10月17日に東京・阪神・新潟で行われた新馬戦全5レースの勝馬は、以下の通りです。


<東京4R>(ダ1300m)

⑫ムーヴ(牡、美浦・池上昌和)

鞍上:菅原明良

タイム:1分20秒0(稍重)

父:ラニ

母:スイートマルセル その父:ワイルドラッシュ

コメント:菅原騎手は「中団でうまく脚をためられました。砂をかぶっても集中していたし、とても競馬しやすかった」とコメント。距離が伸びても対応できそうです。


<東京5R>(芝1400m)

①ペイシャフェリシテ(牝、美浦・高橋裕)

鞍上:武士沢友治

タイム:1分24秒5(稍重)

父:マクフィ

母:ペイシャフェリス その父: スペシャルウィーク

コメント:気性や血統的に短距離が向いていると、武士沢騎手、高橋調教師が共に評価。まだまだ伸びしろがありそうな馬です。


<阪神4R>(ダ1800m)

⑪デリカダ(牝、栗東・吉田直弘)

鞍上:和田竜二

タイム:1分55秒5(稍重)

父:パイロ

母:プロンクスシルバー その父:クロフネ

コメント:和田騎手は「スタートが決まって楽にいいところが取れたし、外からまくられたときもひるむことなく上手に走っていた。息を入れるのも上手だし、センスが良くて脚力もある」とコメントしています。


<阪神5R>(芝1600m)

⑥セルバーグ(牡、栗東・鈴木孝志)

鞍上:和田竜二

タイム:1分35秒6(良)

父:エピファネイア

母:エナチャン その父:キンシャサノキセキ

コメント: 和田騎手は「思ったよりも行きっぷりが良すぎて折り合いが付かなかったけど、あれでよく伸びたなぁと思う」とコメント。折り合いが課題になりそうです。


<新潟5R>(芝1200m)

③ラインアルテア(牡、美浦・武藤善則)

鞍上:秋山稔樹

タイム:1分11秒4(重)

父:ディープブリランテ

母:ヤサカオディール その父:メイショウボーラー

コメント:秋山騎手は「まだ若さを残しているような現状。今後は成長して行って、そのあたりが改善されてくれば」とコメントしています。

関連記事

著者