガーハート2018

牡馬

父馬:ブラックタイド
母馬:シュガーハート
母父:サクラバクシンオー
所属:厩舎未定
生産:ヤナガワ牧場
馬主:DMMドリームクラブ
via google imghp
 
キタサンブラックの全弟にあたるシュガーハート2018、前年の2017年産駒に引き続き2年連続で落札したのは“DMMバヌーシー”のDMMドリームクラブ。意地というか執念と言うか、クラブの目玉として何としてでもという想いで購入したは良いが…その全兄が走らなかったら一体どうするのだろう。恐らくそっちの確率の方が遥かに高い気がしてならない。
 

レディスキッパー2018 1億2000万円

 
レディスキッパー2018

レディスキッパー2018

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:レディスキッパー
母父:クロフネ
所属:厩舎未定
生産:ノーザンファーム
馬主:東洋木材
via google imghp
 
全姉に2017年のクイーンカップ覇者、オークスで3着に入ったアドマイヤミヤビを持つレディスキッパー2018。落札したのは東洋木材である。さすがはウインドインハーヘアの一族で、産駒もアドマイヤミヤビの他にオープン級のグランアルマダもいる安定感のある繁殖能力だ。そこに実績十分の既存配合ともなれば走る算段を取って億超えする理由も頷ける。
 

サンデースマイルⅡ2018 1億1500万円

 
サンデースマイルⅡ2018

サンデースマイルⅡ2018

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:サンデースマイルⅡ
母父:サンデーサイレンス
所属:厩舎未定
生産:ノーザンファーム
馬主:小笹芳央
via google imghp
 
半兄にフルーキーがいる血統のサンデースマイルⅡ2018、落札者は“ホウオウ”の小笹芳央氏。そのフルーキーから全て別の種牡馬で5年連続勝ち上がりを決めた母の繁殖能力は特筆モノだろう。しかも、シンボリクリスエスやチチカステナンゴ、カジノドライヴなどの中級クラスでそれなら今回のキングカメハメハなら化ける可能性も十分。1億超えの上記リストなら最も安心感のある産駒ではないだろうか。
 

アゲヒバリ2018 1億1000万円

 
アゲヒバリ2018

アゲヒバリ2018

牡馬

父馬:ロードカナロア
母馬:アゲヒバリ
母父:クロフネ
所属:厩舎未定
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス
via google imghp
 
先日の七夕賞を勝利したメドウラークの半弟にあたるアゲヒバリ2018。祖母はトゥザヴィクトリー、フェアリードール一族に繋がる繁栄ファミリーの出自で、ようやく母も結果を出したかと言った印象である。タイミング良く、その直後にロードカナロア産駒が上場されたとなると自ずと価格は高騰するだろう。1億1000万円をポンと購入したのは金子真人ホールディングス。
 

セレスタ2018 1億500万円

 
セレスタ2018

セレスタ2018

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:セレスタ
母父:Jump Start
所属:厩舎未定
生産:ノーザンファーム
馬主:野田みづき
via google imghp
 
母はアルゼンチンのGⅠ馬、母父は聞き慣れないが成功例の多いパターンのセレスタ2018。実際、アルゼンチンの芝は超高速馬場で日本競馬に近い分そこで活躍している産駒は適応力があるのだろう。とは言え、ディープインパクト産駒ならともかく当たり外れの大きいハーツクライ産駒なので、それこそピンかパーのいずれかに終わりそうな気もするが。
 

エイグレット2018 1億500万円

 
エイグレット2018

エイグレット2018

牡馬

父馬:ロードカナロア
母馬:エイグレット
母父:サンデーサイレンス
所属:厩舎未定
生産:ノーザンファーム
馬主:小笹芳央
via google imghp
 
半兄に福島記念、金鯱賞勝ち馬ミトラがいるエイグレット2018。その後はいまいちの種牡馬が付けられていたが、ようやくここに来てロードカナロアが2年連続で配合されているのは注目だろう。同配合で早速牝馬2冠のアーモンドアイが輩出されているのはかなりの追い風である。そこへ素直に乗っかったのが“ホウオウ”の冠名でお馴染みの小笹芳央氏。
 

スノーパイン2018 1億500万円

 
スノーパイン2018

スノーパイン2018

牡馬

父馬:フランケル
母馬:スノーパイン
母父:Dalakhani
所属:厩舎未定
生産:Godolphin(愛)
馬主:野田みづき
via google imghp
 
半兄に重賞2勝のタワーオブロンドンがいるスノーパイン2018、落札者は“ミッキー”の野田みづき氏。父がフランケルに変わって上位変換された様な産駒、距離適性も幾らかは延びて来るだろうが本質的にはマイラーだろう。兄は大舞台でひと息の走りが目に付いたが、同馬に関してはGⅠでこそ力を発揮しそうな底力が魅力の配合である。
 

ウィラビーオーサム2018 1億500万円

 
ウィラビーオーサム2018

ウィラビーオーサム2018

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ウィラビーオーサム
母父:Awesome Gambler
所属:厩舎未定
生産:ノーザンファーム
馬主:スマイルクラブ
via google imghp
 
アルゼンチンGⅠホースの母を持つウィラビーオーサム2018、落札者はスマイルクラブ。3つ上の全兄オーサムミッションがサンデーレーシングから1億2000万円の価格で募集され話題となった。しかし、その兄は未だ勝ち上がれず引退の危機を迎えている。そうなると、正直この億超えは理解出来ない所にあるが…果たして馬主に笑顔を届けてくれるのだろうか。
 

エピックラヴ2018 1億円

 
エピックラヴ2018

エピックラヴ2018

牡馬

父馬:ジャスタウェイ
母馬:エピックラヴ
母父:Dansili
所属:厩舎未定
生産:ノーザンファーム
馬主:ダノックス
via google imghp
 
母はフランスの重賞勝ち馬、父に世界一の称号を手にしたジャスタウェイがいるエピックラヴ2018。ジャスト1億円で落札したのはダノックスだった。母系にサンデーサイレンスが内包していない分、日本の上級種牡馬を配合しやすい利点含めて輸入されたのだろう。あくまでも、種牡馬の繁殖力に依存する産駒が多くなるのは致し方ない所か。
 

バラダセール2018 1億円

 
バラダセール2018

バラダセール2018

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:バラダセール
母父:Not For Sale
所属:厩舎未定
生産:ノーザンファーム
馬主:サトミホースカンパニー
via google imghp
 
昨年の2017に続きその全弟であるバラダセール2018を1億円で落札したのはサトミホースカンパニー。よっぽどこの産駒の出が気に入っているのだろう、2年連続で億超えの購入はさすがのひと言だ。まだ結果が出ていないながらも、母はアルゼンチンのGⅠ勝ち馬。芝の高速決着にも対応出来る下地はある事から、いつ大物を輩出してもおかしくはない。
 

まとめ

 
以上16頭が、2018年セレクトセールで高額取り引きされた2018年産駒の注目馬。

今年の新種牡馬はドゥラメンテ、モーリスの2頭が目玉か。その他エピファネイアの爆発力も魅力、キズナがディープインパクトの後継者となるかなどかなりのラインナップである。

POG情報については随時更新予定。どうぞお楽しみに。

関連記事

関連タグ

著者