石川のオススメ有力馬や注目産駒

 

指名のポイントと意気込み

 
初めてのPOGになる為手探りのところはあったが、血統や馬体、厩舎等参考に納得のいく10頭を選びました。ここから重賞ウィナーが何頭が出てきてくれたらとの思いです。
 

石川のPOG指名馬

 
ポタジェ(ジンジャーパンチ2017)

ポタジェ(ジンジャーパンチ2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ジンジャーパンチ
母父:Awesome Again
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
ルージュバックの半弟。馬体を見る限りとてもシルエットが好みであり、調教からも心肺機能の良さを感じさせる。評判通り素質はかなり高そう。友道さん金子さんラインなのも非常に好みであり、プラスに感じる。

評価:2.5pt
 
ブルトガング(タピッツフライ2017)

ブルトガング(タピッツフライ2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:タピッツフライ
母父:Tapit
所属:手塚貴久厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
グランアレグリアの全弟。距離はグランアレグリアより持ちそうで良い。各方面からすごいと絶賛されているように素質は高そうであり期待が持てる。

評価:2.0pt
 
ルリエーヴル(ライラックスアンドレース2017)

ルリエーヴル(ライラックスアンドレース2017)

牝馬

父馬:ロードカナロア
母馬:ライラックスアンドレース
母父:Flower Alley
所属:松永幹夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
ラッキーライラック半妹。まだ緩い印象だが、ラッキーライラックのように夏くらいにどんどん成長するイメージが持てる。ロードカナロア産駒から指名が欲しかったので、その中からこの馬というところ。

評価:2.5pt
 
リアアメリア(リアアントニア2017)

リアアメリア(リアアントニア2017)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:リアアントニア
母父:Rockport Harbor
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
全姉リアオリヴィアを考えると全く走っていない為少しマイナスなイメージはあるが、素質はかなり高そう。早くデビューできる点も良く、中内田厩舎なのもプラスに感じる。

評価:1.0pt
 
ルナシオン(ピラミマ2017)

ルナシオン(ピラミマ2017)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ピラミマ
母父:Unbridled's Song
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
スワーヴリチャード半妹。血統が素晴らしい。馬体を見てとにかく目についた一頭であり、個人的には期待を持っている。藤沢厩舎からの指名が欲しかったので、藤沢厩舎枠はこの馬。

評価:3.8pt
 
ダノンレガーロ(キングスローズ2017)

ダノンレガーロ(キングスローズ2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:キングスローズ
母父:Redoute's Choice
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:ダノックス

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
サトノアーサー全弟。血統が素晴らしく、ディープインパクトの名配合。ダノン×中内田ラインの指名が欲しかったのでその点も良い。現在少し小さく感じるので、もう少し大きくなって欲しい。成長力に期待してのイメージ。

評価:1.0pt
 
モーソンピーク(モシーン2017)

モーソンピーク(モシーン2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:モシーン
母父:Fastnet Rock
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
モシーンが好きであり、全姉のプリモシーンもとても応援している馬。国枝厩舎から指名が欲しかったのもあるが、応援枠でもある。はまればものすごいキレ味を発揮してくれそうなのでその点に期待している。

評価:1.0pt
 
リメンバーメモリー(フィオドラ2017)

リメンバーメモリー(フィオドラ2017)

牡馬

父馬:キズナ
母馬:フィオドラ
母父:Lord of England
所属:佐々木晶三厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:前田晋二

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
新種牡馬から指名が欲しかったので、その中でもキズナ産駒に注目。そうなるとやはりこの馬にたどり着くといったところ。とてもキズナに似ており期待の持てる一頭。産まれが小さかっただけにどこまで成長できるかがわからないがとても期待値のある馬であろう。

評価:1.0pt
 
アドマイヤビアンカ(ライフフォーセール2017)

アドマイヤビアンカ(ライフフォーセール2017)

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:ライフフォーセール
母父:Not For Sale
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤利一

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
ハーツクライ産駒から指名が欲しかったのでこの馬。第2の矢のイメージであり、少し緩い印象なのでここからゆっくりと成長してくれれば面白い存在。

