NHKマイルカップ2019の結果

 

NHKマイルカップ2019の動画

 

レース回顧

 
ポンと内からイベリス、プールヴィルが先行争いを繰り広げ内にクリノガウディー、外にワイドファラオを見る形で1倍台のグランアレグリアが5番手を追走。各馬思い思いの位置で競馬を進め、やや縦長の展開から4コーナーで前を窺いつつ進出して行った。直線に向いてグランアレグリアが外目に出すとダノンチェイサー、アドマイヤマーズを外に弾きながら進路を確保。そこから伸び切れず、逆にアドマイヤマーズが勢い良く前を差し切り、最後は外から迫るケイデンスコールの追撃を半馬身振り切って見事GⅠタイトル2つ目をゲット。3着には内から鋭く伸びたカテドラルが入線している。結果、グランアレグリアは進路妨害とみなされ5着に降着処分となった。
 

勝ち馬アドマイヤマーズ

 
アドマイヤマーズ

アドマイヤマーズ

牡馬

父馬:ダイワメジャー
母馬:ヴィアメディチ
母父:Medicean
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤利一

通算成績:7戦5勝(5-1-0-1)
主な戦績:朝日杯フューチュリティステークス、NHKマイルカップなど
via google imghp
 
年明け初戦の共同通信杯、2戦目の皐月賞と惜敗続きだったアドマイヤマーズ。しかし、キャリア無敗のマイル戦で見事な復活劇を遂げ、2歳王者の貫禄を示す勝利となった。圧倒的人気のグランアレグリアをマークする様にし道中は追走。朝日杯フューチュリティステークスと同様に、4コーナーで被せに行く形で進出すると、読み通りに外からしっかりと差し切ってGⅠ2勝目を飾った。勝負根性もさる事ながら、鞍上のM.デムーロ騎手が同馬を信頼し切ってのレース運びが秀逸。まさに人馬一体での勝利となった。ダイワメジャー産駒から正当後継種牡馬となりそうな1頭だろう。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎グランアレグリア
〇アドマイヤマーズ
△ダノンチェイサー
×グルーヴィット
ヴィッテルスバッハ
ファンタジスト
カテドラル
ヴァルディゼール
ワイドファラオ
ハッピーアワー
イベリス
プールヴィル
クリノガウディー
ケイデンスコール
 

馬連:想定3点:×不的中、三連単:想定48点:×不的中

 
結果どうあれ本命グランアレグリア、対抗アドマイヤマーズ、単穴なしで連下に単勝10倍以下、紐に単勝100倍未満か紐だけ繰り上げて連下に単勝100倍以下が理想の想定だっただろう。
 

全着順結果

 

RR:109.4 ※想定RR:110.2

 
                      
着順 馬番 出走馬 斤量騎手 評価タイム(着差) 本印 石川 坂入 大川 今中 田中 単勝オッズ
1 17 アドマイヤマーズ 57.0 Mデム 114.7 1:32.4 4.3
2 18 ケイデンスコール 57.0 石橋 110.0 1/2 × × 87.7
3 10 カテドラル 57.0 Bアヴ 108.0 ハナ × × 32.8
4 3 ダノンチェイサー 57.0 川田 112.0 1.1/4+クビ 10.0
5 7 グランアレグリア 55.0 Cルメ 118.0 4位降着 1.5
6 8 ヴァルディゼール 57.0 北村友 107.0 1/2 × × × × 50.1
7 14 ハッピーアワー 57.0 吉田隼 105.3 ハナ 69.1
8 16 トオヤリトセイト 57.0 福永 106.0 ハナ 120.6
9 12 ワイドファラオ 57.0 内田博 102.5 クビ × × × 62.2
10 6 グルーヴィット 57.0 Dレン 103.0 クビ × 19.2
11 5 マイネルフラップ 57.0 松岡 107.0 クビ × × 111.2
12 2 プールヴィル 55.0 秋山 104.3 クビ × × 85.6
13 13 ファンタジスト 57.0 武豊 101.0 1.3/4 × 29.7
14 1 クリノガウディー 57.0 藤岡佑 96.3 1.1/4 × 87.0
15 15 ヴィッテルスバッハ 57.0 戸崎 100.5 1.1/4 × 19.9
16 4 イベリス 57.0 浜中 102.0 3/4 77.9
17 9 ミッキーブラック 57.0 岩田康 94.0 ハナ 285.2
18 11 ロードグラディオ 57.0 大野 100.5 2.1/2 402.7


