フェブラリーステークス

 

2019年2月17日 フェブラリーステークス ダート1600m 東京競馬場

1着=インティ 牡5 57kg (武豊)
2着=ゴールドドリーム 牡6 57kg (C.ルメール)
3着=ユラノト 牡5 57kg (福永祐一)
4着=モーニン 牡7 57kg (和田竜二)
5着=コパノキッキング セ4 57kg (藤田菜七子)

レースタイム=1:35.6(良)
レース上がり3ハロン=35.4
勝ち馬上がり3ハロン=35.4
 
1番人気に支持されたインティが好スタートから楽々とハナを切る展開。武豊騎手騎乗という事もあってか、誰も競りかけず悠々とマイペースでの単騎逃げとなった。後続集団も馬群が一塊となっての追走、決め手勝負の1戦の中で手応え抜群のまま4コーナーを回るインティ。直線でもグングン加速すると早くも半ばで独走態勢に。それを阻止すべく2番人気のゴールドドリームがゴール前で一気に迫るも、ラストはインティがクビ差振り切って7連勝でGIタイトルを制覇。3着にインで上手く立ち回ったユラノトが入線。大注目のコパノキッキング×藤田菜七子騎手は大外から懸命に追い込むも5着に上がるのが精一杯だった。
 

高松宮記念

 

2019年3月24日 高松宮記念 芝1200m 中京競馬場

1着=ミスターメロディ 牡4 57kg (福永祐一)
2着=セイウンコウセイ 牡6 57kg (幸英明)
3着=ショウナンアンセム 牡6 57kg (藤岡康太)
4着=ダノンスマッシュ 牡4 57kg (北村友一)
5着=ティーハーフ 牡9 57kg (国分優作)

レースタイム=1:07.3(良)
レース上がり3ハロン=34.1
勝ち馬上がり3ハロン=33.6
 
逃げると思われたモズスーパーフレアがよもやの立ち遅れでスタート。それでも外から強引にハナを奪って行くも、さすがに初GⅠでその展開は息も入らず厳しい展開となった。直線に入って番手のセイウンコウセイが一気に抜け出すと、外から1番人気ダノンスマッシュが襲い掛かるも半ばで脱落。代わって先頭へ浮上したのは内からソツなくレースを進めたミスターメロディだった。そこから最後まで伸び切って粘るセイウンコウセイを振り切りGⅠ初優勝。3着にブービー人気のショウナンアンセムが入って、3連単で何と400万円オーバーの大万馬券が炸裂した。
 

大阪杯

 

2019年3月31日 大阪杯 芝2000m 阪神競馬場

1着=アルアイン 牡4 57kg (北村友一)
2着=キセキ 牡5 57kg (川田将雅)
3着=ワグネリアン 牡4 57kg (福永祐一)
4着=マカヒキ 牡6 57kg (岩田康誠)
5着=エアウィンザー 牡5 57kg (浜中俊)

レースタイム=2:01.0(良)
レース上がり3ハロン=35.5
勝ち馬上がり3ハロン=35.2
 
よもやの超スローペースを演出したエポカドーロ、番手に控えたキセキといきなり前半から番狂わせの展開となった1戦。馬群も集団を形成、しかしながら馬場は上がりがかかるタフな条件であった。その中で俄然輝いたのは、先行集団の一角に位置したアルアイン。直線では内からスルスルと抜け出しキセキをかわすと、最後までしっかりとした脚取りで駆け抜け久々の勝利を飾った。一昨年の皐月賞以来となるGⅠタイトル2勝目をゲット。1番人気ブラストワンピースは後手の競馬で外々を回らせ6着にあがるのが精一杯の結果となった。
 

桜花賞

 

2019年4月7日 桜花賞 芝1600m 阪神競馬場

1着=グランアレグリア 牝3 55kg (C.ルメール)
2着=シゲルピンクダイヤ 牝3 55kg (和田竜二)
3着=クロノジェネシス 牝3 55kg (北村友一)
4着=ダノンファンタジー 牝3 55kg (川田将雅)
5着=ビーチサンバ 牝3 55kg (福永祐一)

レースタイム=1:32.7(良)
レース上がり3ハロン=33.3
勝ち馬上がり3ハロン=33.3
 
プールヴィルが大外から積極的にハナを主張、そこからグッと流れを落として前半の3Fが35秒台のスローペースで展開した。3番手に位置したグランアレグリアが上手く流れに乗せ、4コーナーの入りからほぼ先頭へ並びかける形で一気に動いて行った。後続もそれに合わせて進出するも、そのまま直線で上がり33秒3の脚を繰り出したグランアレグリアが後続に何もさせない圧勝劇を飾り一冠目を制覇。2着にシゲルピンクダイヤ、3着はクロノジェネシスが入線している。期待されたダノンファンタジーは精彩を欠いて4着に敗れた。
 

