8月31日の午後7時頃に急性大腸炎のためドゥラメンテが急死したことを、JRAが発表しました。享年9歳でした。
同馬は、JRAでの現役引退後は北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションで、種牡馬として繋養されていました。

ドゥラメンテは、父キングカメハメハ、母アドマイヤグルーヴという血統で、通算9戦5勝。2015年には皐月賞と日本ダービーを制し、同年のJRA最優秀3歳牡馬を受賞しました。

社台スタリオンステーションで同馬の管理をしていた徳武英介氏によると、前日の30日から腸炎の兆候を見せ、その後急激に悪化してしまったといいます。

現役時代に同馬を管理した堀宣行調教師は、「いくら言葉を尽くしても伝えられないほど、深い悲しみの中にいます。最高のサラブレッドの一頭であり、優秀な後継を残してほしいと願っていましたので、まだ9歳と若いのにもかかわらず、前途が絶たれたのが残念でなりません。」とコメントし、同馬の急逝を悲しみました。

現役時代の活躍に敬意を表し、心からご冥福をお祈りします…m(_ _)m

関連記事

著者