サウジアラビアRC

 

【セイウングロリアス 激走度 ★★】 (想定7番人気)

 
セイウングロリアス 牡2歳

セイウングロリアス 牡2歳

父馬:リーチザクラウン
母馬:コスモビートアウト
母父:サッカーボーイ
所属:武市康男厩舎(美浦)
生産:山野牧場(新ひだか町)
馬主:西山茂行

【激走ポイント】
新潟、未勝利の勝ち方が非常に優秀。連対を外した福島と前走の中山は呆気なく凡走している事から、左回り専用機の可能性も高い。その点、今回の東京ではしっかりとポテンシャルを発揮してくれるのではないだろうか。リーチザクラウン産駒の初重賞制覇も間近に迫っている??
via google imghp
 

【ウィンドライジズ 激走度 ★★】 (想定6番人気)

 
ウィンドライジズ 牡2歳

ウィンドライジズ 牡2歳

父馬:ダイワメジャー
母馬:タッソーニー
母父:テンビー
所属:牧光二厩舎(美浦)
生産:川島牧場(新冠町)
馬主:平田修

【激走ポイント】
3走して連対を外していない安定感は魅力。得てしてこういうタイプの馬はクラスが上がっても相手なりに走る事が多い。それに、昨年の勝ち馬ブレイブスマッシュも札幌の未勝利戦を勝ち上がっての臨戦だけにローテーションが同じなのも心強い点だ。
via google imghp
 

毎日王冠

 

【ウインフルブルーム 激走度 ★★★★】 (想定6番人気)

 
ウインフルブルーム 牡5歳

ウインフルブルーム 牡5歳

父馬:スペシャルウィーク
母馬:ハナノメガミ
母父:サクラユタカオー
所属:宮本博厩舎(栗東)
生産:ビッグレッドファーム(新冠町)
馬主:ウイン

【激走ポイント】
故障明けから善戦しているウインフルブルームだが、大きな馬体も含めて本来なら叩き良化型タイプだろう。前走こそ不慣れな重馬場で惜敗したが、それでも2着に入ったのは地力の高さか。今回の毎日王冠は前が有利な開幕週の馬場だけに先行押し切りがあってもおかしくはない。腐っても皐月賞3着馬。
via google imghp
 

【クラレント 激走度 ★★】 (想定9番人気)

 
クラレント 牡7歳

クラレント 牡7歳

父馬:ダンスインザダーク
母馬:エリモピクシー
母父:ダンシングブレーヴ
所属:橋口慎介厩舎(栗東)
生産:ノースヒルズマネジメント(新冠町)
馬主:前田晋二

【激走ポイント】
誰もが認める東京巧者のクラレント。年齢が不安視されて人気が下がるようなら面白い存在だ。気分良く先行出来そうなメンバーに開幕週の馬場と好走条件は全て揃っている。手の合った小牧騎手とのタッグに期待したい。
via google imghp
 

京都大賞典

 

【ヒットザターゲット 激走度 ★★★】 (想定7番人気)

 
ヒットザターゲット 牡8歳

ヒットザターゲット 牡8歳

父馬:キングカメハメハ
母馬:ラティール
母父:タマモクロス
所属:加藤敬二厩舎(栗東)
生産:ノースヒルズマネジメント(新冠町)
馬主:前田晋二

【激走ポイント】
ザ・穴馬の代表格であるヒットザターゲット。こと京都大賞典では2013年にも勝っている相性の良いレースだ。同馬の好走条件である内ラチ沿いを頼って上手く外に出せる競馬が出来れば、このメンバーでも1発があって不思議ではない。可能なら1枠に入りたい所だ。
via google imghp
 

【タマモベストプレイ 激走度 ★★】 (想定8番人気)

 
タマモベストプレイ 牡6歳

タマモベストプレイ 牡6歳

父馬:フジキセキ
母馬:ホットプレイ
母父:ノーザンテースト
所属:南井克巳厩舎(栗東)
生産:信成牧場(浦河町)
馬主:タマモ

【激走ポイント】
今回のメンバー的に最も展開の恩恵を受けそうなタマモベストプレイ。ヤマカツライデンが引き離し気味に逃げるのは明らかで、それを番手からキタサンブラックが突くような流れとなる筈。淀みのないペースを先行して粘り込むのが最も得意とする形だけにここは3着以内入線も大いに有り得る。
via google imghp
 

まとめ

 
以上、各レースにおける穴馬のピックアップでした。

一応、穴馬の定義として6番人気以下という括りのもとでオススメさせて頂いておりますが、あくまで金曜日段階での想定人気となります。実際の当日に反映される順とは変動もございますので、そちらの点は予めご了承下さい。

今週は3重賞。いずれも下馬評は堅めの決着という事になっていますが、全てが本命同士で決まるなんて事は先ず有りえません。どのレースかで必ず穴馬が出現するかと思いますが最低でもひとレースは的中させたいですね。

さて、この中に高配当を演出してくれる伏兵は潜んでいるのでありましょうか。結果を乞うご期待!!

関連記事

関連タグ

著者