評価:2.3pt
 
ヴェルトライゼンデ(マンデラ2017)

ヴェルトライゼンデ(マンデラ2017)

牡馬

父馬:ドリームジャーニー
母馬:マンデラ
母父:Acatenango
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
池江厩舎から指名が欲しかったのでこの馬。ドリームジャーニー産駒というところが面白い。半兄ワールドエースという点もプラス。動きを見ていると素質は高そうであり、期待がもてる。

評価:1.0pt
 

進捗コメント

 
ディープインパクト産駒、厩舎からは友道厩舎、中内田厩舎に注目。偏らないようにしっかりとバランスを自分なりにとり満足のいく10頭を選んだ。スムーズであれば入れ替えは特に検討していない。初めてのPOGになるので、厩舎、血統、馬体を主に考察して選んだ形。
 

大川のオススメ有力馬や注目産駒

 

指名のポイントと意気込み

 
昨年はサートゥルナーリア以外クラシック乗れなかったがそれでも今後の活躍が期待できる馬も多く安定して結果は出せていたので満足は満足だった。今年も兄弟実績が豊富で好きなファミリー出身の牡馬を中心に、過去個人記録(ダービー出走4頭、重賞馬5頭)の更新を目指す!
 

大川のPOG指名馬

 
アブソルティスモ(ラドラーダ2017)

アブソルティスモ(ラドラーダ2017)

牡馬

父馬:ダイワメジャー
母馬:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:1戦0勝(0-1-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
ディープインパクトの半姉でシーキングザゴールド産駒のレディブロンドの娘で母のラドラーダは、母父なら信用できるシンボリクリスエス産駒。そこにダイワメジャーという完全パワー型のイメージ産駒。全兄ティソーナ、半兄レイデオロ、レイエンダ、ソルドラードと3/4産駒がすでに3勝以上でソルドラード自体も軌道にのればという状況。一口は抽選モレしたがダイワメジャー産駒とはいえ早期デビュー込みで3年連続で鉄板指名。

評価:4.3pt
 
ストーンリッジ(クロウキャニオン2017)

ストーンリッジ(クロウキャニオン2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:クロウキャニオン
母父:フレンチデピュティ
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
昨年は、牝馬で見送ったが牡馬はカミノタサハラ、ベルキャニオン、クリアザトラック、フォックスクリークに続き5頭目の指名。牡馬ならほぼ重賞級という鉄板の母で、8/10頭が3勝以上という驚異の安定感。指名しないわけがない。

評価:3.3pt
 
ブルトガング(タピッツフライ2017)

ブルトガング(タピッツフライ2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:タピッツフライ
母父:Tapit
所属:手塚貴久厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
母は米G1馬で全姉グランアレグリアがいきなり怪物級で早期に活躍した事もあり兄弟実績としてはないがそれでも指名しておいて良さそうな印象の兄弟。全姉と同じ位の活躍を期待したい。

評価:2.0pt
 
シルヴェリオ(シルヴァースカヤ2017)

シルヴェリオ(シルヴァースカヤ2017)

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:シルヴァースカヤ
母父:Silver Hawk
所属:池添学厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
シルヴァースカヤ産駒は未知の魅力が高くヘンリーバローズ、リストに続き指名。ハーツクライ産駒でデビューの遅さを心配していたが早めデビューだったので指名。足元さえよければという兄弟だけにそろそろ大爆発を期待したい。

評価:1.3pt
 

進捗コメント

 
リンドブラッド、クロスキー、母ラヴズオンリーミー、母ピラマミ、母ドバイマジェスティ、母シンハリーズ、母シーザリオ、母クリソプレーズ、母エアトゥーレ、母ヴィルシーナこのあたりだが牡馬はハーツクライ産駒中心で鉄板繁殖牝馬は牝馬産駒が多くデビュー時期がはやいやつから残り選ぶ予定。
 

田中のオススメ有力馬や注目産駒

 