 

危険な人気馬結果 ダノンチェイサー→4着(3人気)

 
レース運び自体は問題無かったが、最後の直線でグランアレグリアの斜行で窮屈なシーンがあったのが痛かった。あそこで一度減速をしており、それさえ無ければもう少し際どく上位争いを演じていただろう。とは言え、勝ち切りまでは難しくこのメンバーでは恐らく上位5番手内の実力か。
 

穴馬予想結果 クリノガウディー→14着(13人気)

 
最内枠を利して果敢に先行するも、最後は失速して14着大敗を喫したクリノガウディー。朝日杯フューチュリティステークス同様の競馬を試みるも、さすがにそう上手くは2度もハマらなかった様だ。さすがにスプリングステークス、皐月賞と激戦を続けていただけに疲れもあったのだろうか。
 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ⑦⑰-①③⑥⑩⑬⑮⑱ 的中
単勝 17 430円 枠連 8-8 6,440円
複勝 17 210円 ワイド 17-18 3,480円
18 1,270円 10-17 1,840円
10 750円 10-18 12,620円
馬連 17-18 17,200円 馬単 17→18 22,440円
三連複 10-17-18 97,390円 三連単 17→18→10 410,680円


 
2019年NHKマイルCの的中馬券

2019年NHKマイルCの的中馬券

 

編集部の回顧

 
勝ち馬アドマイヤマーズについては素晴らしいの一言。やはり1600メートルなら強く、最後のひと伸びができる勝負根性がとても魅力。時計も大幅に短縮しており言う事はなし。完璧な騎乗内容であった。秋も1600メートルなら期待が持てる。2着ケイデンスコールについては左回りが得意な印象があったので注目していたが、この舞台で2着に食い込んでくるとは鞍上の好騎乗もあったが成長力をとても感じた。ただまた右回りの時に人気していたら少し注意は必要だと思う。3着カテドラルについては1600メートルでこの戦法なら戦っていけると思う。前走から非常にいい変わり身を見せており、今後も注目していきたい馬である。馬券外からはグランアレグリアについて、この馬もしっかりと持ちタイムで走っているので強さは見せてくれたが、やはり揉まれると厳しい印象。今後も注目が必要な馬だが、この弱点は覚えておかないといけないだろう。(石川)
 
アドマイヤマーズやはりマイルならば強いというのが証明されたレースだった。この日は外が伸びるのも功を奏した。このまま成長でき秋以降もマイル路線ならば古馬と戦ってもいい競馬ができるのではないか。ケイデンスコールも外が味方した。直線石橋騎手の追いっぷりも見事だった。グランアレグリアは気の悪さが出てしまった。今後は気性面での成長が課題か。(坂入)
 
グランアレグリアはもっと積極的にレースすべきだった。不発しただけで他は順当という感じだろう。2着想定を1段階上にしていればとれている馬券だけにこういうのはしっかりとらないといけないなと。残念。(大川)
 
前日に降った雹のせいで馬場状態が一変。外が伸びる馬場で外枠のアドマイヤマーズに運が向いた。とは言え、ああいう根性勝負になれば抜かせまいとする気持ちが他メンバーとは段違いだった。今年の3歳牝馬のレベルが疑問になるレースではあったが、牡馬の意地も見えた一戦だった。(今中)
 
