有力馬の4強=ディーマジェスティ、マカヒキ、サトノダイヤモンド、リオンディーズ。

この上記4頭の実力は各世代と比較しても相当なハイレベルだ。リオンディーズ以外は凱旋門賞にも登録している様に、今回の日本ダービーの結果次第では秋にはフランスで走っている可能性もある程だ。

そういう意味でも逆転はかなり難しいと予想されるが、それでも「競馬に絶対は無い」ので筆者が考える長所と短所を軽くおさらいしながら伏兵馬を振り返って行こうと思う。
 

伏兵の1・2番手候補

 
スマートオーディン

スマートオーディン

父馬:ダノンシャンティ
母馬:レディアップステージ
母父:Alzao
所属:松田国英厩舎(栗東)
via google imghp
 
【買い要素】
毎日杯、京都新聞杯の勝ちっぷりが圧巻。一瞬のキレに関して言えば4強にもヒケを取らず、スローからのヨーイドン勝負なら十分に太刀打ち出来ると見ている。ローテーション的にもキズナと同過程で好印象だ。

【不安要素】
逆にスタミナが要求される様な厳しい流れではやや割引か。父がダノンシャンティという事から2400mの距離にも一抹の不安が残っているのは確か。展開面の助けが必要な点は否めない。加えて、馬場が悪くなるとこの馬のセールスポイントが消えてしまう。
 
ヴァンキッシュラン

ヴァンキッシュラン

父馬:ディープインパクト
母馬:リリーオブザヴァレー
母父:Galileo
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
via google imghp
 
【買い要素】
何より、ダービーと同舞台を圧勝している所はかなりのアドバンテージ。その時のタイムもレースレコードで駆けている様にある程度のスピード指数を示せたのは本番に向けて心強い。早目の先行抜け出しでどこまで粘れるかの様な競馬で驚く事があっても不思議では無い。

【不安要素】
多少の上がり競馬にも対応が出来るので不安らしい不安は無いが、強いてあげるなら今まで一度も厳しい流れを経験していない点か。出入りの多い展開で馬が戸惑う可能性はある。後、青葉賞勝馬の優勝経験が無いという事も割引材料か。
 

以下の伏兵馬

 
ロードクエスト

ロードクエスト

父馬:マツリダゴッホ
母馬:マツリダワルツ
母父:チーフベアハート
所属:小島茂之厩舎(栗東)
via google imghp
 
【買い要素】
前走のNHKマイルCでも豪脚を繰り出した様に、本質は左回り専用機なのだろう。新潟2歳Sで見せたパフォーマンスは4強の中に入っても見劣りしないし、潜在的な能力だけでは言えば十分に一発があってもおかしくはない。急遽決まった岩田騎手とも手が合いそうで、引き続き見逃せない一頭だ。

【不安要素】
何と言っても距離だろう。前走は距離が短縮されての好走という見方も強い。自力で上がって行って前を飲み込む様な強引な競馬は出来ないと予想され、この馬は特に展開の助けが必要となる。超スローでの集団が固まった競馬でないと上位入線は厳しいかも知れない。
 
エアスピネル

エアスピネル

父馬:キングカメハメハ
母馬:エアメサイア
母父:サンデーサイレンス
所属:笹田和秀厩舎(栗東)
via google imghp
 
【買い要素】
出走メンバー内で最も器用に立ち回れる脚質。展開に左右されないので、余程の大崩れは無い筈だ。特に各有力馬は道悪馬場に不安がある為、デイリー杯で圧勝した同馬は雨に関しては大歓迎のクチだろう。

【不安要素】
こちらも完全に距離。見た目は完全なマイラー体型で、どこまで融通があるのかは走ってみないと分からない。厳しい流れだった皐月賞でもそこまで止まっていない点を考えてもこなせなくはないが、それでも前で掛かり通しだったリオンディーズには先着しておいて欲しかった。これも展開の利が必須条件。
 
レッドエルディスト

レッドエルディスト

父馬:ゼンノロブロイ
母馬:ショウダウン
母父:Darshaan
所属:笹田秀和厩舎(栗東)
via google imghp
 
【買い要素】
青葉賞では四位騎手が完全に権利を取りに行く競馬に徹していた。開きはあったが、ヴァンキッシュランに対しての決定的な力関係の差でなはい。本番に向けての秘策はある筈で、前々走の2着馬がその後京都新聞杯で好走した事から、改めてこの馬の実力を見直したい。

【不安要素】
キャリアが浅く、現状では極端な競馬でしか対応出来ない点が少し割引だろう。他の馬が一斉に動いた時に同じタイミングで付いて行けるのかの不安はつきまとう。エンジンのかかりが遅い為、集団が流れ始める前に自ら先導して行くリスクは伴うのは少し重荷かも知れない。
 

まとめ

 
以上が馬券圏内に浮上して来る可能性がある5頭。

勿論、馬場状態や枠、展開などの不確定要素が絡んでの話なのでどれもこれも飛ぶ危険性も十分に考えられる。しかし、時としてとてつもない競馬が展開され誰も予想だにしなかった馬が台頭して来るのも競馬の魅力である。

そう書いていると、これら5頭はいずれも一般的な見地のもとではじき出した馬だけに、逆に全く来ない様にも思えて来ましたw

ま、とりあえずは明日の枠順発表を見てから再考し直して、また金曜日にでも本印を提供出来ればと考えております。どうぞ週末の予想記事も楽しみにお待ちください。

関連記事

関連タグ

著者