2日、中山競馬場で<ダービー卿チャレンジトロフィー>(GIII・4歳上・芝1600m)が行われ、大野拓弥騎手騎乗の11番人気タイムトゥヘヴンが、後方から差し切って優勝しました。

 勝ちタイムは1分32秒3(良)。


 以下、12番人気フォルコメン、1番人気ダーリントンホールの順にゴール板を通過しています。


 勝ったタイムトゥヘヴンは、牡4歳、美浦・戸田博文厩舎で、父ロードカナロア、母キストゥヘヴン、その父アドマイヤベガという血統です。

 20年12月依頼勝利から遠ざかっていましたが、約1年4ヶ月ぶりに勝ちを挙げ、重賞初制覇となりました。

関連記事

著者