皐月賞

 

2019年4月14日 皐月賞 芝2000m 中山競馬場

1着=サートゥルナーリア 牡3 57kg (C.ルメール)
2着=ヴェロックス 牡3 57kg (川田将雅)
3着=ダノンキングリー 牡3 57kg (戸崎圭太)
4着=アドマイヤマーズ 牡3 57kg (M.デムーロ)
5着=クラージュゲリエ 牡3 57kg (横山典弘)

レースタイム=1:58.1(良)
レース上がり3ハロン=34.7
勝ち馬上がり3ハロン=34.1
 
内からランスオブプラーナが果敢にハナを主張するも、そうはさせじとダディーズマインドが番手で競りかける展開。ペースは自然と速くなるが、各馬それを見越した上で前を積極的に追走して馬群はひと塊のまま向正面へ。徐々に後続も押し寄せて来ると、ヴェロックスが積極的に仕掛けて行っての直線入り口で先頭へ。しかし、サートゥルナーリアが外から強引にかわして行くと、最後は内から迫るダノンキングリーとの三つ巴の争いとなり3頭が同時にゴールイン。しかし、僅かに勢いが勝ったサートゥルナーリアの優勝で第一冠の幕は閉じた。
 

天皇賞春

 

2019年4月28日 天皇賞春 芝3200m 京都競馬場

1着=フィエールマン 牡4 58kg (C.ルメール)
2着=グローリーヴェイズ 牡4 58kg (戸崎圭太)
3着=パフォーマプロミス 牡7 58kg (北村友一)
4着=エタリオウ 牡4 58kg (M.デムーロ)
5着=ユーキャンスマイル 牡4 58kg (岩田康誠)

レースタイム=3:15.0(良)
レース上がり3ハロン=34.5
勝ち馬上がり3ハロン=34.5
 
ヴォージュが逃げ、ロードヴァンドール、メイショウテッコンなどの逃げ馬が続く前に取っては厳しい展開。長距離戦には珍しく、前半から淀みない流れで前半1000mは59秒台のハイラップを刻んで行った。途中中緩みはあったものの、坂を駆け上がってから一気に後続が進出しまたも後傾ラップを刻む。その中で中団から一気に前を捉えに行ったフィエールマンが、外から一緒に上がって来たグローリーヴェイズとの直線一騎打ちをあっさりと制して菊花賞に続く長距離GⅠ連勝を飾った。6馬身離れた3着にパフォーマプロミスと、社台系のクラブが上位を独占する形で決着。
 

NHKマイルカップ

 

2019年5月6日 NHKマイルカップ 芝1600m 東京競馬場

1着=アドマイヤマーズ 牡3 57kg (M.デムーロ)
2着=ケイデンスコール 牡3 57kg (石橋脩)
3着=カテドラル 牡3 57kg (B.アヴドゥラ)
4着=ダノンチェイサー 牡3 57kg (川田将雅)
5着=グランアレグリア 牝3 55kg (C.ルメール)※4着から降着

レースタイム=1:32.4(良)
レース上がり3ハロン=34.6
勝ち馬上がり3ハロン=33.9
 
内からイベリス、プールヴィル、クリノガウディーが先手を主張、少し控えてワイドファラオ、そしてグランアレグリアが追走する形となった前半戦の攻防。馬群自体は縦長も有力勢は前目の位置で競馬をし、勝負どころで一気に上がって行くレース運びで直線コースへ。途中から馬群に閉じ込められたグランアレグリアが直線行き所を失って外目に出すもリズムを崩して伸び切れず。代わりに大外からアドマイヤマーズが一気の末脚を使い見事な差し切り勝ちで快勝。朝日杯フューチュリティステークスに続いて2つ目のGⅠタイトルを獲得した。グランアレグリアは結果、5着に降着処分を受けている。
 

ヴィクトリアマイル

 

2019年5月13日 ヴィクトリアマイル 芝1600m 東京競馬場

1着=ノームコア 牝4 55kg (D.レーン)
2着=プリモシーン 牝4 55kg (福永祐一)
3着=クロコスミア 牝6 55kg (戸崎圭太)
4着=ラッキーライラック 牝4 55kg (石橋脩)
5着=アエロリット 牝5 55kg (横山典弘)

