目次

 

姫路市の詐欺事件

 
 兵庫県警姫路署は、15年11月25日、競馬の必勝法名目で、姫路市内の地方公務員男性(62)が約280万円をだまし取られる被害に遭ったと発表し、詐欺事件として捜査している。
 10日、「サトウ」と名乗る男から、「いい話があるが、競馬情報料に120万円が必要になる。でも、配当金は600万円になる」と電話があった。その後、「ハラダ」という男からも同じような電話があり、地方公務員男性は、総額284万円を指示された銀行口座に振り込んだ。しかし、サトウ、ハラダたちと連絡が取れなくなり、不審に思った地方公務員男性が被害を届け出た。
 って、被害者面しているが、地方公務員が競馬にうつつを抜かしているとは、堕落だ。金を返してもらっても、公務員は辞職した方がいいだろう。
 
 (878)

 

品川区の窃盗事件

 
 警視庁品川署は、15年11月18日、警視庁東京法務局品川出張所(品川区)に提出された収入印紙約3400万円分を盗んだなどとして、窃盗などの疑いで、同出張所の事務業務委託先の元契約社員(48)を逮捕した。
 この契約社員は、13年12月~15年3月、約50回にわたり、印鑑証明などの交付申請書とともに提出された収入印紙を盗んだそうで、「金券ショップで換金し、競馬などに使った」などと容疑を認めている。
 印紙は申請書に貼って提出することになっているが、容疑者は申請者に貼らないように伝え、別々に受け取っていた。バレないために、印紙のコピーを申請書の原本に貼り、それをさらにコピーしていたそうだ。そして、原本は廃棄していた。
 東京法務局では、15年2月にも城南出張所(大田区)の元契約社員が収入印紙200万円相当を盗んでいたことが判明しており、これを受けて実施された調査で今回の不正が発覚したのだった。
 品川区には大井競馬場があり、大田区には平和島競艇場があるから、こういう不正はありそうなものだ。東京競馬場と多摩川競艇がある府中市、江戸川競艇がある江戸川区、京王閣競輪がある調布市、立川競輪がある立川市も、再調査した方がいいだろう。
 
 (881)

 

新宿の詐欺事件

 
 警視庁捜査2課は、15年11月16日、「競馬で稼げる」などと嘘の電話をして、約90人から合計2000万円以上をだまし取っていたとして、不動産会社役員(37)、プロボクサー(21)ら男4人を逮捕し、新宿区内のアジトを摘発した。
手口は、こうだ。被害者宅にダイレクトメールの往復はがきが届く。そこには、ハワイ旅行やエコカードが当たります、などとある。被害者が返送すると、電話がかかってきて、「4万円預けていただければ、競馬で稼いであげますよ」と、儲け話を持ち掛けられる。そして後日、「万馬券的中証明書」がFAXなどで送られてくる。すっかり信用してしまうのだが、金は振り込まれない。そうこうするうちに、「さらにお金を預けませんか」と電話をかけてきて、再三にわたって金を振り込ませるというものだ。そして、一定期間が過ぎると、電話がパタリとつながらなくなってしまう。
 直接の逮捕容疑は、15年8~9月、千葉県柏市の会社員男性(61)に「会員になれば、年に3回しかない特別レースに参加することができる」と嘘の電話をし、架空の競馬レースの投票券を購入させる名目などで、現金64万円をだまし取ったものである。
 この詐欺グループには、タイムカード・売り上げ成績表・ノルマ・ボーナスもあり、ちゃんとした会社のように仕立て上げ、ICチップ入りの社員証の肩書には、社員番号と「営業部部長・馬券投資アドバイザー」などと書いてあったそうだ。
 プロボクサーなのだから、八百長試合を組めばよかったのに。
 
 (884)

関連記事

関連タグ

著者