各有力馬情報

 
マリアライト

マリアライト

父馬:ディープインパクト
母馬:クリソプレーズ
母父:エルコンドルパサー
所属:久保田貴厩舎(美浦)
via google imghp
 
【買い要素】
2015年のエリザベス女王杯勝ち馬。末の有馬記念でもあわや3着の見せ場を作り、基本的にはこのメンバーの中では力は最上位だろう。父、母父ともに東京2400mは絶好の舞台となり、余程の事が無い限りが複勝圏内に入線して来ると思われる。日経賞からのゆったりとしたローテーションにも好感が持てる。

【不安要素】
ハンデ戦で、他の馬との斤量差で足元をすくわれる可能性はある。加えて、本戦では1番人気が予想されマークをされての立ち回りでどこまで自分の競馬が出来るかは未知数だ。これまでは人気薄での気楽な立場だっただけに、プレッシャーを背負いながらの先行策でどこまで粘れるかに注目したい。
 
タッチングスピーチ

タッチングスピーチ

父馬:ディープインパクト
母馬:リッスン
母父:サドラーズウェルズ
所属:石坂正厩舎(栗東)
via google imghp
 
【買い要素】
エリザベス女王杯でそのマリアライトに後一歩の所まで迫った末脚が最大の魅力だ。昨年のローズSではミッキークイーン以下を完封しており、この中に入っても終いのキレはダントツのNo.1だろう。直線の長い東京競馬場を味方に付けて一気の差し切りの可能性はかなり高い。ルメール騎手に戻るのも大きな強調材料。

【不安要素】
逆を言えば、初めての左回りが吉と出るか凶と出るかは未知数。ひょっとすると案外に終わり掲示板を外す事も考えられなくはない。距離的な心配はないが、現在の東京の高速馬場も大した持ちタイムがない同馬からするとやや不安に映る。
 
ジャングルクルーズ

ジャングルクルーズ

父馬:ジャングルポケット
母馬:フィヨルドクルーズ
母父:サンデーサイレンス
所属:藤沢和雄厩舎(栗東)
via google imghp
 
【買い要素】
2015年のジャパンカップで4着。後方から追い込み、ショウナンパンドラと1馬身半差ならこのメンバーでは大手を振って良い。今年初戦のメトロポリタンSでは案外な競馬だったが、ひと叩きされて本領発揮出来れば勝ち切るシーンも十分に一考だ。血統的にも東京でこその馬で見直す手か。

【不安要素】
気性的にムラッ気があり、展開や条件問わず馬が気分を害したらタラタラと回って帰って来るだけの可能性も否めない。如何に気分良く走らせて最後の直線で末脚を爆発させるかにかかっている。負けているケースでは基本的に内枠で他馬に揉まれているケースが多く、枠順には要注目だ。
 
クリプトグラム

クリプトグラム

父馬:キングカメハメハ
母馬:チアズメッセージ
母父:サンデーサイレンス
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
via google imghp
 
【買い要素】
元々はクラシックにと期待されていた素質馬。開花が遅くなったが、この2走が見違える様な末脚で骨っぽい相手に連勝している事からようやく安定して走れる様になって来た。東京は4走前に走って500万下ながら圧勝しておりコース適正は高いと見た。引き続き、斤量も背負わなくて良さそうで一気の重賞初制覇も十分にあり得る。

【不安要素】
ここ最近がいずれも後方からの競馬となっていて、展開に恵まれなかった時に差し届かずというリスクが大いに考えられる。かと言って、自ら動いて行ってレースを動かして行くまでのレベルでは無さそうな所から見ても鞍上も直線にかける競馬をしそう。どこまで上手くハマるかだろう。
 
モンドインテロ

モンドインテロ

父馬:ディープインパクト
母馬:シルクユニバーサル
母父:ブライアンズタイム
所属:手塚貴久厩舎(美浦)
via google imghp
 
【買い要素】
一番の上がり馬。前走のメトロポリタンSではタマモベストプレイなど重賞の常連馬相手に正攻法からの競馬で完勝して見せた。2走前はさすがに距離が長すぎたが、それを除いた前後3レースは全て安定した先行力で押し切っている所から展開にも左右されない脚質は大きな魅力だろう。こちらも有力馬の中では斤量も恵まれる予想で重賞制覇のチャンスは十分だ。

【不安要素】
それらしい不安が見当たらない。強いて挙げるとすれば、後ろからの強いプレッシャーがかかった時にどうかという点か。自分のペースでは無く、周りに促されて動いて行った時に終いの脚がどこまで使えるか次第で着順が変わって来る可能性はある。今回で言えば強力な同型にマリアライトがいるので前後につかれた時の対応が見もの。
 

まとめ

 
能力的な部分だけで見れば、GⅠで好走して来た上位の牝馬2頭が抜き出ている様に思える。但し、そこはハンデ戦。適正な重量を背負わされ各馬の能力差が均衡になる様な形で競馬が行われれば、その他の伏兵たちが逆転する余地は十分に考えられる。

あくまで、この展望は出走馬が確定する前なので参考程度にご覧頂きたい。その他、前年覇者のヒットザターゲットやショウナンバッハ、サムソンズプライドにレコンダイトなども複勝圏内に来ておかしくないメンバー構成となっている。

また週末の予想記事で本誌の印をお届け予定ですので、どうぞお楽しみに。

関連記事

関連タグ

著者