NHKマイルカップ2018の結果

 

NHKマイルカップ2018の動画

 

レース回顧

 
ダノンスマッシュが好スタートも内からテトラドラクマがハナを主張。ペースは平均的な流れでマイルとは言えスタミナも要求される1戦となった。前が比較的団子状態のまま直線コースへ入ると、番手のミスターメロディがいち早く抜け出す。しかし横からすかさずギベオンが抜群の反応でかわして行くと単独先頭へ、そのまま態勢決するかと思われたが大外から一気にケイアイノーテックが差し切って見事GⅠ初制覇を成し遂げた。3着に同じく後方から脚を伸ばしたレッドヴェイロンが入線。1番人気タワーオブロンドンは内から追い上げるも半ばで前を塞がれる不利があり12着に大敗している。タイム自体は速く見応えのある1戦となったが、何とも言い難い内容のまま決着。ギベオンは日本ダービーに向かえば非常に面白い存在だろう。
 

勝ち馬ケイアイノーテック

 
ケイアイノーテック

ケイアイノーテック

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:ケイアイガーベラ
母父:Smarty Jones
所属:平田修厩舎(栗東)
生産:隆栄牧場
馬主:亀田和弘

通算成績:7戦3勝(3-2-1-1)
主な戦績:NHKマイルカップなど
via google imghp
 
やや後手を踏んだスタートだったが、後方から腹をくくって末脚勝負に懸けたケイアイノーテック。鞍上の判断がピタリとハマり、直線は大外から豪快に追い込んで前をまとめてかわす強い競馬を見せ初タイトルを獲得した。新馬時代から各関係者に素質の高さを買われていた1頭で、ようやくその秘めた実力が大舞台でを結果を出して証明された。母ケイアイガーベラも重賞馬で、その血が脈々と受け継がれている。藤岡佑介騎手も武豊騎手からの代打騎乗となったが上手くエスコートし、苦節15年目にして嬉しい初めてのGⅠ制覇となった。
 

レースを振り返ってのベスト予想

 
◎タワーオブロンドン
◯ギベオン
▲パクスアメリカーナ
プリモシーン
ケイアイノーテック
カツジ
△レッドヴェイロン
 

馬連:想定9点:×不的中、三連単:想定180点:◯勝利

 
本命対抗は人気通りでよかっただろう。ただ絶対の信用はなかったのでテトラドラクマ無印で単穴は単勝20倍未満、連下以下は単勝30倍未満が理想の想定だっただろう。
 

全着順結果

 

RR:105.6 ※想定RR:105.8

 
                                                    
着順 馬番 出走馬 斤量 騎手 評価 タイム(着差) 本印  伴  結城 浜野清水 単勝オッズ
1 11 ケイアイノーテック 57.0 藤岡佑 108.0 1:32.8 × 12.8
2 9 ギベオン 57.0 Mデム 109.0 クビ 5.2
3 17 レッドヴェイロン 57.0 岩田 108.5 アタマ × × 25.0
4 16 ミスターメロディ 57.0 福永 105.5 3/4 14.7
5 5 プリモシーン 55.0 戸崎 105.7 クビ 10.8
6 10 パクスアメリカーナ 57.0 川田 105.5 1.1/4 × 9.6
7 8 ダノンスマッシュ 57.0 北村友 102.7 クビ 75.0
8 1 カツジ 57.0 松山 101.0 1.3/4 × 15.6
9 14デルタバローズ 57.0 石橋 97.7 ハナ × 113.2
10 15 カシアス 57.0 浜中 99.7 クビ 137.1
11 6 リョーノテソーロ 57.0 吉田隼 96.5 1.1/4 112.1
12 7 タワーオブロンドン 57.0 Cルメ 105.0 クビ 2.6
13 4 フロンティア 57.0 内田 98.5 クビ 66.8
14 3テトラドラクマ 55.0 田辺 102.0 クビ × 7.5
15 2 ファストアプローチ 57.0 蛯名 97.0 3/4 90.5
16 13 ルーカス 57.0 Hボウ 90.5 3 42.3
17 12 アンコールプリュ 55.0 藤岡康 100.7 1/2 141.4
18 18 ロックディスタウン 55.0 池添 90.0 大差 66.1


 

危険な人気馬結果 ケイアイノーテック→1着(6人気)

 
そもそもが人気の見当違い。とは言え、不安視していた乗り替わりが逆にピタリとハマった印象で、前日に重賞勝ちを決めていた藤岡佑介騎手の絶好調さが乗り移ったかの様な1戦だった。元々、能力は高く全開の走りが出来ていなかったケイアイノーテックだったが、コンビの力でようやくその実力を思う存分発揮。見事、マイル王の栄冠を手にした。
 

穴馬予想結果 レッドヴェイロン→3着(9人気)

