目次

 

松戸市の着服事件

 
 2015年10月22日、千葉県松戸署は、松戸市役所の男性職員(35)を、
生活保護受給者の銀行口座から約16万円を引き出して着服したとして逮捕した。

 容疑者の男性職員は15年6月、生活保護を受けている男性(65)から
通帳と印鑑を預かり、勝手に引き出して、「競馬や飲食代に使った」と容疑を認めている。
被害者の通帳からは他にも約400万円が引き出されており、警察は余罪についても調べるとのこと。

 容疑者は、10月21日付で懲戒免職されているが、この男、実は、9月にも
同市役所の別の課の職員が旅行のために積み立てた金を盗み、競馬に使った疑いで逮捕されているのだ。

 いやはや、ここまでになると、猛者というか、競馬中毒というか、大の馬券下手というか、
むしろ、どういう人生を歩んで来たかを知りたくなってくる。

 だが、言っておこう。競馬で負けたのだから、全くの他人から盗むのは、最低だ。
同じ競馬ファン、あるいはJRAか、千葉県の船橋競馬の金庫から盗め!
 
 (783)

 

広島市の詐欺事件

 
 2015年10月21日、広島中央署は、競馬必勝情報名目で現金を
だまし取ったとして、福岡県の内装業者(女性・61)=別の詐欺容疑で処分保留=を再逮捕した。

 容疑者の女性は、15年3月下旬~6月中旬に、氏名不詳者と共謀し、
架空の「勝ち馬情報を提供する会社」を名乗り、広島市の男性(70)方に電話をかけた。

 そして、「当社は競馬界の裏の社会とつながっており、必ず儲けることができる」などと言って
金を預けるよう促し、235万円を詐取。そのうち185万円を自身の銀行口座に振り込ませたそうだ。

 「金をおろしたことは間違いないが、だまし取った金だとは知らなかった」と出し子を装って、
容疑を否認しているようだが、架空の情報会社を名乗った時点でアウトだ。

 馬券を当てて、ちゃんと儲けさせてあげたら、被害者も届け出なかったと思うが、
得てして、こういう場合は外れるのである。内装業をしているなら、東京に出てくればいいのに。
東京オリンピックに向けて、けっこう仕事があると思うよ。
 
 (786)

 

磐田市の行方不明事件

 
 2015年10月1日の夕方、1頭の馬が、海岸線の遊歩道を歩いていた!
実は、前日9月30日午後4時頃、静岡県磐田市の無職男性(76)方から、ペットとして飼っていた、
体重約450キロの元競走馬(6歳・牝)が逃走し、行方不明になっていたのだ。

 男性宅は遠州灘の海岸に近くで、その海岸を乗馬しながら散歩するのが日課だった。
なんとも優雅な日課である。この日も散歩に行こうとしたが、装着した鞍がズレて、
馬が驚き、手綱を振り切って逃げちゃったんだって。

 磐田市は1日、安全に考慮して、市立福田小学校と福田中学校を休校にした。その上で
大捜索を行うも、なかなか見つからず、「盗難説」まで出始めていた。
そして、約25時間後の10月1日午後5時半頃、逃走場所から約3・5キロ離れた海岸線の遊歩道で、
静かに佇んでいる馬の姿を近所の夫婦が発見し、警察を通じて飼い主に引き渡された。

 でも、「めでたし、めでたし」とはいかないんだな、これが。男性は、この牝馬を3年前に購入したが、
義務付けられている飼育届を県に提出していなかったんだって。
せめて、競馬ファンのためにも「血統登録」くらいはしておいてよ。

 ところで、6歳牝馬を3年前に購入したということは、3歳で現役引退ということで、
きっと1勝のできなかったはず。さらに、繁殖にも上がらなかったのだから、マイナー血統だったのだろう。

 世間から相手にもされないマイナー血統のサラブレッドが、夕日を浴びながら、
遠州灘で佇んでいる姿。……何とも侘しくて、絵になるなあ。
 
 (789)

関連記事

関連タグ

著者