指名のポイントと意気込み

 
個人的に好きな血統馬を絡めながらも、やはり最近のトレンドである早期デビューが予想される馬を中心にバランスを考えて構成してみた。少し試験的な意味合いは強いものの、これで想定以上の結果が出れば今後の指針にすべき条件の1つとなって来るだろう。但し、やはりその内の数頭は他人と被らない掘り出し物の活躍馬を見つけたいという願望も捨て切れない。
 

田中のPOG指名馬

 
プラトン(ロベルタ2017)

プラトン(ロベルタ2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ロベルタ
母父:ブライアンズタイム
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤英子

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
一昨年にフランツ、昨年はフランクリンを指名し、この一族と心中する決意。グレースアドマイヤが大好きだったという個人的主観と、ディープインパクト×ブライアンズタイムという配合に心震わされる何かを感じる次第。これに関しては当たり外れ関係無しの選択となっているのでご注意あれ。デビュー時期が少しでも早くなる事を祈るばかりである。

評価:1.7pt
 
サリオス(サロミナ2017)

サリオス(サロミナ2017)

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:サロミナ
母父:Lomitas
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
こちらは6月のデビューが確定している順調な組のサリオス。馬体重が550kg前後あるにも関わらず、調教での動画を見る限りかなりシャープに走っていたのが印象的だった。姉サラキアは能力があったものの、出遅れや気性面で大成できなかった。その点、ハーツクライに変わった本馬は性格も従順で距離適性ももちろん広くなる。更にクラシック仕様として磨かれた1頭だ。

評価:1.0pt
 
リアアメリア(リアアントニア2017)

リアアメリア(リアアントニア2017)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:リアアントニア
母父:Rockport Harbor
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
この馬は馬体の良さに見惚れた1頭。母はアメリカのGⅠ馬、そこにディープインパクトを配合するのは近年のトレンドであり、更にはここ数年で急成長を遂げた中内田厩舎というのが非常に心強い。クラシックに毎年有力馬を送り出すチーム力も込みで指名する。後は左後一白のジンクスもピックアップの後押しとなっている。

評価:1.0pt
 
ブルトガング(タピッツフライ2017)

ブルトガング(タピッツフライ2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:タピッツフライ
母父:Tapit
所属:手塚貴久厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
全姉グランアレグリアの活躍もそうだが、何より本馬自身の作りと雰囲気がかなり良い。馬名も響き良く、預託厩舎も及第点。全ての面で指名するべき要素が揃っているだけに、POGで人気が高かろうがここは妥協なき判断で指名となった。姉以上のポテンシャルがあれば言うこと無しだが、果たして。

評価:2.0pt
 
アドマイヤヴェラ(コズミックショア2017)

アドマイヤヴェラ(コズミックショア2017)

牡馬

父馬:カレンブラックヒル
母馬:コズミックショア
母父:Elusive Quality
所属:須貝尚介厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤利一

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
今年の新種牡馬で最も期待しているのがカレンブラックヒルである。ダイワメジャーの後継として、芝でもダートでもいけるつぶしの効く存在はPOGでも非常に有り難い。仔出しのイメージも悪くなく、それらの中でも近藤利一氏がある程度の額を叩いて購入した本馬は早期デビューも含めて注目の1頭である事は間違いない。牝馬の須貝が管理するのだから鬼に金棒である。

評価:1.0pt
 
モーベット(アイムユアーズ2017)

モーベット(アイムユアーズ2017)

牝馬

父馬:オルフェーヴル
母馬:アイムユアーズ
母父:ファルブラヴ
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクホースクラブ

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2歳新馬
via google imghp
 
ファルブラヴの肌にオルフェーヴルは、オルフェを活かす上で最良の配合だと認識している。そこに加えてアイムユアーズの2歳戦から走った仕上がり早の成長曲線も重ね合わせ、預託先が藤沢和雄厩舎なら文句の付けようが無い。産駒的にホームランか三振かという事も理解した上で、前者ならサヨナラ満塁ホームランを狙うのがベストな選択だろう。ともすると、ここしか無い。

評価:1.0pt
 
シャムロックヒル(ララア2017)

シャムロックヒル(ララア2017)