 
予想通り、良血の血が騒いだのかこれまでのベストパフォーマンスで3着に食い込んだレッドヴェイロン。その前の9レースで姉レッドオルガが快勝していた時点で、同馬の好走フラグが立っていたのは間違いない。まだまだ子供っぽさが残っている分、秋にはもっと強い競馬が出来るだろう。それにしてもエリモピクシーの仔出しには驚かされる。
 

配当&本印予想結果

 
馬連予想 ⑦⑨-①③⑤⑩⑪⑯⑰ 的中
単勝 11 1,280円 枠連 5-6 1,890円
複勝 11 370円 ワイド 9-11 1,230円
9 230円 11-17 3,360円
17 520円 9-17 2,180円
馬連 9-11 3,140円 馬単 11→9 7,470円
三連複 9-11-17 21,840円 三連単 11→9→17 129,560円


 
2018年のNHKマイルCの的中馬券

2018年のNHKマイルCの的中馬券

 

編集部の回顧

 
1着×ケイアイノーテック、2着◯ギベオン、3着×レッドヴェイロン。今年4走目のケイアイはさすがに上がり目なしとの判断が大間違い。展開に助けられたのもあるが、レースの上がりを1秒も上回る脚で差し切るとは…。(結城)
 
32秒台の決着で時計も速く、質の高い競馬になった。結果ディープインパクト産駒の1、2着。今週は藤岡佑介騎手の週だったということで、上手くいくときは本当に全てが上手くいくもの。藤岡佑介騎手いわく、当初は前に行こうと考えていたところ、全く行き脚がつかずに腹をくくって後方待機、結果、平均ペースの中で長い末脚を引き出せた。初めての東京だったが東京向きの脚を持っていたということ。それが逆転の最大の要因になった。2着ギベオンは強い競馬。先行策から抜け出して勝ったと思ったところを最後にさらわれた。平均ペースでスタミナが必要な競馬になったのもよかった。ダービーに出てくるとすればこれは楽しみ。3着レッドヴェイロンも長く脚を使って思っていた通りの競馬をしてくれた。本命にしたタワーオブロンドンは直線伸びかけたところで横から寄られて挟まれて万事休す。勝っていたとは言わないが痛恨の不利。対抗のパクスアメリカーナはパドックからイレ込みがひどくレース前に終わってしまっていた。ケイアイノーテックは無印にしてしまったものの競馬全体の流れは読み通りになったんですけどね。残念でした。(浜野)
 
ファクターの数値と共に自分の記憶に酔いしれた予想はことごとく散りました。プリモシーンは桜花賞からの進歩もなく、ここも同じようなレースになってしまいました。成長して落ち着いてくれば、もう少しやれると思うのですが…。(清水)
 

NHKマイルカップ2018の予想

 

◎タワーオブロンドン

 
タワーオブロンドン

タワーオブロンドン

牡馬

父馬:Raven's Pass
母馬:スノーパイン
母父:Dalakhani
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ダーレー・ジャパン・ファーム
馬主:ゴドルフィン
通算成績:6戦4勝(4-1-1-0)
主な戦績:京王杯2歳ステークス、アーリントンカップなど
via google imghp
 
今年初戦のアーリントンカップでは後方追走から直線大外へ。そこからグンと加速し、先に抜け出したパクスアメリカーナをゴール前で鮮やかに差し切る完勝の内容だったタワーオブロンドン。危惧されたマイルの距離も難なくこなし不安要素を払拭して堂々と本番へ駒を進めて来た。安定感ある走りで他馬の追随を許さず、短距離王の座は是が非でも欲しいタイトルだろう。
 

◯ギベオン

 
ギベオン

ギベオン

牡馬

父馬:ディープインパクト
母馬:コンテスティッド
母父:Ghostzapper
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース

通算成績:3戦2勝(2-1-0-0)
主な戦績:毎日杯2着など
via google imghp
 
ハイレベルな1戦だった毎日杯でダービーの有力馬ブラストワンピースに肉薄したギベオン。潜在能力の高さは計り知れず、距離短縮で更にパフォーマンスが上がりそうな府中のマイル戦は勇躍の舞台となりそう。実績は他馬に劣るものの、鞍上が何よりのM.デムーロ騎手。神がかりなエスコートで初重賞が初GⅠ制覇というパターンも十分に有り得るだろう。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 

想定RR:105.8

 
新たに前哨戦となったアーリントン組がレベル的には高くVS普通にレベル高かった毎日杯のギベオンが距離短縮でさらに評価できそうなのでこの対決だろう。あとは相手には各ステップの勝ち馬と桜花賞出遅れてある程度上位だったプリモシーンがおもしろうそうなのでこのあたりに流せば無難だろう。
 
