①ラベンダーヴァレイ|土曜京都9R 祇園特別

 
ラベンダーヴァレイ 牝4歳

ラベンダーヴァレイ 牝4歳

父馬:ディープインパクト
母馬:クロウキャニオン
母父:フレンチデピュティ
所属:藤原英昭厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:金子真人ホールディングス
via google imghp
 

2016年03月05日 チューリップ賞 芝1600m 阪神競馬場

1着:シンハライト(池添)
2着:ジュエラー(デムーロ)
3着:ラベンダーヴァレイ(戸崎)

タイム:1:32.8
レース上がり3ハロン:33.9
勝ち馬上がり3ハロン:33.0
 
【ラベンダーヴァレイ】
カミノタサハラやマウントシャスタの下でクロウキャニオン一族。前走の秋華賞の他、惨敗しているレースはどれも重馬場で軽いビュッとした脚を使える芝ではまだ凡走は無い。特に昨年のチューリップ賞では真犯人&ジュエラー相手に善戦しており、マイル前後ならオープンクラスの能力を持つ。この1000万下戦では先ず間違いなく馬券圏内に入る走りは見せてくれる筈だ。
 

②インウィスパーズ|土曜京都10R 若駒S

 
インウィスパーズ 牡3歳

インウィスパーズ 牡3歳

父馬:ディープインパクト
母馬:サムワントゥラブ
母父:シンボリクリスエス
所属:音無秀孝厩舎(栗東)
生産:日高大洋牧場(日高町)
馬主:金子真人ホールディングス
via google imghp
 

2016年12月24日 新馬戦 芝1800m 阪神競馬場

1着:インウィスパーズ(ルメール)
2着:アドマイヤアゼリ(福永)
3着:ハギノアレス(デムーロ)

タイム:1.49.4
レース上がり3ハロン:35.0
勝ち馬上がり3ハロン:34.8
 
【インウィスパーズ】
新馬戦では評判馬のアドマイヤアゼリ以下を子供扱いにする完勝。今季の金子真人氏所有の中では恐らく1番馬にあたるであろうインウィスパーズの2戦目に注目だ。血統的にも2000m以上で先行からしぶとく脚を伸ばす形が良いだろう。若駒Sは少頭数だけにペースが落ち着きやすく33秒台前半のキレ勝負となるケースが多いので、そうならない為にも中盤辺りから動いて自分でレースを作るつもりの競馬を試みたい。
 

③マーブルケーキ|土曜中山10R 初茜賞

 
マーブルケーキ 牝6歳

マーブルケーキ 牝6歳

父馬:キングカメハメハ
母馬:シラユキヒメ
母父:サンデーサイレンス
所属:萩原清厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:金子真人ホールディングス
via google imghp
 

2015年07月26日 3歳上500万下 ダート1700m 福島競馬場

1着:マーブルケーキ(北村宏)
2着:エグランティエ(吉田豊)
3着:カナラズカナラズ(木幡初)

レースタイム:1.45.2(良)
レース上がり3ハロン:39.3
勝ち馬上がり3ハロン:39.2
 
【マーブルケーキ】
近走の成績はいっこうに奮わないが、昨日に妹のブチコ引退が発表されたばかり。先週にシロニイは自己条件戦を2着に好走したが、姉のマーブルケーキもこのタイミングでの激走があって良い。少々オカルト的な話にはなるが、血の覚醒と言う観点から考えると個人的には走って欲しいと願うばかり。競馬はロマン、その体現をシラユキヒメ一族で成し遂げてくれはしないだろうか。
 

④イチダイ|土曜中山12R 4歳上500万下

 
イチダイ 牡4歳

イチダイ 牡4歳

父馬:シンボリクリスエス
母馬:テンイムホウ
母父:ラムタラ
所属:柄崎孝厩舎(美浦)
生産:辻牧場(浦河町)
馬主:合同会社三度屋
via google imghp
 

2016年07月17日 南相馬特別 芝2000m 福島競馬場

1着:サンマルティン(戸崎)
2着:イチダイ(大野)
3着:トーセンカナロア(宮崎)

レースタイム:2.01.3(良)
レース上がり3ハロン:34.7
勝ち馬上がり3ハロン:34.0
 
【イチダイ】
元は地方出身で移籍して来たイチダイだが、その中央での成績が10戦して2着7回3着3回と言う全て馬券圏内に入る安定感。勝ち切れないと言えばそれまでだが、中にはサンマルティンと接戦するなど骨っぽい相手とも十分に互角の勝負をしている。さすがに500万クラスなら地力が上位だろうし、余程の事が無いと崩れはしない筈。3連複、単の馬券では軸候補として最も適任の1頭だ。
 

⑤サプルマインド|日曜中京10Rの 庄内川特別

 
サプルマインド 牝4歳

サプルマインド 牝4歳

父馬:ディープインパクト
母馬:シリアスアティテュード
母父:Mtoto
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:社台レースホース
 

2015年08月23日 新馬戦 芝1600m 新潟競馬場

1着:サプルマインド(デムーロ)
2着:コルコバード(北村宏)
3着:サバイバルポケット(伊藤)

レースタイム:1.36.0(良)
レース上がり3ハロン:33.4
勝ち馬上がり3ハロン:32.5
 
【サプルマインド】
新馬戦では素質馬コルコバード相手に32秒台の脚を使って楽勝した逸材。その後、成績不振が続いているがキッカケひとつで一気にトップクラスまで上がれる器だけに圧勝まで考えておいた方が良いだろう。特に人気しやすい血統とキャラクターだけに、逆に人気が落ちた所が本当の買い時でもある。中京コースは合っていると見られ、久々でもいきなりからやれると判断。
 

まとめ

 
以上、今週の注目馬5頭のピックアップでした。

若駒Sでのインウィスパーズの走りに期待。強敵と見られたヴァナヘイムが出走回避したとの事で、5頭立ての競馬となるがここで足踏みしている訳には行かない。クラシックまで一気に駆け上がる為にも、新馬戦同様に余裕残しの楽勝している映像をご覧頂けるのではないだろうか。

後は庄内川特別のサプルマインドは久々でもかなり自信の1頭。能力は間違いなくオープンレベルのモノを持っているので、休養で立て直しての復帰戦は是が非でも勝っておきたい所。仕上げに定評のある藤原英厩舎ならそうそう抜かりは無い。休み明けが嫌われるのであれば妙味も生まれる。

関連記事

関連タグ

著者