2歳とは思えない筋肉量

 
豊富な筋肉量で見る者を圧倒するトゥザクラウン

豊富な筋肉量で見る者を圧倒するトゥザクラウン

via google imghp
 
いよいよ、2016年のPOG断トツ1番人気のトゥザクラウンが今週末にデビューする。

そのレースは、2008年のアンライバルド&ブエナビスタ&スリーロールスを皮切りに翌年はローズキングダム&ヴィクトワールピサ、2012年にエピファネイアなどを輩出したいわゆる“伝説の新馬戦”である。今年から距離が長くなり2000mでの施行となるが、注目の1戦には変わりはない。

ここの大本命に予想されるトゥザクラウンは、既に古馬レベルの風格を備えていると専らの評判なのだ。500kgを優に超える大型馬にも関わらず、馬体はシャープに研ぎ澄まされその筋肉の付き方は芸術の域にまで達している。トゥザ一族の悲願は本馬が達成するかもしれない。
 

トゥザ一族の集大成

 
母トゥザヴィクトリー 

母トゥザヴィクトリー 

父馬:サンデーサイレンス
母馬:フェアリードール
母父:Nureyev
所属:池江泰郎厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:金子真人

通算成績:21戦6勝(6-4-4-7)
主な勝鞍:エリザベス女王杯、クイーンS、府中牝馬S、阪神牝馬Sなど
via google imghp
 
現役時代の活躍以上に繁殖牝馬としてもかなり優秀な実績を誇るトゥザヴィクトリー。

2007年に種付けされたトゥザグローリーを筆頭にこれまでキングカメハメハ産駒を6頭産んでいるが、その内の4頭で合計22勝もの数字を記録している。内1頭は未出走でもう1頭は今回のトゥザクラウン。つまり、デビューにさえ漕ぎ着ければ確実に5勝以上は計算出来る超優良な母なのである。
 

代表産駒

 
トゥザグローリー 牡

トゥザグローリー 牡

父馬:キングカメハメハ
母馬:トゥザヴィクトリー
母父:サンデーサイレンス
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:キャロットファーム

通算成績:33戦8勝(8-2-2-21)
主な勝鞍:鳴尾記念、日経新春杯、日経賞、京都記念、中日新聞杯など
via google imghp
 
トゥザワールド 牡

トゥザワールド 牡

父馬:キングカメハメハ
母馬:トゥザヴィクトリー
母父:サンデーサイレンス
所属:池江泰寿厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:キャロットファーム

通算成績:12戦4勝(4-5-0-3)
主な戦績:弥生賞、皐月賞2着、有馬記念2着など
via google imghp
 
しかし、これまでGⅠのタイトルはトゥザワールドの皐月賞、有馬記念2着が最高となっている。何故か、大舞台になるとあと一歩足りない勝負弱さが欠点でもあるこの一族。トゥザクラウンがその名の通り、GⅠを戴冠し母にビッグタイトルをプレゼントする日はやって来るのだろうか。
 

『伝説の新馬戦』出身の活躍馬

 

2008年

 
アンライバルド 牡

アンライバルド 牡

父馬:ネオユニヴァース
母馬:バレークイーン
母父:Sadler's Wells
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング

通算成績:10勝4勝(4-0-1-5)
主な勝鞍:皐月賞、スプリングSなど
via google imghp
 
ブエナビスタ 牝

ブエナビスタ 牝

父馬:スペシャルウィーク
母馬:ビワハイジ
母父:Caerleon
所属:松田博資厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング

通算成績:23勝9勝(9-8-3-3)
主な勝鞍:阪神JF、桜花賞、オークス、ヴィクトリアマイル、天皇賞秋、ジャパンCなど
via google imghp
 
リーチザクラウン 牡

リーチザクラウン 牡

父馬:スペシャルウィーク
母馬:クラウンピース
母父:Seattle Slew
所属:杉浦宏昭(美浦)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:西山茂行

通算成績:26戦4勝(4-4-1-17)
主な勝鞍:きさらぎ賞、マイラーズCなど
via google imghp
 

2009年

 
ローズキングダム 牡

ローズキングダム 牡

父馬:キングカメハメハ
母馬:ローズバド
母父:サンデーサイレンス
所属:橋口弘次郎厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング

通算成績:25戦6勝(6-2-3-14)
主な勝鞍:朝日杯FS、ジャパンCなど
via google imghp
 
ヴィクトワールピサ 牡

ヴィクトワールピサ 牡

父馬:ネオユニヴァース
母馬:ホワイトウォーターアフェア
母父:Machiavellian
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:市川義美

通算成績:15戦8勝(8-1-2-4)
主な勝鞍:皐月賞、有馬記念、ドバイワールドCなど
via google imghp
 

2012年

 
エピファネイア 牡

エピファネイア 牡

父馬:シンボリクリスエス
母馬:シーザリオ
母父:スペシャルウィーク
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:キャロットファーム

通算成績:14戦6勝(6-2-1-5)
主な勝鞍:菊花賞、ジャパンCなど
via google imghp
 

まとめ

 
以上の名馬の数々をご覧頂けましたでしょうか。

仮にトゥザクラウンが『伝説の新馬戦』を勝利した日には、周囲のとんでもない期待がプレッシャーとなって襲いかかる事でしょう。しかし、それをも軽く凌駕する様な世界的な活躍をして欲しいと思います。

とにかく、頭の高い走りだけは勘弁して欲しいのですが…こればかりはお母さんの代名詞でもあっただけにしっかりと受け継がれているんでしょうねw皆さん、今週末の新馬戦に刮目です。

関連記事

関連タグ

著者