札幌2歳S

 
フラワープレミア 牡2歳

フラワープレミア 牡2歳

父馬:アンライバルド
母馬:トミケンソリッド
母父:コマンダーインチーフ
所属:池上昌弘(美浦)
生産:船越伸也(平取町)
馬主:花村誠

【激走ポイント】
東京・福島と異なるコースで好走している様に、様々な環境下で自分のパフォーマンスを発揮出来るタイプ。2歳戦においてこの融通性は非常に強い武器となる。加えて前走の勝ち方も内容のあるもので、江田照男騎手含めて想定人気程の低い評価には留まらない筈だ。
via google imghp
 

【フラワープレミア 激走期待度 ★★★★】 (想定11番人気)

 
アンノートル 牡2歳

アンノートル 牡2歳

父馬:アイルハヴアナザー
母馬:タイキシャイン
母父:タイキシャトル
所属:池上昌弘(美浦)
生産:山際辰夫(日高町)
馬主:ビッグレッドファーム

【激走ポイント】
前走の中京2歳Sも負けはしたものの、幾分か脚を余していた印象。新種牡馬の父・アイルハヴアナザーは距離が伸びて行った方が良い血統と見て、今回の距離延長はプラスに出ると予想。2歳戦に強いマイネル軍団傘下のビッグレッドファームというのも心強い材料。
via google imghp
 

【アンノートル 激走期待度 ★★★】 (想定9番人気)

 

小倉2歳S

 
キョウヘイ 牡2歳

キョウヘイ 牡2歳

父馬:リーチザクラウン
母馬:ショウナンアネーロ
母父:ダンスインザダーク
所属:宮本博(栗東)
生産:本桐牧場(新ひだか町)
馬主:瀬谷隆雄

【激走ポイント】
前走の未勝利戦で見せたパフォーマンスはかなりのもの。直線でも鋭く伸びてゴール前も余力はあった。それでも、出走メンバー中で1200mの最速タイムを計測しているあたり、人気よりも遥かに高い評価をしなくてはいけないだろう。
via google imghp
 

【キョウヘイ 激走期待度 ★★★★】 (想定7番人気)

 
ダイイチターミナル 牡2歳

ダイイチターミナル 牡2歳

父馬:コンデュイット
母馬:ベルグチケット
母父:ウイニングチケット
所属:高市圭二(美浦)
生産:ミルファーム(浦河町)
馬主:ミルファーム

【激走ポイント】
デビュー戦から全連対中の堅実さ、前走の未勝利戦は5馬身差で圧勝。どう考えても人気しておかしくないのだ、この血統の地味さが余りスポットを浴びにくいのか。馬主・生産はミナレットやストーミーシーと同じミルファームで、穴気配がムンムンの1頭。
via google imghp
 

【ダイイチターミナル 激走期待度 ★★★】 (想定11番人気)

 
ブラックランナー 牡2歳

ブラックランナー 牡2歳

父馬:クロフネ
母馬:キャトルセゾン
母父:サンデーサイレンス
所属:鈴木孝志(栗東)
生産:千代田牧場(新ひだか町)
馬主:カナヤマホールディングス

【激走ポイント】
新馬戦はダートながら狭い所をグイグイと伸びて前残りの展開を差し切る好内容だった。芝に変わってどうかが最大の焦点となるが、全姉のグラミスキャッスルが先日の新潟・芝直線コースを快勝している様に本来は芝向きの血統。スピード力を更に増して穴を開ける可能性は大いに有り。
via google imghp
 

【ブラックランナー 激走期待度 ★★】 (想定12番人気)

 

新潟記念

 
エキストラエンド 牡7歳

エキストラエンド 牡7歳

父馬:ディープインパクト
母馬:カーリング
母父:GardeRoyale
所属:角居勝彦(栗東)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:社台レースホース

【激走ポイント】
以前はマイル戦を中心に使われて来たが、高齢になるにつれズブくなっている印象でむしろ今なら2000m前後の中距離の方が合っているのでは。実際、前走の小倉記念も3着と好走している様に能力的な衰えはまだない。距離が理由で嫌われているのなら積極的に買って行きたい。
via google imghp
 

【エキストラエンド 激走期待度 ★★★★】 (想定8番人気)

 
ロンギングダンサー 牡7歳

ロンギングダンサー 牡7歳

父馬:シンボリクリスエス
母馬:ダンスパートナー
母父:サンデーサイレンス
所属:勢司和浩(美浦)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:坂本浩一

【激走ポイント】
新潟は5戦2勝3着1回と得意にしている舞台。着外の2戦も重賞でそれぞれ4・6着と基本的に大崩れしていないのが何よりの証拠だ。血統的にも大レースでの一発はあるタイプで、激走するならそろそろこの辺りだろう。
via google imghp
 

【ロンギングダンサー 激走期待度 ★★★】 (想定11番人気)

 
マジェスティハーツ 牡6歳

マジェスティハーツ 牡6歳

父馬:ハーツクライ
母馬:エアラホーヤ
母父:ボストンハーバー
所属:松永昌博(栗東)
生産:藤原牧場(新ひだか町)
馬主:ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン

【激走ポイント】
もう1頭の新潟巧者がマジェスティハーツ。今回はベスト条件の2000mに加え、鞍上も主戦の森一馬騎手に戻ってようやく本領発揮といった所。元々ムラ駆けの多い馬だけにアテにはしづらいが、本気で走ればまとめて差し切れるだけの潜在能力があるのは間違いない。ハマるかどうか。
via google imghp
 

【マジェスティハーツ 激走期待度 ★★】 (想定12番人気)

 

まとめ

 
以上、各レースにおける穴馬のピックアップでした。

一応、穴馬の定義として6番人気以下という括りのもとでオススメさせて頂いておりますが、あくまで金曜日段階での想定人気となります。実際の当日に反映される順とは変動もございますので、そちらの点は予めご了承下さい。

さてさて、この中に高配当を演出してくれる伏兵は潜んでいるのでありましょうか??結果を乞うご期待!!

関連記事

関連タグ

著者