コース見解

 
中山競馬場・芝1200mコースデータ図

中山競馬場・芝1200mコースデータ図

《勝ちタイム平均/レース上がり平均/勝ち馬上がり平均》

・3歳未勝利=1.08.6/34.7/34.7
・混合500万=1.08.3/34.8/34.4
・混合オープン=1.08.2/34.6/34.1
via google imghp
 
坂の頂上からスタート。外回りの3コーナーが比較的緩いカーブとなっている為、実質4コーナーまでの約500mをストレートで流れる事となる。快速馬が集まる1戦=ペースはかなり速くなり、日本の競馬場でも有数の高速コースとなっている。しかし、最後の直線では名物の急坂が待ち構えているので、飛ばし過ぎた馬はここで後続に捕まるパターンが多いだろう。かと言って、直線の距離が300m程しか無く後方一気もなかなか決まらない事は念頭に置いて予想に入りたい。
 

タイム・ラップ見解

 
上記の通り、前半は下り坂の影響でペースは全く落ちない。先行争いが激しくなれば中団ポジションの馬に有利に働くが、のん気に追走しているとその勢いのままに先行馬が押し切ってしまうケースも多々見受けられる。要は、出馬表から展開を読み切って最もそのペースに恩恵を受けそうな馬の選定に注力すべきコースだろう。
 

血統見解

 
サクラバクシンオー

サクラバクシンオー

父馬:サクラユタカオー
母馬:サクラハゴロモ
母父:ノーザンテースト

主な産駒:グランプリボス、ショウナンカンプ、ビッグアーサー、ダッシャーゴーゴーなど
via google imghp
 
【サクラバクシンオー】
問答無用でサクラバクシンオーが勝利数トップを獲得。しかしながら、産駒数も断トツでその数値から見ると、連対率・複勝率などは余り高くない。余程の人気馬でない限りはそこまで信用しなくても良いだろう。逆に血統から無駄に人気になっている買わされ馬の取捨を上手く出来れば高配当に繋げられる。色んな意味で重要な種牡馬には変わりない。
 
ネオユニヴァース

ネオユニヴァース

父馬:サンデーサイレンス
母馬:ポインテッドパス
母父:Kris

主な産駒:ゴールスキー、フラアンジェリコ、フォーエバーモアなど
via google imghp
 
【ネオユニヴァース】
意外にも高連対率を誇るのがネオユニヴァース。複勝率と共に30%近い数字を誇り、且つ単複の回収値も100オーバーとかなり優秀なデータを残してくれている。基本、短距離に出走する馬も少ないので出馬表で見かけた場合は無条件で連下候補には入れておくべき種牡馬だ。中山スプリント=ネオユニ、と覚えておくように。
 
サクラプレジデント

サクラプレジデント

父馬:サンデーサイレンス
母馬:セダンフォーエバー
母父:マルゼンスキー

主な産駒:サクラゴスペル、サクラアドニス、サクラレグナムなど
via google imghp
 
【サクラプレジデント】
同じサクラでも、中山のスプリント戦で高配当を運んできてくれるのはサクラプレジデントだ。その単勝回収値は何と250オーバーとかなり高い数値。かと言って複勝率も30%超えと全体的な安定感もあり、このコースの特注種牡馬に認定したい。昨年のスプリンターズSのサクラゴスペルなどが良い例だったろう。
 
クロフネ

クロフネ

父馬:フレンチデピュティ
母馬:ブルーアヴェニュー
母父:Classic Go Go

主な産駒:カレンチャン、ホエールキャプチャ、スリープレスナイト、クラリティスカイなど
via google imghp
 
【クロフネ】
やはり、スプリンターズSにおいてカレンチャンとスリープレスナイトの勝ち馬2頭を輩出しているクロフネも見逃せない。その他の産駒も活躍しており、複勝率は30%オーバーの安定感。数字を見る限りでは勝ち切るというよりも確実に馬券圏内に突っ込んでくる馬が多い。ネオユニヴァース同様、出走数が少ないのでしっかりと父親欄には目を通しておきたい所だ。
 

まとめ

 
中山の芝は週替りで極端な傾向に出るケースが多い。最低でも土曜日の芝レースをチェックして、前残りなのか追い込み有利なのかをチェックしておいた方が良いだろう。その上で、上記内容を含めた馬券展望に入りたい。いずれにせよ圧倒的に前傾ラップとなるのは明白で、ここで遅れを取る様だと幾ら末脚に自信があっても追い込めない直線の短さ。ある程度先行できる器用さとスピードのある馬を中心に印を打って行くと的中に近付ける筈だ。
 
☆ポイント☆
・中波乱~大荒れの傾向
・枠順の有利不利はほとんど無し
・4コーナーで5番手以内の馬を軸候補に

関連記事

関連タグ

著者