牝馬

父馬:キズナ
母馬:ララア
母父:Tapit
所属:佐々木晶三厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
母ララアの産駒の質が年々高まって来ている事に注目したい。特に1つ上のサラピスのデビュー戦はとにかく圧巻のひと言で、続くフローラステークスはさすがに重賞挑戦が早く惨敗しているが、3月末の使い出しでもオークス出走を夢見れた事自体が既に成功である。その上、新種牡馬のキズナ産駒で佐々木晶三厩舎。調整が順調で7月の中京デビュー予定なら指名するほかあるまい。

評価:1.0pt
 
シルヴェリオ(シルヴァースカヤ2017)

シルヴェリオ(シルヴァースカヤ2017)

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:シルヴァースカヤ
母父:Silver Hawk
所属:池添学厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
未だに歴代最強馬だと思っているシルバーステートの半弟シルヴェリオ。名前のカッコよさもさる事ながら、何よりディープインパクトからハーツクライに変わった事を強調したい。気性面、距離適性、そしてこの一族のネックとも言える体質面の強化が期待され、総合的な能力バランスの上位互換とも言える配合である。厩舎の実績の無さが少々気掛かりだがそれを補って余りある魅力に賭ける。

評価:1.3pt
 

進捗コメント

 
とにもかくにも、ノーザンファーム生産馬で6月デビュー予定の馬。この条件を基準にしてスタートの面子は揃えて見た。後の空き枠で自分の好みの馬をピックアップしつつ、両方の選択馬から重賞馬を数頭は出したいところ。秋以降のデビュー馬は一頓挫あった段階でほぼクラシック戦線から外れるリスクがあるだけに、先ずは調整の順調さを重視して選定を続けて行きたい。
 

道永のオススメ有力馬や注目産駒

 

指名のポイントと意気込み

 
牡馬牝馬両方でクラシックに多く名を連ねて欲しいという想いで選別。前情報や厩舎、高額や注目馬も少し参考にして選んだが、自分の場合血統からの相馬眼試しがPOGの目的。どうしても良血から優先してしまうが、良血=日本競馬の結晶と言い聞かせて割り切る。今回選んだ感じからあまり冒険はしなかった感は否めないが、去年よりは良い結果を期待したい。
 

道永のPOG指名馬

 
ラインベック(アパパネ2017)

ラインベック(アパパネ2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:アパパネ
母父:キングカメハメハ
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
兄二頭からの3度目の正直を期待。どう考えても同一オーナーの三冠×三冠なんていうダビスタでしかあり得ないと思える配合から一頭でもクラシックに名乗りをあげて欲しい。鉄板の友道厩舎も心強い。

評価:2.0pt
 
ポタジェ(ジンジャーパンチ2017)

ポタジェ(ジンジャーパンチ2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ジンジャーパンチ
母父:Awesome Again
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
続けて金子オーナーから。名前も馬体もいいので指名。US系の5×5の濃すぎないクロス二本。マンハッタンで切れたルージュバックよりさらに切れ味のあるディープ産駒となって欲しい。この馬も友道厩舎。

血統評価:2.5pt
 
アドマイヤカストル(イルーシヴウェーヴ2017)

アドマイヤカストル(イルーシヴウェーヴ2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:イルーシヴウェーヴ
母父:Elusive City
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤利一

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
この馬は近藤さんが買ったトップ高額馬。まあ普通にG1何勝かしないと元取れないけども話題としていれた感が強い。これも友道厩舎。

評価:1.0pt
 
リズムオブラブ(ミュージカルウェイ2017)

リズムオブラブ(ミュージカルウェイ2017)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ミュージカルウェイ
母父:Gold Away
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
ここ最近クラシックを賑わすシルクの有力馬が今年も何頭もいるが、ミッキークイーンの全妹のこの馬に惹かれた。そろそろ姉くらいの馬が出ても良いはず。藤原厩舎の看板となるか?

