東京スポーツ杯2歳S

 

【エルデュクラージュ 激走度 ★★】 (想定6番人気)

 
エルデュクラージュ 牡2歳

エルデュクラージュ 牡2歳

父馬:クロフネ
母馬:エルダンジュ
母父:サンデーサイレンス
所属:池添学厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:キャロットファーム

【激走ポイント】
前走のダート戦が非常に強い内容だった。母の産駒にはアドマイヤスピカなど芝で良績のある馬が多く、本馬も父がクロフネとは言え十分に芝でやれる血統背景だ。むしろ、芝変わりでパフォーマンスを上げる様ならいきなりの重賞で一発があっても良いだろう。
via google imghp
 

マイルCS

 

【ガリバルディ 激走度 ★★★】 (想定9番人気)

 
ガリバルディ 牡5歳

ガリバルディ 牡5歳

父馬:ディープインパクト
母馬:シェンク
母父:Zafonic
所属:藤原英昭厩舎(栗東)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:社台レースホース

【激走ポイント】
前走の富士Sでは前残りの展開で、唯一後方から追い上げて来た馬。脚質的に展開の助けが必要となるが、本格化した今なら十分上位争いが出来ると見ている。未勝利戦を勝った時にGⅠ馬になると確信をしたあの時のインパクトが忘れらない。
via google imghp
 

【ディサイファ 激走度 ★★★】 (想定11番人気)

 
ディサイファ 牡7歳

ディサイファ 牡7歳

父馬:ディープインパクト
母馬:ミズナ
母父:Dubai Millennium
所属:小島太厩舎(美浦)
生産:ダーレー・ジャパン・ファーム(日高町)
馬主:H.H.シェイク・モハメド

【激走ポイント】
そもそも何故ここまで人気がないのかが分からない。今年の安田記念でもイスラボニータとは同じ上がりを使ってのハナ差。能力的にも実績にも1着があって良い筈だ。しかも、武豊騎乗で1番枠となると益々好走確率が上がって来た。ここは頭から狙いたい1頭。
via google imghp
 

まとめ

 
以上、各レースにおける伏兵のピックアップでした。

一応、穴馬の定義として6番人気以下という括りのもとでオススメさせて頂いておりますが、あくまで金曜日段階での想定人気となります。実際の当日に反映される順とは変動もございますので、そちらの点は予めご了承下さい。

先週は福島記念のマルターズアポジーをオススメし見事に1着!!ここ4週で3週は見事に推奨出来ているので、なかなかちゃんとしたコーナーになって来ましたねw!!とりあえず、今週もバシバシ当てて行きたいと思いますがマイルCSの2頭に関してはどちらかが馬券に絡む可能性はかなり高いと思います!!週末の京都は天気も崩れそうで、これは何やら不穏な空気が漂いますね…。

さてさて、この中に高配当を演出してくれる伏兵は潜んでいるのでありましょうか??結果を乞うご期待!!

関連記事

関連タグ

著者