馬体診断

 
ラッシュラッシーズ2014 ♂ (馬名:ダブルバインド)

ラッシュラッシーズ2014 ♂ (馬名:ダブルバインド)

父馬:ディープインパクト
母馬:ラッシュラッシーズ
母父:Gallileo
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:金子真人ホールディングス
via google imghp
 
安藤勝己氏曰く「見るからに柔らかそうな馬で、ディープインパクト特有の瞬発力型ってイメージやな。馬体重は430kg前後でまだまだ小柄な部類やけど、とにかく大きく見せる馬やで」との評価。既にきっちりと乗り込まれており、関係者の目標では秋デビューを予定しているそうだ。
 

血統構成

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ラッシュラッシーズ Gallileo Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
アーバンシー Miswaki
Allegretta
Dance For Fun Anabaa Danzig
Balbonella
Hilaris アラジ
Carnival Spirit


 

兄弟馬

 
ラッシュドリーマー
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
兄が実際には走っていないので母がGⅠ馬という点以外はとりたてて特徴がなく現時点ではPOGでおすすめできる血統背景ではないとおもわれます。
 

前評判

 
1歳時のセレクトセールにて、あの金子真人氏に2億3000万円で落札された本馬。その価格に見合った評価を各方面で受けており、ケガさえなければ十分に元が取れるだけの活躍は見込めそう。直近の関係者曰く、「驚くほどに良いバネをしているし、前脚をしっかりと踏み出して坂路を力強く駆け上がって来ます。オンオフがはっきりしており、それも調教にも良い方向に反映出来ていますね。今はゆっくりと馬のペースに合わせて成長を促している段階です」との事。その言葉ひとつひとつに、期待の高さが伺い知れる。
 

馬名の由来

 

ダブルバインド

 
【ダブルバインド】…板ばさみ

正直、意味から取れる真意は分からないが、不思議なものでこの馬名に金子氏の勝負服を連想させると自ずと走るイメージしか湧いて来ない。いずれにせよ、今年も日本ダービーに4頭出しという偉業を成し遂げた金子氏の相馬眼にかなって購入された本馬。先ず間違いなくクラシック戦線には名乗りを挙げる事だろう。
 

編集部内の評価

 
この所の金子氏は神がかっているとしか言いようがない。それ程までに、戦前で評価されている馬はその通りかそれ以上に走っている事実を鑑みると疑ってかかる方が野暮である。2億3000万の価値があるかどうかは別にして、自分で精査するより金子氏が走ると見込んだ馬に乗っかった方がよっぽどPOGの成功へとしては最短ルートだろう。よってこれも外す手はない。(田中)
 
馬名と馬体は個人的には趣味なのですが、血統的に信用できないのでここは保留が無難かなと考える。この馬が走ってももう少し様子見が必要かなと。(大川)
 
母父のガリレオがイマイチ信用できないのと、小柄な馬はあまり好みではないので指名はしない予定。それでも天下の金子オーナーが高額を払って購入したということはそれなりに走る馬だとは思う。(小野寺)

関連記事

関連タグ

著者