①エアウィンザー|土曜京都3R 未勝利戦

 
エアウィンザー 牡2歳

エアウィンザー 牡2歳

父馬:キングカメハメハ
母馬:エアメサイア
母父:サンデーサイレンス
所属:角居勝彦厩舎(栗東)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:ラッキーフィールド
via google imghp
 

2016年09月25日 新馬戦 芝1800m 阪神競馬場

1着:ムーヴザワールド(ルメール)
2着:エアウィンザー(武豊)
3着:オーサムバローズ(藤岡佑)

レースタイム:1.47.8(良)
レース上がり3ハロン:34.3
勝ち馬上がり3ハロン:34.0
 
【エアウィンザー】
前走の新馬戦ではムーヴザワールドとの壮絶な叩き合いに末クビ差敗れた。しかし、タイムも改修後の阪神競馬場で新馬戦では初となる1800m=1分47秒台の好タイムで同入している事からも能力は相当なもの。狙うは朝日杯FSで兄の雪辱を果たし、武豊騎手にGⅠ完全制覇のプレゼントをすべくここは確実に勝たなければならない。
 

②ソウルスターリング|土曜東京9R アイビーS

 
ソウルスターリング 牡2歳

ソウルスターリング 牡2歳

父馬:フランケル
母馬:スタセリタ
母父:Monsun
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:社台レースホース
via google imghp
 

2016年07月31日 新馬戦 芝1800m 札幌競馬場

1着:ソウルスターリング(ルメール)
2着:アドマイヤマンバイ(福永)
3着:エトルディーニュ(原田)

レースタイム:1.51.4
レース上がり3ハロン:34.9
勝ち馬上がり3ハロン:34.2
 
【ソウルスターリング】
フランケル産駒の大物ソウルスターリングが、完勝した新馬戦の次に選んだのはアイビーS。札幌競馬場で勝ったものの、エンジンの掛かりがやや遅かった事からも今回の東京競馬場では更にパフォーマンスを上げて来るのではないだろうか。頭数も9頭立てと戦いやすく、最大のライバルはペルシアンナイト1頭のみ。
 

③メダーリアフレイム|日曜京都8R なでしこ賞

 
メダーリアフレイム 牡2歳

メダーリアフレイム 牡2歳

父馬:Medagliad'Oro
母馬:Fanfire
母父:ElusiveQuality
所属:伊藤圭三厩舎(美浦)
生産:Gallagher's Stud(米)
馬主:H.H.シェイク・モハメド
via google imghp
 

2016年10月02日 新馬戦 ダート1200m 中山競馬場

1着:メダーリアフレイム(デムーロ)
2着:ビップアンフィル(和田)
3着:ロードナカヤマ(福永)

レースタイム:1.13.4
レース上がり3ハロン:37.5
勝ち馬上がり3ハロン:37.4
 
【メダーリアフレイム】
前走の新馬戦の勝ち方は圧巻だった。タイム自体は対して速くないが、走法含めた馬の雰囲気は既にオープンクラス。今後、成長次第ではダート短距離の重賞戦線にも乗っていける素材と見ている。この500万下戦は個人的希望も込みで難なくクリアして欲しい。
 

④アグネスジュレップ|日曜東京9R くるみ賞

 
アグネスジュレップ 牝2歳

アグネスジュレップ 牝2歳

父馬:アグネスデジタル
母馬:アグネスマジカル
母父:アグネスタキオン
所属:河内洋(栗東)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:渡辺公美子
via google imghp
 

2016年09月17日 新馬戦 芝1400m 阪神競馬場

1着:アグネスジュレップ(岩崎)
2着:メイショウハガネ(武豊)
3着:クールファンタジー(福永)

レースタイム:1.22.3(良)
レース上がり3ハロン:35.5
勝ち馬上がり3ハロン:35.3
 
【アグネスジュレップ】
前走の新馬戦は直線だけで2着以下に8馬身差を付ける圧勝劇。軽く仕掛けられただけで瞬時に突き放した脚はかなりの特筆モノだ。マイルまでなら許容範囲だろうし、桜花賞候補としてはこの500万下では負けていられない馬。相手はコウソクストレートとなるが、ここでも力の違いを見せつけて欲しい。
 

⑤ラニ|日曜東京11R ブラジルC

 
ラニ 牡3歳

ラニ 牡3歳

父馬:Tapit
母馬:ヘヴンリーロマンス
母父:サンデーサイレンス
所属:松永幹夫厩舎(栗東)
生産:North Hills Management(米)
馬主:前田幸治

通算成績:9戦3勝(3-1-1-4)
主な勝鞍:UAEダービーなど
via google imghp
 

2015年11月28日 カトレア賞 ダート1600m 東京競馬場

1着:ラニ(内田)
2着:オーシャンビュー(嘉藤)
3着:マイネルバサラ(柴田)

レースタイム:1.37.4(稍重)
レース上がり3ハロン:37.6
勝ち馬上がり3ハロン:37.2
 
【ラニ】
ラニの帰国第1戦がオープン戦のブラジルC。米クラシックで最高3着の実績を引っさげての凱旋となったが、それでもラニのキャラクターは変わらずガンガン使って馬を仕上げて行く予定との事。この後、中1週でみやこSに向かうローテーションを組まれておりここは完全な叩き台の模様だ。しかし、無様な競馬は見せられない。
 

まとめ

 
今週は2歳勢が豊富。

エアウィンザーは勝ってもう1戦しての朝日杯ローテが濃厚。ソウルスターリングも同様にここを勝って朝日杯に向かう算段か。アグネスジュレップも勝てばもう1戦挟んでの阪神JFと、いずれもが年内の最大目標に向けて落とせないレースとなっている。

関連記事

関連タグ

著者