レースタイム=1:30.5(良)※レコード
レース上がり3ハロン=34.2
勝ち馬上がり3ハロン=33.2
 
行く気を見せたアマルフィコーストを強引に制しアエロリットが単独のハナへ。一気にペースを上げて行くと速い流れで後続を牽引。33秒台の入りでいささか無理な配分とも思われたが、そこを付いて行った1番人気ラッキーライラックが早めに仕掛けて行きつつ直線コースへ。それでもコース替わりで前有利の馬場状態もあり、暫くはラッキーライラックなどが先頭をキープするも、外から伸びたノームコアがまとめてかわして先頭に立つ。そこに後方から追い込んだプリモシーンが並びかけ叩き合いとなるも、最後はノームコアがクビ差振り切って快勝。D.レーン騎手と共にGⅠ初タイトルを獲得した。3着にクロコスミアが入って17万円オーバーの馬券が飛び出した。
 

オークス(優駿牝馬)

 

2019年5月20日 オークス 芝2400m 東京競馬場

1着=ラヴズオンリーユー 牝3 55kg (M.デムーロ)
2着=カレンブーケドール 牝3 55kg (津村明秀)
3着=クロノジェネシス 牝3 55kg (北村友一)
4着=ウィクトーリア 牝3 55kg (戸崎圭太)
5着=ダノンファンタジー 牝3 55kg (川田将雅)

レースタイム=2:22.8(良)※レコード
レース上がり3ハロン=35.3
勝ち馬上がり3ハロン=34.2
 
最内枠のジョディーがハナに、番手にコントラチェック、3番手にエールヴォアと戦前の想定通りという展開で隊列はすんなり決まった前半。唯一の予想外はジョディーが1000m59秒1というハイペースで逃げ、先行勢にとってはかなり厳しい流れになった点だろう。直線に向いてコントラチェックは早々に後退、代わってクロノジェネシスが抜け出しにかかるも中団で脚を溜めたカレンブーケドールがあっさりとかわして先頭に。そのまま押し切るかに見えたが、更に大外から1番人気ラヴズオンリーユーがゴール前で強襲、最後にグイッともうひと伸びしてクビ差かわし無敗の4連勝でオークス勝利を飾った。
 

日本ダービー(東京優駿)

 

2019年5月26日 日本ダービー 芝2400m 東京競馬場

1着=ロジャーバローズ 牡3 57kg (浜中俊)
2着=ダノンキングリー 牡3 57kg (戸崎圭太)
3着=ヴェロックス 牡3 57kg (川田将雅)
4着=サートゥルナーリア 牡3 57kg (D.レーン)
5着=ニシノデイジー 牡3 57kg (勝浦正樹)

レースタイム=2:22.6(良)※レコード
レース上がり3ハロン=35.9
勝ち馬上がり3ハロン=35.1
 
外枠のリオンリオンが追って追ってハナを主張、勢いを付けて行った事から前半は一人旅の大逃げとなった。離れた2番手にロジャーバローズ、3番手サトノルークスが続き、有力馬はその後ろにダノンキングリー、ヴェロックス、そして出遅れたサートゥルナーリアという形で縦長の隊列を組む流れに。4コーナーで早めに仕掛けていったロジャーバローズが直線で早々の先頭へ、リードを作って残り200m。ダノンキングリーの猛追をゴール前でクビ差振り切り12番人気ながら波乱の勝利を呼んだ。ヴェロックス3着、圧倒的1番人気サートゥルナーリアは4着に終わっている。
 

安田記念

 

2019年6月2日 安田記念 芝1600m 東京競馬場

1着=インディチャンプ 牡4 58kg (福永祐一)
2着=アエロリット 牝5 56kg (戸崎圭太)
3着=アーモンドアイ 牡4 56kg (C.ルメール)
4着=グァンチャーレ 牡7 58kg (池添謙一)
5着=サングレーザー 牡5 58kg (岩田康誠)

レースタイム=1:30.9(良)
レース上がり3ハロン=33.9
勝ち馬上がり3ハロン=32.9
 
スタートで内から先手を主張したアエロリット、グァンチャーレが二番手、その直後にインディチャンプが付ける展開。一方、人気のアーモンドアイとダノンプレミアムは大外のロジクライが斜行をした煽りで後方からの競馬となった。平均ペースで行けたアエロリットが余力十分のまま直線コースへ。インディチャンプが馬場の真ん中、アーモンドアイが大外へ回していざキレ味勝負に。アエロリットが懸命に粘り込みを図るも、想像以上に楽な形でインディチャンプが捉えると、最後はアーモンドアイも外から迫り3頭が横並びでゴール。一歩前に出たインディチャンプが、2頭を抑えて見事初GⅠ制覇を達成した。ダノンプレミアムは最下位入線後、途中で下馬したが幸い故障は無し。
 