勝つのはグランアレグリア本命1点で良いと思っていたが、まさかのレース展開に。C.ルメール騎手は調子が良いのか悪いのかさっぱり。朝日杯フューチュリティステークスの内容を考えれば馬群の中に入れる必要は皆無だったが、何かそうさせない原因があったのだろうか。アドマイヤマーズに関しては全てが上手く噛み合った印象だが、春3戦目で状態を維持させた友道厩舎のチーム力もある。ダノンチェイサーは可愛そうな競馬だったが、これも勝負のアヤというものか。(田中)
 

NHKマイルカップ2019の予想

 

◎グランアレグリア

 
グランアレグリア

グランアレグリア

牝馬

父馬:ディープインパクト
母馬:タピッツフライ
母父:Tapit
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム
馬主:サンデーレーシング

通算成績:4戦3勝(3-0-1-0)
主な戦績:桜花賞など
via google imghp
 
圧倒的なパフォーマンスで桜花賞を制したグランアレグリア。やはり能力は世代でもマイル以下なら牡牝合わせてもトップクラスの存在だろう。朝日杯フューチュリティステークスでは早めに馬体を併せられて馬が怯んだ感じだったが、それを修正して来たC.ルメール騎手の腕が光った。元より左回りの方が走りもスムーズで、更に良い走りが期待できそう。今回は不安材料が皆無。
 

○アドマイヤマーズ

 
アドマイヤマーズ

アドマイヤマーズ

牡馬

父馬:ダイワメジャー
母馬:ヴィアメディチ
母父:Medicean
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム
馬主:近藤利一

通算成績:6戦4勝(4-1-0-1)
主な戦績:朝日杯フューチュリティステークスなど
via google imghp
 
年明けの共同通信杯2着、皐月賞4着と王者も精彩を欠いている様子のアドマイヤマーズ。しかし、グランアレグリアを下した朝日杯フューチュリティステークスなどマイルではまだ無敗の実力馬。今回は距離短縮で巻き返しが見込めるのではないだろうか。いずれにせよ、勝ち切るという点ではこの馬の実力を持ってすれば不可能ではない。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 

想定RR:110.2

 
グランアレグリアだけでなくアドマイヤマーズ自体も信用できる馬なのでこの2頭と勝負ができる可能性と考えるとダノンチェイサーのみの想定でよく、この3頭から3着探しのレースでいいだろう。
 
 
馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 本印 石川 坂入 大川 今中 田中 予想オッズ
1 クリノガウディー 57.0 藤岡佑 95.0 × 97.7
2 プールヴィル 55.0 秋山 105.5 × × 78.4
3 ダノンチェイサー 57.0 川田 112.0 6.9
4 イベリス 55.0 浜中 104.0 43.5
5 マイネルフラップ 57.0 松岡 109.5 × × 92.2
6 グルーヴィット 57.0 Dレン 103.0 × 36.2
7 グランアレグリア 55.0 Cルメ 121.0 1.8
8 ヴァルディゼール 57.0 北村友 107.0 × × × × 47.2
9 ミッキーブラック 57.0 岩田康 94.0 143.6
10 カテドラル 57.0 Bアヴ 104.5 × × 32.4
11 ロードグラディオ 57.0 大野 103.0 174.2
12 ワイドファラオ 57.0 内田 100.0 × × × 24.7
13 ファンタジスト 57.0 武豊 101.0 × 26.4
14 ハッピーアワー 57.0 吉田隼 103.0 52.2
15 ヴィッテルスバッハ 57.0 戸崎 103.0 × 18.0
16 トオヤリトセイト 57.0 福永 106.0 87.4
17 アドマイヤマーズ 57.0 Mデム 114.5 5.4
18 ケイデンスコール 57.0 石橋 106.0 × × 37.8


 

危険な人気馬 ダノンチェイサー(想定3番人気)