評価:2.7pt
 
オーソリティ(ロザリンド2017)

オーソリティ(ロザリンド2017)

牡馬

父馬:オルフェーヴル
母馬:ロザリンド
母父:シンボリクリスエス
所属:木村哲也厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
自分的にはイマイチ期待よりパッとしなかったオルフェ産駒だがこの馬はそのイマイチ感を払拭する予感がした。クロスもサンデー3×4、ノーザンテースト4×5と日本トップ種牡馬がバッチリかかっている。美浦で勢いのある木村調教師がどう導くか。

評価:1.0pt
 
セントオブゴールド(キューティゴールド2017)

セントオブゴールド(キューティゴールド2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:キューティゴールド
母父:フレンチデピュティ
所属:木村哲也厩舎(美浦)
生産:白老ファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:0戦0勝 (0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
シルクから。繋ぎを指摘する声も多数聞こえるが、馬体とお尻が好きな馬。ショウナンパンドラ以外大成してないが、そろそろディープ産駒で姉に続くが出て欲しいところ。こちらも木村調教師。

評価:2.3pt
 
ルリエーヴル(ライラックスアンドレース2017)

ルリエーヴル(ライラックスアンドレース2017)

牝馬

父馬:ロードカナロア
母馬:ライラックスアンドレース
母父:Flower Alley
所属:松永幹夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
姉よりカナロアのが良い気がする。好きな分掛け合わせ次第では走らないミスプロのクロスがどう作用するかは気掛かりだが、楽しみでもある。松永厩舎も思い入れがあるだろうから上手く育成して欲しい。

評価:2.5pt
 
スカイグルーヴ(アドマイヤセプター2017)

スカイグルーヴ(アドマイヤセプター2017)

牝馬

父馬:エピファネイア
母馬:アドマイヤセプター
母父:キングカメハメハ
所属:木村哲也厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:シルクレーシング

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
またまたシルクの馬。この馬に関しては曾祖父母から日本クラシックに名乗りをあげた馬達の掛け合わせの結晶的なイメージが。ハービンジャー掛けた姉の成績は日本競馬の呪いとみて、この馬は走って欲しい。こちらも木村調教師。名前も良い。

評価:1.0pt
 
ジュンライトボルト(スペシャルグルーヴ2017)

ジュンライトボルト(スペシャルグルーヴ2017)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:スペシャルグルーヴ
母父:スペシャルウィーク
所属:友道康夫厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:河合純二

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
ジュン冠名はイメージ的に1〜3勝までの感じが多いが、ここに来て目を見張る馬の登場。名前通りライトボルトな走りを見せてくれる期待が。友道厩舎で血統下地も充分。これは河合オーナー所有馬の最高傑作になるかもしれない。

評価:2.0pt
 
リリレフア(リリサイド2017)

リリレフア(リリサイド2017)

牝馬

父馬:ロードカナロア
母馬:リリサイド
母父:American Post
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キャロットファーム

通算成績:0戦0勝(0-0-0-0)
主な戦績:特になし
via google imghp
 
カナロアの出方次第で姉リスグラシューより距離はどうかだが、いい方向に出れば姉より更に爆発する予感。矢作厩舎も期待してるはず。馬体もピカピカしてて綺麗。牝馬として気品すら感じる。

評価:2.0pt
 

進捗コメント

 

セレクトセールセリ高額馬(2017年産駒)

 
アドマイヤカストル(イルーシヴウェーヴ2017)

アドマイヤカストル(イルーシヴウェーヴ2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:イルーシヴウェーヴ
母父:Elusive City
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤利一

落札:5億8000万円
via google imghp
 
セレクトセール史上2番目の高額となる5億8000万円の高額で落札されたイルーシヴウェーヴ2017。母はフランスなどで重賞4勝を挙げた名牝で、1つ上の全兄も昨年の当歳セリで2億8000万円が付けられていた。購入したのは“アドマイヤ”の冠名でお馴染みの近藤利一氏。1億から始まったセリは瞬く間に価格が釣り上がり気が付けば5億後半もの値段が付いていた。ちなみに、歴代1位はディナシー(ダンスインザダーク×エアグルーヴ)で6億円。
 
ダブルアンコール(ドナブリーニ2017)

ダブルアンコール(ドナブリーニ2017)

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ドナブリーニ
母父:Bertolini
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:DMMドリームクラブ

