①アルカサル|土曜中山9R 九十九里特別

 
アルカサル 牡3歳

アルカサル 牡3歳

父馬:ドリームジャーニー
母馬:アビラ
母父:ロックオブジブラルタル
所属:大竹正博厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング
 

2016年02月27日 水仙賞 芝2200m 中山競馬場

1着=アルカサル(田辺)
2着=ヒプノティスト(柴田善)
3着=キンショーユキヒメ(戸崎)

タイム=2:13.8(良)
レース上がり3ハロン=35.4
勝ち馬上がり3ハロン=34.7
 
【アルカサル】
今年の水仙賞を勝った時は春のクラシック有力候補の1頭にと思った程だった。続く2戦は気性面の不安定さもあり不甲斐ない結果に終わっているが、改めて2戦2勝の中山に戻ってもう一度期待したい。父親のドリームジャーニーも中山・阪神の小回りコースで無類の強さを発揮していただけに適正の高さで巻き返しがあるのではないだろうか。人気が下がっている様なら美味しい配当にありつけそう。
 

②ギモーヴ|土曜阪神10R 夕月特別

 
ギモーヴ 牝3歳

ギモーヴ 牝3歳

父馬:ハービンジャー
母馬:ヒカルアマランサス
母父:アグネスタキオン
所属:池添学厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:吉田和美
via google imghp
 

2016年06月26日 城崎特別 芝1800m 阪神競馬場

1着=ギモーヴ(戸崎)
2着=イレイション(川田)
3着=アドマイヤロマン(岩田)

タイム=1.49.3(稍重)
レース上がり3ハロン=34.6
勝ち馬上がり3ハロン=34.6
 
【ギモーヴ】
前走の紫苑Sは案外な結果だったが、2走前の城崎特別は相当に強い内容だった。ハービンジャー産駒特有の連続して好走出来ないパターンと考えれば、自己条件に戻った今回は勝てる番だろう。同じ阪神の1800mが舞台なだけに人馬ともに良いイメージで走れれば問題なく馬券圏内には来ると考える。
 

③エルプシャフト|土曜阪神12R 3歳500万下

 
エルプシャフト 牡3歳

エルプシャフト 牡3歳

父馬:ディープインパクト
母馬:ビワハイジ
母父:Caerleon
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング
via google imghp
 

2016年04月09日 3歳未勝利 芝2000m 阪神競馬場

1着=エルプシャフト(デムーロ)
2着=ユキノロード(ルメール)
3着=アドマイヤキズナ(藤岡康)

タイム=2.03.1(稍重)
レース上がり3ハロン=34.9
勝ち馬上がり3ハロン=34.5
 
【エルプシャフト】
ビワハイジの息子・エルプシャフトが京都新聞杯以来の復帰初戦。その京都新聞杯でも一瞬の見所を作っただけに500万下クラスならアッサリまで。デビュー戦となった未勝利でも走りやすそうに阪神競馬場の坂を駆け上がって来ているだけにコース相性も問題なし。鉄砲も利くタイプと見た。
 

④オーダードリブン|土曜中山12R 3歳500万下

 
オーダードリブン 牡3歳

オーダードリブン 牡3歳

父馬:ディープインパクト
母馬:コマーサント
母父:MarchanddeSable
所属:加藤征弘博厩舎(美浦)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:社台レースホース
via google imghp
 

2016年03月05日 3歳未勝利 芝2000m 中山競馬場

1着=オーダードリブン(ルメール)
2着=コスモジャーべ(柴田大)
3着=クラウンディバイダ(石川)

タイム=2.01.4(良)
レース上がり3ハロン=36.5
勝ち馬上がり3ハロン=35.1
 
【オーダードリブン】
新馬戦ではあのハートレーに肉薄した逸材。続く未勝利戦でもノーステッキで完勝している様に秘めた能力は相当なもの。その後の2戦は精彩を欠いているが、一旦休養して立て直したここはさすがに無様な競馬は見せないだろう。行く行くは重賞戦線に乗って来る馬と見ているだけに圧勝する姿を見たいところ。
 

⑤ワントゥワン|日曜阪神7R 3歳500万下

 
ワントゥワン 牝3歳

ワントゥワン 牝3歳

父馬:ディープインパクト
母馬:ワンカラット
母父:Falbrav
所属:藤岡健一厩舎(栗東)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:青山洋一
via google imghp
 

2015年07月25日 新馬戦 芝1400m 中京競馬場

1着=ワントゥワン(藤岡佑)
2着=アンシエルワープ(武豊)
3着=ベルフラワー(柴田大)

タイム=1.23.0(良)
レース上がり3ハロン=36.0
勝ち馬上がり3ハロン=35.5
 
【ワントゥワン】
春はクラシックに出走出来なかった同馬。しかし、紅梅Sではあのシンハライトにハナ差まで迫っている様に能力は一級品。夏に無理せず成長を促す意味で休養を取った事でどこまで馬が変わっているのか楽しみな復帰戦である。あのワンカラットの子だけに牝馬限定の短距離重賞くらいなら勝てるレベルにある筈。
 

まとめ

 
今週は全て3歳馬。やはり、最強世代と言われているだけに良い馬が多い。

特に休み明けのワントゥワン、エルプシャフト、オーダードリブンの3頭は確勝級ではないだろうか。エルプシャフトに関しては、別の記事で来年にはGⅠ馬??とも書いているだけにこんな所で負けてもらっては困る。持ったままの圧勝を期待したい。

その他、新馬のエアウィンザーVSムーヴザワールドなど見所の多いレースばかりなのでお見逃し無く。

関連記事

関連タグ

著者