問題の映像から

 

2017年1月17日 雅S ダート1800m 京都競馬場

1着:コクスイセン(武幸)
2着:サンライズアルブル(ルメール)
3着:ヒロブレイブ(鮫島良)
4着:ブチコ(浜中)
5着:ロードフォワード(デムーロ)
 
1枠1番からの発走となったブチコ。

先入れされ待機時間が長くなる事から、関係者もレース前から若干の不安を抱えていたのは確かだ。それでも、ゲート前で気遣うスタッフの人がなだめる様にして付き添っている間は大人しくしていた。その手が離れた瞬間の約40秒過ぎ辺りにゲートを潜ろうと急に暴れ出すも、事前から警戒していた浜中騎手は振り落とされる事無く何とかその場を死守。しかし、それが原因でゲートを破壊&他馬の安全を確保する為に大外枠発走となってしまったのだ。

動きを見る限り、前年の発走除外となったマリーンC&麦秋S時と全く同じ行動を取っている。これは完全にブチコ自体が条件反射的にしてしまうもので、ちょっとやそっとの訓練では修正出来ないものでは無いだろうか。このレースでも結果、最後はきっちりと追い込んで4着に入線しているので能力は単純にオープンクラス。非常に勿体無い気はするが、もう引退して繁殖生活に入った方が人にも馬にとっても良いのでは…。
 

パドックではこんなに大人しいのに…

 

雅Sのパドックで担当厩務員に甘えるブチコ

 
本来、あの手の暴れる行為をする馬と言うのは普段から激しい気性の持ち主の筈。近々で言えば、宝塚記念で世紀の出遅れをしたゴールドシップはまさにその代表例だろう。大斜行で一躍有名になったエイシンヒカリもパドックでは武豊騎手を振り落とす程の荒々しい馬だった。

それがこの動画ではどうだろう。ブチコはパドックだと暴れるどころか、引き手の厩務員にずっと頭を撫で付けて甘えっ放しではないか。何と愛らしい姿。こんなに可愛くて大人しい馬が突如としてあのゲート内で起こす暴走は、人間に例える所のパニック症候群に近い症状と言える。若しくは閉所恐怖症とも見られ、それらはゲートの練習で修復出来るものでは断じて無い。

その場合、人間ですら長期カウンセリングを受けて少しずつ精神から改善して行くものであり、絶対的に必要なものは言葉、コミュニケーションである。自分では分からなかった心の奥底に潜在している心の闇を、カウンセラーによる説明を受けて解放しなければならない非常に繊細な作業なのだ。それが、会話も出来ない馬にどうして出来ようか。
 
このまま競馬で走らせるのは人間のエゴでしか無く、ブチコを所有する金子真人氏の私欲の他ならない。勿論、厩舎スタッフのメンバー含め、ブチコが安心して走れる様に日々努力して来た事も理解した上での発言である。だが、今回の一連の流れを見てもやはりブチコの心の問題である事は明らか。

心のケアを出来るのはそもそもの心が通った親友か、経験を積んだプロの心理カウンセラーのみである。馬にはその両者が用意出来ないとなると、ブチコにはもうゲート内で閉じ込めると言う事をして欲しくない。それが、彼女の為でもあるし、騎乗する騎手や同じレースに出走する馬や競馬場スタッフにも少なからず危険が及ぶ可能性もあるのだ。
 

と思ったら…引退を発表w

 
ブチコを管理する音無秀孝調教師

ブチコを管理する音無秀孝調教師

【音無調教師のコメント】

『もうちょっと走らせてあげたかったけど、使う為にはまた試験を受けないといけないからね…それを受ける、受けないで馬をいじめるのもかわいそうなので』
via google imghp
 
筆者の強い念が通じたのか、記事を書いている途中に“ブチコ引退”のニュースが流れた。

ほっとひと安心したと共に、金子氏&音無氏の決断に心から賛辞を贈りたいと思う。今後、ブチコは北海道安平町の生まれ故郷でもあるノーザンファームで繁殖牝馬となる予定だ。白毛で高い能力を秘めた馬と言うのは本当にひと握りの希少な存在なだけに、またシラユキヒメ一族の繁栄ファミリーとしてたくさんの白毛馬を産んで欲しいと切に願っております。

後の事は弟のシロニイにお任せ下さい…名前がややこしいけどw
 

まとめ

 
何とも急な引退劇でした。別れを惜しむ間もなく、とはこの事ですね。

それにしても年明けにはブチコの兄で、白毛馬として初勝利を挙げたホワイトベッセル号が亡くなったニュースもあったりと、シラユキヒメ一族にとっては悲しい事が続いております。真っ白な馬体は本当に見栄えが良く、一度目にすればファンになってしまう不思議な魅力のファミリー。不幸なニュースよりもハッピーな報せの方が良いに決まっているので、そこは現役代表のシロニイに全てを託したいと思います。

何はともあれ、ブチコ、本当に長い競走生活お疲れ様でした。これからは母親として、また元気で健康的な白毛馬の産駒を楽しみにしております。とりあえずはゆっくりと休んで下さい。

ちなみに、今年デビュー予定のシラユキヒメ2015(キングカメハメハ産駒)は鹿毛ですwww

関連記事

関連タグ

著者