 
きさらぎ賞からのぶっつけとなるダノンチェイサー。ローテーションの不安点もそうだが、そのきさらぎ賞では馬場が緩い中、特殊な展開から抜け出しただけで、良馬場での真の実力勝負となるとまだ少し信頼性には欠ける。川田騎手で相殺できるかもしれないが、人気を集めている様なら嫌いたい印象。
 

穴馬予想 クリノガウディー(想定16番人気)

 
結果的に見て、1800m以上の距離は少し長いクリノガウディー。朝日杯フューチュリティステークスでの末脚は最も目立っていたし、何よりその時グランアレグリアに先着している点も見逃せない。今回はその時と同じ最内の1枠、道中死んだふりからインベタで脚を溜めて直線爆発させる事ができればあの時の再現も不可能ではない筈だ。
 

編集部の見解

 
本命はグランアレグリア、前走のパフォーマンスが素晴らしい。ジョッキーの乗り方も良かったがあのレースをされると他の馬はなかなか厳しい。追い切りを見ても叩いた上積みで状態はとても良く見える。東京の舞台に変わるのも勝っているコースだし特に問題はなし。朝日フューチュリティのレースのように内で揉まれるとやや怪しいが前走の様に運ぶことができたらここもあっさりだろう。対抗はアドマイヤマーズ、前走の負けは距離が長い分なので特に気にする必要はない。1600メートルはこの馬にとってとても合う舞台であるし、東京も良し。前々で動き、この馬の持ち味をしっかりと活かすことができたら巻き返しはきくであろう。(石川)
 
桜花賞馬の参戦で例年にない好メンバーが揃った。本命は桜花賞馬グランアレグリア。前走はただ一頭次元の違う競馬でレコード勝ち。朝日杯では牡馬相手に負けたが、東京の1600mならば牡馬相手でも勝てるだろう。軸不動の鉄板。対抗はダノンチェイサー。きさらぎ賞以来だが仕上がりは上々、ディープ×ロックオブジブラルタルはミッキーアイルを彷彿させ東京マイルも合うだろう。以下、2歳チャンピオンのアドマイヤマーズ。皐月賞は上位3頭に離されたがマイルに戻れば安定している。ファンタジストもマイルなら、ワイドファラオは最近相性がいいNZT組と侮れない。(坂入)
 
本命はグランアレグリア、対抗はアドマイヤマーズ、単穴不要。唯一考えたのはダノンチェイサーを連下にするか単穴にするかだったがグランアレグリアだけでなく負けが続いているが相手が悪すぎるアドマイヤマーズは距離がマイルに戻るのはプラスなので東京コースとはいえ信用できる。またダノンチェイサーのパフォーマンス自体も検討しなおしたが2頭と比較すると相手もパフォーマンス自体も低いと考えたので連下まで。あとはダノンチェイサーの3着席を他が穴開けるかだろうか。下位馬まで十分想定できると判断。(大川)
 
◎グルーヴィット、調教が良く血統も良し。鞍上強化で臨むこの一戦は大いに期待出来る。前走は−14kgで本来のパフォーマンスが出来ていなかったように見える。今回メイチで仕上げてくると思うので、思いきってこの馬からいきたい。○グランアレグリア、能力はやはりズバ抜けているが、朝日杯の時のように、牡馬相手に揉まれたら少しパフォーマンスが落ちるんじゃないかと思う。それでも馬券圏内は固い。△ヴィッテルスバッハ、一瞬の切れ味ならこの馬も光るものがある。去年の勝ち馬ケイアイノーテックのように、最後の直線一気にかければ、もしかするかもしれない。(今中)
 
本命は断然グランアレグリア。スタートさえ決まれば他の追随は許さないだろう。もし負かすとすればグランアレグリアが馬群に揉まれてあたふたしている際に後方から一気の追い込みを見せるヴィッテルスバッハか。単穴にはまだ実力を推し量れていないダノンチェイサー。(田中)

関連記事

関連タグ

著者