                                                
馬番 出走馬 性齢 斤量 騎手 評価 本印  伴  結城 浜野清水 予想オッズ
1 カツジ 牡3 57.0 松山 101.0 × 17.0
2 ファストアプローチ 牡3 57.0 蛯名 97.0 111.3
3 テトラドラクマ 牝3 55.0 田辺 103.5 × 12.8
4 フロンティア 牡3 57.0 内田 100.0 90.3
5 プリモシーン 牝3 55.0 戸崎 105.5 10.0
6 リョーノテソーロ 牡3 57.0 吉田隼 94.0 111.3
7 タワーオブロンドン 牡3 57.0 Cルメ 109.0 2.3
8 ダノンスマッシュ 牡3 57.0 北村友 102.5 69.7
9 ギベオン 牡3 57.0 Mデム 109.0 6.8
10 パクスアメリカーナ 牡3 57.0 川田 106.0 × 10.5
11 ケイアイノーテック 牡3 57.0 藤岡佑 103.0 × 8.5
12 アンコールプリュ 牝3 55.0 藤岡康 104.0 111.3
13 ルーカス 牡3 57.0 Hボウ 90.0 35.5
14 デルタバローズ 牡3 57.0 石橋 97.0 × 173.0
15 カシアス 牡3 57.0 浜中 98.5 90.9
16 ミスターメロディ 牡3 57.0 福永 103.0 18.4
17 レッドヴェイロン 牡3 57.0 岩田 106.0 × × 14.8
18 ロックディスタウン 牝3 55.0 池添 90.0 51.3


 

危険な人気馬 ケイアイノーテック(想定3人気)

 
NZTで惜しい2着だったケイアイノーテック。今回、武豊騎手が騎乗予定だったが乗り替わりで藤岡佑介騎手となってしまった。大舞台で余りこの手のスイッチは喜ばしくなく、同馬の運の無さをつい気にしてしまう。実績的に考えれば馬券圏内だが、果たして同馬の走りを全開に引き出せるだろうか。
 

穴馬予想 レッドヴェイロン(想定7人気)

 
アーリントンカップでは最後方から猛然と追い込み、ゴール前で際どく3着入線を果たして本番への切符を手にいれたレッドヴェイロン。血統は日本でも屈指の繁栄ファミリーであるエリモピクシー産駒の1頭だ。東京のマイルでは兄のクラレントが何度も好走している様にお得意の舞台。前週GⅠを制した岩田騎手の手綱捌きにも期待したい。
 

編集部の見解

 
毎日杯で2着と好走した◎ギベオン。距離短縮に加えG1戦と、レース展開も今までの流れと変わるだろうがここ勝って是非ともダービーへ出走してほしい一頭。 (伴)
 
本命タワーオブロンドン。休み明けのアーリントンカップでは出遅れるも直線力強い末脚で完勝。
6戦4勝中重賞2勝、府中での重賞実績もあり死角が最も少ない。対抗に毎日杯2着馬ギベオン。絶好調厩舎が余裕を持ったローテで3歳マイル王を狙い撃つ。単穴にはクイーンカップを圧巻の逃げ切り勝ちのテトラドラクマ、対テトラドラクマ2戦2勝のプリモシーン、そしてNZTを鮮やかに差し切ったカツジの3頭。(結城)
 
対戦比較と各ステップのレースレベルを考えると予想の組み立てとしては比較的容易で、それに従い素直に印を打つ。〇パクスアメリカーナが前々走で0.2負かしたケイアイノーテックが、ニュージーランドトロフィーをタイム差無しの2着。レースレベルから考えてもシンプルにアーリントンカップ>ニュージーランドトロフィーとなる。ステップレースのレースレベルという点では毎日杯が最も高かったが、▲ギベオンは勝ち馬から0.3差の2着。毎日杯とアーリントンカップの両方に出走していたインディチャンプを物差しにするとアーリントンカップ1、2着馬の方が上になる。アーリントンカップ勝ちの◎タワーオブロンドンは輸送のある阪神からホームグラウンドの東京に変わるのも有利に働く。アーリントンカップ3着のレッドヴェイロンが△。タイム差無しとはいえケイアイノーテックに勝っているという点でカツジにも△。レースレベルという点ではクイーンカップも高レベルではあるのだが、テトラドラクマはGⅠを勝つには厩舎力が乏しすぎるため無印。(浜野)
 
桜花賞では残念なレースになってしまったプリモシーンでしたが、東京コースでいよいよ本領を発揮できるレースがやってきました。ここは自信の本命で。そのプリモシーンと未勝利戦で壮絶な叩きあいを演じたテトラドラクマを対抗にしたいと思います。同じ東京のマイル戦、2歳の10月に繰り広げられたそのレースが今でも忘れられません。再び熱い戦いが見られるか?ワクワクしますね。(清水)

関連記事

関連タグ

著者