今週の新馬レーティング順位

 

①ミリッサ 101 ★★★★

 

②バリングラ 100 ★★★

 

③ナイルストーリー 99.5 ★★★

 

④カワキタエンカ 99 ★★★

 

土曜京都5R ミリッサ

 

2016年11月26日 芝1600m 京都競馬場

父馬:ダイワメジャー
母馬:シンハリーズ
母父:Singspiel
所属:石坂正厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:キャロットファーム

レースタイム:1.36.3(良)
レース上がり3ハロン:33.8
勝ち馬上がり3ハロン:33.5
 
【ミリッサ】
今年のオークス馬シンハライトの半妹。父がディープインパクトからダイワメジャーに変わってスピード感が増した印象だ。レースではスローペースを見越して4コーナーから一気の捲りを見せ、直線に向かう段階で先頭に。しかし、逃げ馬も2枚腰を使って再び突き放すも更に伸びたミリッサが華麗にデビュー戦V。通常なた脚を使い切って敗戦濃厚な所を勝ち切る辺りに血統の底力を感じた1戦。マイルまでなら上のクラスでも十分に戦える。
 

土曜東京5R バリングラ

 

2016年11月26日 芝1600m 東京競馬場

父馬:Fastnet Rock
母馬:Sweet Dream Baby
母父:Montjeu
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:Barronstown Stud(愛)
馬主:キャロットファーム

レースタイム:1.36.5(良)
レース上がり3ハロン:35.4
勝ち馬上がり3ハロン:35.0
 
【バリングラ】
1.3倍の圧倒的1番人気に支持されたバリングラが危なげない競馬で快勝。レースも上手く番手から進め、直線では一旦並ばれるも楽々と突き放して2着に2馬身差を付ける内容だった。馬体もかなり大きく、叩いた上積みも期待出来そうで次回の動きが本来のパフォーマンスとなるだろう。それにしても、ムーア騎手の追いはさすがに見応えがあるし馬もそれにしっかり反応する。
 

日曜京都5R カワキタエンカ

 

2016年11月27日 芝1800m 京都競馬場

父馬:ディープインパクト
母馬:カワキタラブポップ
母父:クロフネ
所属:浜田多美雄厩舎(栗東)
生産:木田牧場(新ひだか町)
馬主:川島吉男

レースタイム:1.55.0(重)
レース上がり3ハロン:35.8
勝ち馬上がり3ハロン:35.5
 
【カワキタエンカ】
道中は逃げ馬の直後、インコースを進めた1番人気のカワキタエンカ。直線の手前で上手くスペースを確保し、そこからグッと首を下げた良いフォームで馬場の良い所を伸びかろうじて後続を振り切り勝利を飾った。とは言え、血統的に見ても重馬場が得意では無い筈でパンパンの良馬場でもう一度競馬を見てみたい。同日のジャパンCでキタサンブラックが勝利するお膳立てだったのだろうかw
 

日曜京都4R ナイルストーリー

 

2016年11月27日 芝1800m 東京競馬場

父馬:Pioneer of the Nile
母馬:Princess Two
母父:Two Punch
所属:堀宣行厩舎(美浦)
生産:Michelle Redding & Franze Weiner(米)
馬主:吉田和美

レースタイム:1.51.1(良)
レース上がり3ハロン:35.4
勝ち馬上がり3ハロン:35.4
 
【ナイルストーリー】
好発から引っ張りきりの手応えで先頭に立ったナイルストーリー。脚質というよりはスピードの違いでハナに立った形だが、直線でもそのまま後続を突き放して余裕のゴールイン。2着に鋭く伸びたオーロラエンブレムが素質馬だっただけに非常に強い競馬だ。吉田和美オーナーはさすがに良い海外馬を連れて帰って来る。
 

まとめ

 
今週はミリッサが良い勝ち方をした。

ダイワメジャー産駒になった事でこれまでの上の産駒とはまたギアの入り方が違う様になった。やはり距離適性はマイル前後に適性がありそうで、オークスよりは桜花賞メインでローテーションを組まれて行くだろう。言うなればメジャーエンブレムと同様か。

バリングラもまだまだ良くなりそうで楽しみな1頭。馬体が500kgを優に超え、叩いて良化して行きそうな外国馬。堀厩舎だけにキッチリと馬を育てて行くだろう。

関連記事

関連タグ

著者