落札:3億7000万円
via google imghp
 
イルーシヴウェーヴ2017に続き史上3番目の高額落札となったのがドナブリーニ2017。言わずと知れた、歴代最強牝馬の呼び声が高い7冠馬ジェンティルドンナの全妹だ。それ以上に注目を集めたのが購買者のDMM.com。自社アプリで『DMMバヌーシー』なるものを立ち上げ、これら購入した産駒を1万もの口数で募集をかけるとの事。クラブ法人名はその名も『DMMドリームクラブ』。
 
ダノンレガーロ(キングスローズ2017)

ダノンレガーロ(キングスローズ2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:キングスローズ
母父:Redoute's Choice
所属:中内田充正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:ダノックス

落札:2億5000万円
via google imghp
 
2018年セレクトセールの1歳セリで最高額となったのはキングスローズ2017。落札者は“ダノン”でお馴染みのダノックスだ。全兄に今年のエプソムカップを制したサトノアーサーがおり、同馬の活躍も高額に至った要因の1つだろう。その上も約2億円もの高額取り引きをされたが、結果としてそれに見合った走りを見せている事から、母キングスローズの繁殖能力は極めて高いと判断する。
 
ホウオウセレシオン(ミスセレンディピティ2017)

ホウオウセレシオン(ミスセレンディピティ2017)

牡馬

父馬:キングカメハメハ
母馬:ミスセレンディピティ
母父:Not For Sale
所属:奥村武厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:小笹芳央

落札:2億4000万円
via google imghp
 
落札者は“ホウオウ”でお馴染みの小笹芳央氏。母ミスセレンディピティは2014年のアメリカ芝GⅠ勝ち馬で、1つ上に全姉ミッキーセレンディがいる。その姉もセールで1億超えを記録しており、見栄えが良いタイプの一族なのだろう。但し、母父Not For Sale産駒は未だ日本でろくな活躍馬を出していない事を考えると少々リスキーな買い物ではないだろうか。
 
アドマイヤビアンカ(ライフフォーセール2017)

アドマイヤビアンカ(ライフフォーセール2017)

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:ライフフォーセール
母父:Not For Sale
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤利一

落札:2億3000万円
via google imghp
 
2億3000万円もの大枚を叩いてライフフォーセール2017を競り落としたのは“アドマイヤ”の近藤利一氏。こちらは全姉ダノンファンタジーが6月のデビュー戦でかなり高いパフォーマンスを披露していただけに、ある程度の期待をして良い産駒ではないだろうか。とは言え、2億超えはGⅠクラスでないと回収出来ないレベル…近年のオーナーには運が回っていない気もするが果たして。
 
ダノングロワール(ソーメニーウェイズ2017)

ダノングロワール(ソーメニーウェイズ2017)

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:ソーメニーウェイズ
母父:Sightseeing
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:ダノックス

落札:2億円
via google imghp
 
母ソーメニーウェイズはアメリカのダートGⅠ勝ち馬で、2億円の大台で落札したのはまたしてもダノックス。ディープインパクト産駒の兄サトノエターナルも評判馬ではあったが、現時点で5戦未勝利と不本意な結果に終わっている。本馬は父がハーツクライに変わってどうかだが、根本的に母系がゴリゴリのダート血統。それならいっその事、ダートの上位種牡馬を配合した方が良い気さえする。
 
サトノフウジン(コンテスティッド2017)

サトノフウジン(コンテスティッド2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:コンテスティッド
母父:Ghostzapper
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:社台ファーム
馬主:サトミホースカンパニー

落札:2億円
via google imghp
 
当歳では2017年セールにおいて3番目の高額、唯一の2億円台を叩き出したコンテスティッド2017。母はアメリカのGⅠホースで、既に日本でも2014年産駒のサトノルーラーがデビューを果たし未勝利を勝ち上がっている。オーナーは同じ里見治氏となり、ある意味でリベンジ的なアプローチとなったがさすがに二度も同じ轍を踏めまい。現在の好調さを追い風にして大物ゲットなるか。
 
サトノレガシー(スカイディーバ2017)

