目次

 

 
2015年のホッカイドウ競馬が終了

2015年のホッカイドウ競馬が終了

15年11月12日、ホッカイドウ競馬は今年度の開催日程を終了した。馬券売上額は169億円13万円と、前年を約12億円上回った。今年は場外売り場の「Aiba札幌駅前」が3月いっぱいで閉鎖したし、前年度よりレース数が5レース減ったし、霧や台風によるレース中止が14レースもあったが、インターネット投票などが好調で、3年連続の単年度黒字になる見込みだ。
 

 
佐賀競馬でドーピング馬を発見

佐賀競馬でドーピング馬を発見

佐賀県競馬組合は15年11月7日、「15年11月1日・佐賀競馬10Rの1着馬ダイリンザン号(牡3歳)の尿から、禁止薬物のカフェインが検出された」と発表した。カフェインには興奮作用があり、精神を刺激するらしい。レース後の検査で検出され、再検査でも陽性反応が出たというから、「疑い」もクソもないだろう。同組合は、競馬法違反の疑いがあり、鳥栖署に届け出た。この結果、記録では「1着なし」となり、払戻金は変更されない。佐賀競馬で禁止薬物使用問題があったのは、1996年以来のこと。ダイリンザンの復帰は出走停止期間(12月1日まで)以降、さらなる再検査を行ってからとなる。
 

 
国内サラ系最多勝利記録49勝の高知競馬エーシンアクセラン引退

国内サラ系最多勝利記録49勝の高知競馬エーシンアクセラン引退

5年10月31日、高知競馬は、国内サラブレッド系の最多勝利記録(49勝)を持つ高知競馬のエーシンアクセラン(11歳)の引退を発表した。07年に中央デビューして、わずか3戦。未勝利のまま、同年に笠松競馬に移籍。そこで、10年の重賞サマーカップを含め、37勝。13年に高知競馬へ移籍して、14年10月4日に、オリジナルステップ(高知所属・12年引退)の持っていた最多勝記録を更新して46勝目をあげた。そして、15年8月22日の49勝目(通算162戦)が最後の勝利だった。
両後ろ脚を痛めたこともあり、田中譲二調教師が引退を決めたそうだ。お疲れちゃん!
 

 
競艇の話だがやってみる!?

競艇の話だがやってみる!?

こんな楽な的中はない。実は「競艇」の話なのだが、筆者は知らなかった。競艇は6艇で争われるが、ほぼ最初のターンで勝負が決する。だから、最初のターンをインで回れる「1号艇」が有利である。そこで、こんな番組があるそうだ。
「A級選手を1号艇に組み、残り五つの枠にはB級選手を入れる」。
強い選手を1枠に入れるので、これ勝つとわかっていれば、あとは相手を選べばいいわけだ。つまり「当たる可能性が大きい舟券」ということになる。
 下関、大村、三国競艇などでは第1レースに組んでおり、他にも第6レース前後に組む競艇場もあるそうだ。

関連記事

関連タグ

著者