青葉賞

 

ポポカテペトル 凡走危険度 ★★★★☆ (想定3番人気)

 
ポポカテペトル 牡3歳

ポポカテペトル 牡3歳

父馬:ディープインパクト
母馬:ミスパスカリ
母父:Mr. Greeley
所属:友道康夫厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:4戦2勝(2-0-0-2)
主な戦績:2017年ゆきやなぎ賞など
via google imghp
 

不安要素

 
そもそもの人気する理由が全くもって不可解。確実に血統、騎手、厩舎的なブランドによるものだろう。しかし、勝った2勝の内容も特筆すべき所がなく、京成杯では全く歯が立たず大敗。これまで4戦での上がり最速が34秒4レベルでは青葉賞で好走する事は甚だ難しいだろう。唯一、激走する余地があるとすればDNAの覚醒。しかし、それも期待は到底薄く、今回は出来るだけオッズを吸い上げて中波乱を演出する役目を果たしてくれるだけで十分だ。ルメール騎手がわざわざ乗りに行ってまで負けて帰って来るのだからお粗末様である。
 

天皇賞春

 

シュヴァルグラン 凡走危険度 ★★★★☆ (想定3番人気)

 
シュヴァルグラン 牡5歳

シュヴァルグラン 牡5歳

父馬:ハーツクライ
母馬:ハルーワスウィート
母父:Machiavellian
所属:友道康夫厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:佐々木主浩

通算成績:18戦6勝(6-4-4-4)
主な勝鞍:2016年阪神大賞典、アルゼンチン共和国杯など
via google imghp
 

不安要素

 
シュヴァルグランに関しては不安要素というかそもそもの能力値に疑問を感じる。確かに、中長距離のGⅡ戦では強い勝ち方をしているが、結局の所GⅠでは3着入線がやっと。かと言って有馬記念の時の様に自ら勝ちに行く競馬をすれば一線級には全く太刀打ちが出来ない。“3200mなら…”的な甘い期待を抱いているが、前走の阪神大賞典ではサトノダイヤモンドにあっさりとかわされる始末。共に叩いて上昇の余地があれば当然その差は同じか開くかのいずれかだろう。更に輪をかけてキタサンブラックにゴールドアクター、上がり馬のシャケトラなどがいる布陣では掲示板入線が精一杯と判断する。
 

まとめ

 
以上、各重賞の危険な人気馬をピックアップ。

先週は3戦1勝。福島牝馬ステークスのクロコスミアで幸先の良いスタートを切れたが、日曜の両重賞では共に危険な人気馬に推した2頭が上位入線。マイラーズカップのイスラボニータに関してはまさかのイン追走で勝つにはこれしかないという競馬をしたルメール騎手に脱帽。フローラステークスのフローレスマジックはまぁこれくらいは走って当然だろうという印象か。ただ、先着した2頭のレベルを見る様に本来なら後何頭かは前にいる算段だった。が、それらが全て飛んでしまう事態までは想定外。前者はともかく後者は本番でも消しで良い筈。

今週は2重賞。青葉賞は間違いなくポポカテペトル不要説で合っている。アドミラブルもトリコロールブルーも日本ダービーで好走余地がある馬だけにここはしっかりと走って来るだろう。ポポカテペトル自体は本番はおろか、今後条件戦をうろつくレベルと踏んでいるだけにこの人気なら気持ち良く消せる。天皇賞春は正直、1番人気連敗のデータからキタサンブラックを推したいのだがそれでは面白みに欠ける。ここは前年の3着馬でリベンジが期待されるシュヴァルグランをスパっと切るべきだ。鞍上の福永祐一騎手込みでGⅠの大舞台ではもうひと押しが足りない競馬をして、またしてもファンを歯痒い気持ちにさせるのがまざまざと想像出来る。

関連記事

関連タグ

著者