サトノレガシー(スカイディーバ2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:スカイディーバ
母父:Sky Mesa
所属:池江泰寿厩舎
生産:ノーザンファーム
馬主:サトミホースカンパニー

落札:1億9500万円
via google imghp
 
またしても里見オーナーが豊富な資金力に物を言わせて1億9500万円で落札となったスカイディーバ2017。母はアメリカで早くから活躍したGⅠ馬。全兄は2012年の当歳セリで2億5000万円で購入するも未出走に終わる。コンテスティッド2017と全く同様に、ある種の意地みたいな感覚で競り落としたのではないだろうか。産駒が未だいずれも1勝すらしていない点はやや気掛かり。
 
ポタジェ(ジンジャーパンチ2017)

ポタジェ(ジンジャーパンチ2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ジンジャーパンチ
母父:Awesome Again
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:金子真人ホールディングス

落札:1億9000万円
via google imghp
 
姉はあの怪物牝馬とも呼ばれたルージュバック、落札者は天下の金子真人ホールディングスである。しかし、そのルージュバック以降で全姉と全兄が1頭ずつデビューするも、全くと言って良い程に鳴かず飛ばず。その姉がマンハッタンカフェだった事を考えれば、母の繁殖力よりも父の爆発力による賜物ではないだろうか。が、ダービー4勝を誇る金子真人氏の神眼に引っ掛かったのだから期待値は高い。
 
タイミングハート(リッスン2017)

タイミングハート(リッスン2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:リッスン
母父:Sadler's Wells
所属:武幸四郎厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:キーファーズ

落札:1億9000万円
via google imghp
 
見栄えだけなら本当に毎年No.1級の仔を出すリッスン2017、落札したのはトニー倶楽部で実質“スマート”の大川徹氏。全姉タッチングスピーチが重賞を、全兄ムーヴザワールドが同等クラスで活躍しているので幾分安心感はある血統だろう。但し、それでもこの額をペイするならやはりGⅠ戦線に乗って来る様な大物でないと難しいのも事実。
 
ダノンファラオ(クリスプ2017)

ダノンファラオ(クリスプ2017)

牡馬

父馬:American Pharoah
母馬:クリスプ
母父:El Corredor
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:ダノックス

落札:1億8000万円
via google imghp
 
37年ぶりに米クラシック3冠馬となったアメリカンファラオ産駒、母はサンタアニタオークスの勝ち馬でアメリカ競馬至宝クラスの血統である、落札したのはダノックス。そうなればもはや芝のレースに興味は無く、日本からアメリカに遠征して現地を賑わせる程の砂の怪物になってくれる事を期待する他ない。
 
馬名未定(ドバウィハイツ2017)

馬名未定(ドバウィハイツ2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ドバウィハイツ
母父:Dubawi
所属:M.スタウト厩舎(英)
生産:社台ファーム
馬主:サトミホースカンパニー

落札:1億8000万円
via google imghp
 
今年のフィリーズレビューを勝利したリバティハイツを半姉に持つドバウィハイツ2017、落札者は“サトノ”のサトミホースカンパニー。当の代表である里見治氏は、現地の取材にて同馬をイギリスの名門M.スタウト厩舎に預ける意向を示した。スタウト氏は日本でも馴染み深いシングスピールやハービンジャーを育てた名伯楽であり、この馬で英ダービーを狙う壮大なプランを明かしたと言う。
 
サトノシャローム(シャムロッカー2017)

サトノシャローム(シャムロッカー2017)

牡馬

父馬:ロードカナロア
母馬:シャムロッカー
母父:O'Reilly
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:里見治

落札:1億8000万円
via google imghp
 
2017年セールで1歳セリのキングスローズ2016と並んでロードカナロア産駒の最高額1億8000万円で落札されたシャムロッカー2017。母はオーストラリアの3歳牝馬チャンピオンで本馬で4頭目の産駒となるが未だ1勝も挙げられていない。ただ、今回はロードカナロアが付けられ、血統的な配合イメージはまさにピッタリの印象。半兄サトノグロワール(ディープインパクト産駒)の活躍次第では評価も更に上がって来るだろう。
 
アルジャンナ(コンドコマンド2017)

