19年<チャンピオンズカップ>で優勝し、同年の最優秀ダートホースに輝いたクリソベリル(牡5歳、栗東・音無秀孝)が、ステージ4の喘鳴症のため現役を引退することを、13日、同馬を所有するキャロットクラブが発表しました。今後は、北海道の社台スタリオンステーションで種牡馬入りする予定です。


 同馬は、19年の<チャンピオンズカップ>を無傷の6連勝で制覇。他にもGIレース3つ、GIIレース2つで優勝しています。


 とても強い馬なので現役引退は残念ですが、今後は種牡馬として頑張ってもらって、子どもたちに期待したいですね(^^)

関連記事

著者