名称は【ペガサスワールドカップ】で2017年1月28日に第一回目が開催される。
レースはガルフストリームパーク競馬場のダート・1800mで行われる。
現時点で、格付けや1着賞金は発表されていない。

レースのシステムは、出走馬12頭の関係者がそれぞれ出走料100万ドル(1億1000万円)払う代わりにレース収益の一部の分配、出走権の売却などの権利を得られるという仕組みだそうだ。
 

ガルフストリームパーク競馬場

 
 (2900)

フロリダ州ハランデールにある競馬場。
アメリカクラシック三冠の第1冠ケンタッキーダービーの前哨戦フロリダダービー(ダート・1800m)が行われることで有名だ。
コースは左回りでダートコースは1周約1600m、芝コースは約1400mとなっている。
 
ガルフストリームパーク競馬場ではフロリダダービーの他にドンハンデキャップ(3歳以上・ダート・1800m)が行われる。
 

とうとうドバイワールドカップ越え

 
 (2903)

現在の世界最高賞金レースで2011年に日本のヴィクトワールピサが制したドバイワールドカップを超えることになった。
ドバイワールドカップは総額1000万ドル(約11億円)なので約2億2000万円上回ることになる。
 

日本馬には大チャンス

 
このペガサスワールドカップという新たレースが創設されたことは日本馬にとっては嬉しいできごとだ。
中央競馬には1800mのダートG1が12月に開催されるチャンピオンズカップがあるが、1着賞金が9400万円とペガサスワールドカップとは比べものにならないくらい低い。

開催時期もほぼ同じで今後チャンピオンズカップを避け、アメリカに向かう馬も出てくるだろう。
 
 (2906)

まずは日本馬の先陣を切って記念すべき第1回目はラニに参戦してもらいたい。現在クラシック制覇を目指してアメリカ遠征真っ只中のラニだが今後も主戦場は海外になるだろう。
ラニのオーナーサイドは引退後はアメリカで種牡馬入りさせたいようなので、種牡馬としての価値を上げるためにも海外でのG1勝ちが必要になってくる。
是非とも日本馬のレベルの高さを証明してほしい。

関連記事

関連タグ

著者