アルジャンナ(コンドコマンド2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:コンドコマンド
母父:Tiz Wonderful
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:吉田勝己

落札:1億7000万円
via google imghp
 
約1億7000万円もの高額取り引きとなったコンドコマンド2017。聞き慣れない母名だがアメリカのれっきとしたGⅠホースで本馬はその初仔にあたる。購入者は新進気鋭の大物馬主KTレーシングだ。昨年から本格的に参入し次々と良血馬を落札。今年は若干影を潜めた形だが、それでも狙い所を定めてしっかりと撃ち落としている。0か100かの産駒となるだろう。尚、途中で馬主が吉田勝己氏の名義に変更となっている。
 
サトノフラッグ(バラダセール2017)

サトノフラッグ(バラダセール2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:バラダセール
母父:Not For Sale
所属:国枝栄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サトミホースカンパニー

落札:1億6500万円
via google imghp
 
怒涛の産駒爆買いとなった里見治氏が1億6500万円で落札したバラダセール2017。母はアルゼンチンオークスの勝ち馬で本馬は4番目の仔となる。上3頭にはハーツクライが付けられ完全に長距離仕様の産駒を狙っている印象だが確たる結果は出ていない。だが、アルゼンチン競馬自体は高速馬場で日本競馬には合っている筈。今回ディープインパクト産駒でガラリと変わる可能性は大いに有り得るだろう。
 
馬名未定(ノヴァホーク2017)

馬名未定(ノヴァホーク2017)

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ノヴァホーク
母父:Hawk Wing
所属:厩舎未定
生産:社台ファーム
馬主:サトミホースカンパニー

落札:1億6000万円
via google imghp
 
母ノヴァホークは吉田照哉氏所有で海外の重賞戦線を中心に活躍した牝馬、落札者はサトミホースカンパニーの里見治氏だ。取材によると、今年の里見治氏が特にお気に入りだった1頭との事。どこまで確定ラインかは分からないが、池江泰寿厩舎に預託されるのではないだろうか。Hawk Wingの母父実績が乏しいだけに、POG的に余り食指は動き辛い。
 
馬名未定(フーハイナ2017)

馬名未定(フーハイナ2017)

牡馬

父馬:ハーツクライ
母馬:フーハイナ
母父:ヨハネスブルグ
所属:厩舎未定
生産:社台ファーム
馬主:NICKS

落札:1億6000万円
via google imghp
 
“スワーヴ”でお馴染みのNICKSが1億6000万円で競り落としたフーハイナ2017。母はアルゼンチンのGⅠを3勝した名牝で、日本で繁用開始から本格的に配合された産駒第1号(持ち込み馬が初年度産駒)となる。アルゼンチンの肌馬としては、サトノダイヤモンドの母マルペンサやクルミナルの母クルソラに匹敵するレベルの繁殖牝馬で大いに活躍が期待出来る1頭だ。
 
エブリワンブラック(シュガーハート2017)

エブリワンブラック(シュガーハート2017)

牡馬

父馬:ブラックタイド
母馬:シュガーハート
母父:サクラバクシンオー
所属:武幸四郎厩舎(栗東)
生産:ヤナガワ牧場
馬主:DMMドリームクラブ

落札:1億4500万円
via google imghp
 
注目の新規参入馬主DMMドリームクラブが落札したシュガーハート2017。上場前からある意味で1番の視線を集めていた同産駒だが、それも当然で本馬の全兄はあのキタサンブラックだ。配合的にフロック視されている様な印象も、母の産駒はその他にショウナンバッハもいる様に仔出し自体は良い。今回でその真価が問われるだろうが、同様の怪物が出ても何らおかしくはない。
 

独自評価ptの算出方法

 
算出日時点のJRA出走経験のある兄弟のみを対象に兄弟の合計平地勝利数を算出(G1馬+3pt、重賞馬+1.5pt、未勝利馬-1pt、対象兄弟2頭の場合-2pt、対象兄弟1頭の場合-4pt)し、それを対象兄弟数で割ったものです。※ただし、最低1.0pt

関連記事

関連タグ

著者