第1位 2015年のヴィクトリアマイル=2070万5810円

 

2015年05月17日 ヴィクトリアマイル 芝1600m 東京競馬場

1着=ストレイトガール (戸崎圭太) 5番人気
2着=ケイアイエレガント (吉田豊) 12番人気
3着=ミナレット (江田照男) 18番人気

3連複=2,860,480円
3連単=20,705,810円
 

第2位 2008年の秋華賞=1098万2020円

 

2008年10月19日 秋華賞 芝2000m 京都競馬場

1着=ブラックエンブレム (岩田康誠) 11番人気
2着=ムードインディゴ (福永祐一) 8番人気
3着=プロヴィナージュ (佐藤哲三) 16番人気

3連複=1,869,680円
3連単=10,982,020円
 

第3位 2007年のNHKマイルカップ=973万9870円

 

2007年05月06日 NHKマイルカップ 芝1600m 東京競馬場

1着=ピンクカメオ (内田博幸) 17番人気
2着=ローレルゲレイロ (藤田伸二) 1番人気
3着=ムラマサノヨートー (小林淳一) 18番人気

3連複=1,221,770円
3連単=9,739,870円
 

第4位 2008年の桜花賞=700万2920円

 

2008年04月13日 桜花賞 芝1600m 阪神競馬場

1着=レジネッタ (小牧太) 12番人気
2着=エフティマイア (蛯名正義) 15番人気
3着=ソーマジック (後藤浩輝) 5番人気

3連複=778,350円
3連単=7,002,920円
 

第5位 2012年の阪神JF=304万7070円

 

2012年12年9日 阪神ジュベナイルフィリーズ 芝1600m 阪神競馬場

1着=ローブティサージュ (秋山真一郎) 5番人気
2着=クロフネサプライズ (柴山雄一) 15番人気
3着=レッドセシリア (三浦皇成) 10番人気

3連複=490,320円
3連単=3,047,070円
 

第6位 2018年の日本ダービー=285万6300円

 

2018年05月27日 日本ダービー 芝2400m 東京競馬場

1着=ワグネリアン (福永祐一) 5番人気
2着=エポカドーロ (戸崎圭太) 4番人気
3着=コズミックフォース (石橋脩) 16番人気

3連複=521,600円
3連単=2,856,300円
 

第7位 2006年のスプリンターズS=263万7570円

 

2006年10月01日 スプリンターズステークス 芝1200m 中山競馬場

1着=テイクオーバーターゲット (J.フォード) 1番人気
2着=メイショウボーラー (福永祐一) 10番人気
3着=タガノバスティーユ (池添謙一) 16番人気

3連複=569,750円
3連単=2,637,570円
 

第8位 2009年のNHKマイルカップ=238万1660円

 

2009年05月10日 NHKマイルカップ 芝1600m 東京競馬場

1着=ジョーカプチーノ (藤岡康太) 10番人気
2着=レッドスパーダ (横山典弘) 5番人気
3着=グランプリエンゼル (内田博幸) 13番人気

3連複=318,540円
3連単=2,381,660円
 

第9位 2007年のヴィクトリアマイル=228万3960円

 

2007年05月13日 ヴィクトリアマイル 芝1600m 東京競馬場

1着=コイウタ (松岡正海) 12番人気
2着=アサヒライジング (柴田善臣) 9番人気
3着=デアリングハート (藤田伸二) 8番人気

3連複=235,020円
3連単=2,283,960円
 

第10位 2007年の日本ダービー=215万5760円

 

2007年05月27日 日本ダービー 芝2400m 東京競馬場

1着=ウォッカ (四位洋文) 3番人気
2着=アサクサキングス (福永祐一) 14番人気
3着=アドマイヤオーラ (岩田康誠) 4番人気

3連複=248,790円
3連単=2,155,760円
 

まとめ

 
如何でしょうか??ここで、筆者が気づいた共通点を何個か記しておきます。

・10レース中7レースが1600m以下
・基本的に牝馬限定戦が多く、混合戦においても高配当の片棒を担いでいるのは牝馬
・高配当とは言え、全レースで1頭以上はひと桁台の人気馬が絡んでいる

やはり、女は馬も気まぐれなんでしょうか。不人気でも気分が乗れば好走しちゃう勝手さが人間とダブります。短距離+牝馬=ヴィクトリアマイルが高配当の1位というのも凄く納得出来ますね。

リアルな所ではひと桁台の人気馬が来ている辺り、3連複系の軸馬を選ぶ事に関してはそんなに難しくなさそうです。後は、それと下位人気でムラ駆けしそうな牝馬をヒモに入れて手広く流す、といったパターンがこれらの高配当を狙う上での基本的な買い方になりそうです。

関連記事

関連タグ

著者