馬体診断

 
レジネッタ2014 ♂ (馬名:アルトリウス)

レジネッタ2014 ♂ (馬名:アルトリウス)

父馬:キングカメハメハ
母馬:レジネッタ
母父:フレンチデピュティ
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:追分ファーム(安平町)
馬主:G1レーシング
via google imghp
 
3月にはトレセンへ入る程に仕上がり早。その当時で馬体重は470kgと全体的に体は出来上がっていそう。キングカメハメハ×フレンチデピュティと見事なまでにパワー配合で、血統通りのガッチリした馬体が印象的だ。素軽さよりも長い脚を使う持続型のタイプか。欲を言えば、背中からトモにかけてもう少し厚みが出て来れば言うことはない。
 

血統構成

 
キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector Raise a Native
Raise You
Miesque Nureyev
Pasadoble
マンファス ラストタイクーン トライマイベスト
Mill Princess
Pilot Bird Blakeney
The Dancer
レジネッタ フレンチデピュティ Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Mitterand Hold Your Peace
Laredo Lass
アスペンリーフ サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
マクダヴィア ブラッシングジョン
Northern Aspen


 

兄弟馬

 
特になし
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
血統背景としては、母がG1馬である事以外は強調材料は全く無いがその母も超低レベルなG1の勝ち馬でありあまり強調できる内容ではない。
 

前評判

 
関係者からは、「走りに力強さがあり体の使い方も上手い」と高い評価を受けている。兄たちは活躍出来なかったが、母から受け継がれる能力は確かでそれが本馬で開花してくれる可能性は高い。名伯楽の藤沢和雄厩舎というのもこころ強い材料だろう。先週のデビュー戦に出走し、1番人気で3着入線。内容も上々だったのですぐに勝ち上がる事が出来るだろう。
 

馬名の由来

 

アルトリウス

 
【意味】…伝説の英雄アーサー王のモデルとされる人物より

母が女王という意味でそこからの連想だろう。個人的には馬名に濁点が入って欲しい所だが、それでも甘えの響きだけで言えば文句なし。名前通りの伝説的な活躍が出来るか期待したい所。
 

編集部内の評価

 
正直言えば、クラシックに縁遠い藤沢和雄厩舎の時点で敬遠したい。幾ら馬が良くても厩舎に実績がないとさすがに指名に至らないだろう。それに加え、兄弟が尽く走っていない点も考慮し今回はスルーの選択で正しい。(田中)
 
G1馬と認めなくないレベルのG1馬の産駒だけに注目すらしていないし馬名はカッコいいが馬格がなくまったく魅力を感じない。当然選択候補にあがる事はない。(大川)
 
すでにデビューしていて手遅れだが、デビュー前は選択候補にすら上がらなかったので全く興味がない。兄弟にも活躍馬がいないのも残念。(小野寺)

関連記事

関連タグ

著者