宝塚記念

 

2019年6月23日 宝塚記念 芝2200m 阪神競馬場

1着=リスグラシュー 牝5 56kg (D.レーン)
2着=キセキ 牡5 58kg (川田将雅)
3着=スワーヴリチャード 牡5 58kg (M.デムーロ)
4着=アルアイン 牡5 58kg (北村友一)
5着=レイデオロ 牡5 58kg (C.ルメール)

レースタイム=2:10.8(良)
レース上がり3ハロン=35.3
勝ち馬上がり3ハロン=35.2
 
少し立ち遅れたキセキが押して押してハナへ。そこに大外からスッとリスグラシューが2番手に付けると後は平均的な流れで各馬思い思いの立ち位置でレースを進めて行った。4コーナーでも手応え十分の形で前の2頭がペースをあげて行くと、最後はリスグラシューがあっさりと突き抜け2着キセキに3馬身差を付ける内容の勝利でGⅠ2タイトル目を獲得。3着にスワーヴリチャードと前に行った組で上位決着となった。期待されたレイデオロはドバイ帰りの影響なのか内枠で地味な走りを見せ、あっけなく5着におわっている。
 

スプリンターズステークス

 

2019年9月29日 スプリンターズステークス 芝1200m 中山競馬場

1着=タワーオブロンドン 牡4 57kg (C.ルメール)
2着=モズスーパーフレア 牝4 55kg (松若風馬)
3着=ダノンスマッシュ 牡4 57kg (川田将雅)
4着=ミスターメロディ 牡4 57kg (福永祐一)
5着=レッツゴードンキ 牝7 55kg (岩田康誠)

レースタイム=1:07.1(良)
レース上がり3ハロン=34.3
勝ち馬上がり3ハロン=33.5
 
モズスーパーフレアが想定通りの単騎ハナだったが、競りかける様にしてマルターズアポジーが併走しての序盤戦だったが入りは32秒台のハイペース。人気のダノンスマッシュがモタモタしている間に、タワーオブロンドンが中団から外々を回って一気に前を射程圏内に。直線コースでは1頭だけ別次元の脚で粘るモズスーパーフレアを追い上げ、ゴール前は測ったかの様に差し切って見せた。これで初のGⅠタイトル獲得と共に、スプリント王者の新政権始まりを告げる1戦だった。
 

秋華賞

 

2019年10月13日 秋華賞 芝2000m 京都競馬場

1着=クロノジェネシス 牝3 55kg (北村友一)
2着=カレンブーケドール 牝3 55kg (津村明秀)
3着=シゲルピンクダイヤ 牝3 55kg (和田竜二)
4着=シャドウディーヴァ 牝3 55kg (松山弘平)
5着=ビーチサンバ 牝3 55kg (福永祐一)

レースタイム=1:59.9(稍重)
レース上がり3ハロン=36.4
勝ち馬上がり3ハロン=36.1
 
想定外のビーチサンバが逃げ、競りかける様にしてコントラチェックが番手に付け秋華賞では恒例のハイペースとなった1戦。縦長の隊列の中である程度、有力勢が前でレースを運ぶ中抜群の手応えで外から上がって行ったクロノジェネシスが直線入り口で早々に先頭へ。そこから一気に後続を突き放すと、春の悔しさを晴らすリベンジに成功し最後の一冠を手中に収めた。オークスに続きカレンブーケドールが2着、シゲルピンクダイヤが3着に入線している。1番人気ダノンファンタジーは馬場が合わなかったのか8着に惨敗となった。
 

菊花賞

 

2019年10月20日 菊花賞 芝3000m 京都競馬場

1着=ワールドプレミア 牡3 57kg (武豊)
2着=サトノルークス 牡3 57kg (福永祐一)
3着=ヴェロックス 牡3 57kg (川田将雅)
4着=ディバインフォース 牡3 57kg (横山典弘)
5着=メロディーレーン 牝3 55kg (坂井瑠星)

