2021年8月15日(月)小倉競馬場で行われた<小倉記念>(GⅢ)は、3勝クラスからの格上挑戦で出走した松山騎手騎乗のモズナガレボシ(6番人気)が、4コーナー最後方のポジションから大外一気の追い込みで優勝、重賞は初挑戦での初優勝となりました!

これが、「グランプリボス産駒」としても初タイトルという事になりました(^-^)


【モズナガレボシ】
牡4・栗東荒川厩舎
父:グランプリボス
母:モズフリムカナイデ(クロフネ)
馬主:キャピタル・システムキャピタル・システム
生産者:谷川牧場
 

<小倉記念> 結果

 
着順 馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 厩舎
1 モズナガレボシ 牡4 53.0 松山 1:59.7 栗東荒川
2 ヒュミドール セ5 55.0 1:59.8 美浦小手川
3 スーパーフェザー セ6 53.0 武豊 2:00.2 栗東渡辺
4 ダブルシャープ 牡6 54.0 酒井 2:00.2 栗東渡辺
5 ショウナンバルディ 牡5 55.0 岩田康 2:00.6 栗東松下
6 ファルコニア 牡4 56.0 川田 2:00.8 栗東高野
7 ヴェロックス 牡5 57.0 浜中 2:01.0 栗東中内田
8 テーオーエナジー 牡6 55.0 藤岡康 2:01.1 栗東宮
9 グランスピード 牡4 53.0 和田竜 2:01.1 栗東西村
取消 アールスター 牡6 56.0 長岡 栗東杉山晴

関連記事

著者