今週の新馬レーティング順位

 

①コウソクストレート 99.5 ★★★★

 

②ソウルスターリング 96.5 ★★★★

 

③グリトニル 96 ★★★★

 

④カシノマスト 95 ★★★

 

⑤ナムラアイドル 92 ★★★

 

⑥ミスパンテール 91 ★★★

 

⑦クイントゥープル 90 ★★★

 

⑧テイエムヒッタマゲ 88 ★★

 

ミスパンテール 土曜札幌5R

 

2016年07月30日 芝1500m 良

父馬:ダイワメジャー
母馬:エールドクラージュ
母父:シンボリクリスエス
所属:昆貢(栗東)
生産:三城牧場(日高町)
馬主:寺田千代乃

レースタイム:1.32.9
レース上がり3ハロン:34.7
勝ち馬上がり3ハロン:34.1
 
【ミスパンテール】
ミスパンテールが後方から追い込みで他馬を撫で切った。道中は前を見ながら後方待機していたが、4コーナー手前で加速を始めるとそこからエンジンに火が点き一気にギアチェンジ。1番人気のユアスイスイ以下を瞬時にかわして1着入線を果たした。レースレベル自体に疑問は残るが、競馬としてはインパクトのある内容。次走でも同じ走りが出来るか。
 

ナムラアイドル 土曜小倉5R

 

2016年07月30日 芝1200m 良

父馬:キングズベスト
母馬:ナムラミーティア
母父:サクラバクシンオー
所属:目野哲也(栗東)
生産:いとう牧場(日高町)
馬主:奈村睦弘

レースタイム:1.09.4
レース上がり3ハロン:35.3
勝ち馬上がり3ハロン:35.3
 
【ナムラアイドル】
好スタートからリズムよく先手を奪ったナムラアイドルが、直線でも二枚腰を使って粘りこみ2着ショーウェイの猛追をハナ差退けてのデビュー勝ち。調子の良さとスピードをフルに活かした勝利だった。距離もマイルでは少し長い印象か。持って1400mまで。控える競馬が出来ればまた少し違って来るとは思うが…。
 

コウソクストレート 土曜新潟5R

 

2016年07月30日 芝1400m 良

父馬:ヴィクトワールピサ
母馬:メジロアリス
母父:アドマイヤコジーン
所属:中舘英二(美浦)
生産:レイクヴィラファーム(洞爺湖町)
馬主:野崎昭夫

レースタイム:1.22.4
レース上がり3ハロン:36.0
勝ち馬上がり3ハロン:35.6
 
【コウソクストレート】
1番人気に支持されたコウソクストレートが、直線でもほぼ持ったままで先頭に立ち一切追わず2着以下に1馬身半差を付ける圧勝。追えばもっと伸びるイメージから距離はもっと合っても問題ない。馬格もしっかりあり、次のクラスが上がったレース次第では一躍クラシック候補に名を連ねる可能性も。本気の走りを見てみたい。
 

ソウルスターリング 日曜札幌5R

 

2016年07月31日 芝1800m 良

父馬:フランケル
母馬:スタセリタ
母父:Monsun
所属:藤沢和雄(美浦)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:(有)社台レースホース

レースタイム:1.51.4
レース上がり3ハロン:34.9
勝ち馬上がり3ハロン:34.2
 
【ソウルスターリング】
アドマイヤマンバイの勝ちパターンを覆すソウルスターリングの見事に図ったかの様な差し切り。タイムなどは平凡も、この勝ち方を出来る競馬センスは今後大きい武器となりそう。走り方もグッと重心の低い体全体を使った走りで真っすぐ走っており、全体的にレベルの高い優等生タイプのの競走馬だ。フランケル産駒だが、距離はもう少し融通も効きそう。
 

テイエムヒッタマゲ 土曜小倉5R

 

2016年07月31日 芝1200m 良

父馬:テイエムオペラオー
母馬:テイエムクレナイ
母父:ティンバーカントリー
所属:福島信晴(栗東)
生産:テイエム牧場(鹿児島県)
馬主:竹園正繼

レースタイム:1.11.2
レース上がり3ハロン:36.7
勝ち馬上がり3ハロン:36.7
 
【テイエムヒッタマゲ】
九州産限定の新馬戦。レースレベルはかなり低く、タイムも1分11秒2と、1200m戦では相当に遅いもの。正直、これでは一般馬と対戦しても全く話にならないだろう。次走のひまわり賞で何とか賞金を加算したいところ。
 

カシノマスト 日曜小倉6R

 

2016年07月31日 芝1200m 良

父馬:キャプテントゥーレ
母馬:レインボウスズラン
母父:スキャン
所属:蛯名利弘(美浦)
生産:神野生男(鹿児島県)
馬主:柏木務

レースタイム:1.09.6
レース上がり3ハロン:35.3
勝ち馬上がり3ハロン:35.3
 
【カシノマスト】
こちらも九州産馬のカシノマスト。しかし、一般馬相手のレースで2着に6馬身差を付ける辺り、陣営も相当な自身があったのだろう。本来ならひとつ前の限定戦に出てもおかしくなかった馬。ここでこの競馬が出来れば、今後の2歳戦でも面白い存在となりそう。距離はマイルがギリギリか。
 

グリトニル 日曜新潟5R

 

2016年07月31日 芝1600m 良

父馬:ナカヤマフェスタ
母馬:ファーストサイト
母父:メジロライアン
所属:浅見秀一(栗東)
生産:明治牧場(新ひだか町)
馬主:杉山忠国

レースタイム:1.36.9
レース上がり3ハロン:34.3
勝ち馬上がり3ハロン:33.4
 
【グリトニル】
11番人気の低評価だったグリトニルが、ほぼ最後方の位置から直線の半分程だけで一気に馬群を飲み込み差し切った圧巻の競馬。この勝ち方は決してフロックではない。確実に次走でも同様の競馬が出来るタイプの走法で、馬体は小さいもののダイナミックな走り方で存在感のある競走馬。これも重賞でやれるポテンシャルを秘めていそう。
 

クイントゥープル 日曜札幌6R

 

2016年07月31日 芝1400m 良

父馬:アイルハヴアナザー
母馬:マイネクイーン
母父:アグネスタキオン
所属:大和田成(美浦)
生産:ビッグレッドファーム(新冠町)
馬主:(有)ビッグレッドファーム

レースタイム:1.23.8
レース上がり3ハロン:37.5
勝ち馬上がり3ハロン:36.3
 
【クイントゥープル】
終始、追い通しだったクイントゥープルが持続力のある脚で後続を封じ込め押し切り勝ち。正直、パフォーマンスとしては精一杯の印象だが、距離はもう少し長いほうがしっかりと走れそうだ。タイム、上がり共に平凡で今週の新馬戦の中では最も地味なレースだった。
 

まとめ

 
今週はコウソクストレート、ソウルスターリング、グリトニルの3頭が重賞級と判断。このいずれかは成長次第でGⅠ戦線にも顔を出してくる器と見ている。

後はカシノマスト。久々に一般馬を相手に好勝負出来そうな九州産馬が現れた。個人的に、熊本復興の景気付けにももっともっと活躍して欲しい。

来週の新馬戦レーティングもお楽しみに。

関連記事

関連タグ

著者