馬体診断

 
スカーレットレディ2014 ♀ (馬名:スプレンダークラン)

スカーレットレディ2014 ♀ (馬名:スプレンダークラン)

父馬:ルーラーシップ
母馬:スカーレットレディ
母父:サンデーサイレンス
所属:池添学厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング
via google imghp
 
名牝スカーレットレディに新種牡馬のルーラーシップ。父の産駒はどれも筋骨隆々のガッチリ体型が多いが、本馬もそれに漏れず厚みのある馬体。但し、クビ差しが細長く全体的にシャープな線も残しつつあるので芝でのキレも十分に感じさせる。母の産駒の傾向通り、芝・ダート兼用のタイプだろう。
 

血統構成

 
ルーラーシップ キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
エアグルーヴ トニービン カンパラ
Severn Bridge
ダイナカール ノーザンテースト
シャダイフェザー
スカーレットレディ サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
スカーレットローズ ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
スカーレットインク Crimson Satan
Consentida


 

兄弟馬

 
サカラート 牡

サカラート 牡

父馬:アフリート
母馬:スカーレットレディ
母父:サンデーサイレンス
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング

通算成績:51戦9勝(9-6-9-27)
主な勝鞍:マーキュリーC、日本テレビ盃、ブリーダーズゴールドC、東海Sなど
via google imghp
 
ヴァーミリアン 牡

ヴァーミリアン 牡

父馬:エルコンドルパサー
母馬:スカーレットレディ
母父:サンデーサイレンス
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング

通算成績:34戦15勝(15-5-1-13)
主な勝鞍:川崎記念、JBCクラシック、帝王賞、フェブラリーS、東京大賞典、ジャパンカップダート、ラジオたんぱ杯2歳Sなど
via google imghp
 
キングスエンブレム 牡

キングスエンブレム 牡

父馬:ウォーエンブレム
母馬:スカーレットレディ
母父:サンデーサイレンス
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング

通算成績:27戦6勝(6-3-3-15)
主な勝鞍:シリウスS、すみれSなど
via google imghp
 
ソリタリーキング 牡

ソリタリーキング 牡

父馬:キングカメハメハ
母馬:スカーレットレディ
母父:サンデーサイレンス
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング

通算成績:44戦9勝(9-8-6-21)
主な勝鞍:マーキュリーC、日本テレビ盃、東海Sなど
via google imghp
 

近親馬

 
ダイワメジャー 牡

ダイワメジャー 牡

父馬:サンデーサイレンス
母馬:スカーレットブーケ
母父:ノーザンテースト
所属:上原博之厩舎(美浦)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:大城敬三

通算成績:28戦9勝(9-4-5-10)
主な勝鞍:皐月賞、安田記念、マイルCS、天皇賞秋など
via google imghp
 
ダイワスカーレット 牝

ダイワスカーレット 牝

父馬:アグネスタキオン
母馬:スカーレットブーケ
母父:ノーザンテースト
所属:松田国英厩舎(栗東)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:大城敬三

通算成績:12戦8勝(8-4-0-0)
主な勝鞍:桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯、有馬記念など
via google imghp
 

血統評価:4.5pt

 
超繁栄ファミリーで母父SS。兄姉重賞馬多数。ハズレも少ないので牝馬でもOKであれば芝でやれるかはおいておいてダートなら活躍は約束されているか。
 

前評判

 
管理予定の池添学調教師曰く、「とても乗り味が柔らかいですね。血統的にはダート向きかも知れませんが、決して芝がダメという事もなさそう。いずれも視野に入れて、秋以降のデビューを待ちます。まだ少し小柄なので成長を促してからになると思います」と、慎重的なコメントが目立った。それだけ期待しているという事だろう。デビュー戦の馬場に注目だ。
 

馬名の由来

 

スプレンダークラン

 
【意味】…華麗なる一族

兄弟・近親を見てもお分かりの通り、日本競馬を代表する繁栄ファミリーのスカーレット一族。この名前がつけられても何の文句も異論もありません。後は、これらに名を連ねる活躍が出来るかどうかだけ。
 

編集部内の評価

 
確かに血統的なコンテンツは豪華だが、では果たして本馬がPOG向きなのかと言えば疑問符がつく。兄弟でも強いて挙げれば、ヴァーミリアンがラジオたんぱ杯2歳Sを勝った程度で後は全て古馬になってからダート路線での活躍だ。この傾向ばっかりは突然変異でどうこうなるものでは無し。静観で。(田中)
 
そう彼女は絶対ダート馬でしょ。上は活躍馬多いので鉄板繁殖ではあるがPOGとなると芝早熟を求めるのでこれは微妙。さらにルーラーシップっていうまたパワー系なのでパス。(大川)

関連記事

関連タグ

著者