2021年8月8日(日)、新潟競馬場で行われた<レパードS(3歳・GIII・ダ1800m)>は、2~3番手からレースを進めた柴田善臣騎手騎乗の1番人気メイショウムラクモが直線で先頭に立ち、柴田騎手は鞭を落とすハプニングがありましたが、2着の10番人気スウィープザボードに3馬身差をつけ優勝しました。
勝ちタイムは1分51秒3(良馬場)でした。

メイショウムラクモは<いわき特別(2勝クラス)>から2連勝で重賞初制覇となりました。

尚、この勝利で、柴田善臣騎手は55歳0か月10日でのJRA重賞勝利となり、岡部幸雄元騎手が持っていたJRA重賞最年長勝利記録(54歳0か月31日)を更新しました!(^o^)


なお、
3着は6番人気レプンカムイ。
2番人気ルコルセールは15着、
3番人気オセアダイナスティは6着でした。


【メイショウムラクモ】
牡3・美浦・和田勇介厩舎
父:ネオユニヴァース
母:ノースパストラル(キングヘイロー)
生産者:高昭牧場

関連記事

著者