レースタイム=3:06.0(良)
レース上がり3ハロン=36.2
勝ち馬上がり3ハロン=35.8
 
想定外のカウディーリョが逃げ、レース直後から完全なスローペースの展開。ヴェロックス、ワールドプレミアなどの有力勢は前目、ニシノデイジーは後方からの競馬となった。1000m、2000m通過が共に62秒台というゆったりとした流れで直線での決め手勝負の様相、4コーナーでそれを嫌ったヴェロックスが早めに仕掛けて先頭へ立つ勢いの仕掛けを見せた。その直後をスッと付いて行ったワールドプレミアが、直背コースへ入ってインから抜け出すとスルスル抜け出していつの間にか先頭へ。そこから外を伸びて来たサトノルークスの追撃をクビ差振り切って見事クラシック最後の一冠を手中に収めた。
 

天皇賞秋

 

2019年10月27日 天皇賞秋 芝2000m 東京競馬場

1着=アーモンドアイ 牝4 56kg (C.ルメール)
2着=ダノンプレミアム 牡4 58kg (川田将雅)
3着=アエロリット 牝5 56kg (戸崎圭太)
4着=ユーキャンスマイル 牡4 58kg (岩田康誠)
5着=ワグネリアン 牡4 58kg (福永祐一)

レースタイム=1:56.2(良)
レース上がり3ハロン=34.3
勝ち馬上がり3ハロン=33.8
 
戦前の予想通り、アエロリットが単騎の逃げ。番手にスティッフェリオ、その直後にサートゥルナーリア、アーモンドアイ、ダノンプレミアムが並び先行勢に有力馬が集まる展開となった。勝負どころでダノンプレミアムが外から早めに仕掛けて行くと、直線入り口ではその3頭が一斉にGOサイン。ダノンプレミアムがアエロリットを競り落としているのを横目に、内からあっさりと突き抜けたアーモンドアイが3馬身差を付ける内容で圧勝。これでGⅠタイトルを6に伸ばした。サートゥルナーリアは直線半ばで脚があがって6着に敗退している。
 

エリザベス女王杯

 

2019年11月10日 エリザベス女王杯 芝2200m 京都競馬場 

1着=ラッキーライラック 牝4 56kg (C.スミヨン)
2着=クロコスミア 牝6 56kg (藤岡佑介)
3着=ラヴズオンリーユー 牝3 54kg (M.デムーロ)
4着=センテリュオ 牝4 56kg (C.ルメール)
5着=クロノジェネシス 牝3 54kg (北村友一)

レースタイム=2:14.1(良)
レース上がり3ハロン=34.6
勝ち馬上がり3ハロン=32.8
 
クロコスミアがハナを奪って1000m=62秒8のスローペースで流れた1戦。想定外のラヴズオンリーユーが2番手から追走、その他の有力馬も先行集団の中でレースを進めて行くも4コーナーで再度クロコスミアが加速してリードを引き離しつつ直線コースに入って行った。各馬一斉にGOサインを出すも前との差は詰まらず、唯1頭だけ別次元の脚でインを突き抜けて来たラッキーライラックがあっさりと全頭かわして一気に1着でゴール。2歳女王がくすぶっていたシーズンを乗り越え、GⅠタイトル2勝目を飾った。
 

マイルチャンピオンシップ

 

2019年11月17日 マイルチャンピオンシップ 芝1600m 京都競馬場

1着=インディチャンプ 牡4 57kg (池添謙一)
2着=ダノンプレミアム 牡4 57kg (川田将雅)
3着=ペルシアンナイト 牡5 57kg (O.マーフィー)
4着=マイスタイル 牡5 57kg (田中勝春)
5着=ダノンキングリー 牡3 56kg (横山典弘)

レースタイム=1:33.0(良)
レース上がり3ハロン=34.2
勝ち馬上がり3ハロン=33.9
 
マイスタイルが他馬を制してハナに立つも比較的ペースは落ち着いて前有利の流れとなった。外から早々にダノンプレミアムが進出して行くと、最内ダノンキングリー、間にいたインディチャンプをそれに合わせて動いて行った4コーナーから直線入り口での動き。そこから一気に前へ出たダノンプレミアムが早め先頭から押し切る態勢に入ったものの、それに軽く馬なりで並びかけ残り1FでGOサインを出したインディチャンプがあっさりと突き放してマイルチャンピオンシップを制覇。見事マイルGⅠの春秋連覇を達成、乗り替わりの池添謙一騎手も素晴らしい騎乗でその期待に応えて見せた。3着には3年連続の好走が光ったペルシアンナイトが入線。3歳馬ダノンキングリーは5着に敗れている。

関連記事

関連タグ

著者