京都2歳S

 

【アダムバローズ 激走度 ★★★】 (想定7番人気)

 
アダムバローズ 牡2歳

アダムバローズ 牡2歳

父馬:ハーツクライ
母馬:チャチャリーノ
母父:Unbridled'sSong
所属:角田晃一厩舎(栗東)
生産:服部健太郎(新ひだか町)
馬主:猪熊広次

【激走ポイント】
上位人気馬がそれぞれ後ろで牽制し合う展開となれば、単騎逃げの見込めそうなアダムバローズが前残りの競馬を演出する事となる。基本的に2歳戦は1勝馬よりも2勝馬を優先的に考えた方が良い結果に結びつきやすい。2着以下無しと安定している点も含めて上位進出が可能と判断。
via google imghp
 

ジャパンC

 

【サウンズオブアース 激走度 ★★★】 (想定7番人気)

 
サウンズオブアース 牡5歳

サウンズオブアース 牡5歳

父馬:ネオユニヴァース
母馬:ファーストバイオリン
母父:DixielandBand
所属:藤岡健一厩舎(栗東)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:吉田照哉

【激走ポイント】
史上最強の2勝馬、サウンズオブアース。実績はGⅠ級なのだが人気になりにくいタイプで今回のジャパンCも想定では7番人気。しかし、いつも人気以上の仕事をしてくれる馬主孝行でありオッズ的にも美味しい馬。引き続き、デムーロ騎手が乗ってくれるのも心強い点だ。頭まで有り得る。
via google imghp
 

【ビッシュ 激走度 ★★】 (想定9番人気)

 
ビッシュ 牝3歳

ビッシュ 牝3歳

父馬:ディープインパクト
母馬:バランセラ
母父:Acatenango
所属:鹿戸雄一厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:窪田康志

【激走ポイント】
前走の秋華賞敗戦は不可解なものだったが、1番人気に支持された実力は侮れない。今年のオークスでもシンハライトと差の無い競馬をしており、斤量差を活かせば馬券圏内に食い込む余地は十分。何より、新馬戦の重馬場で見せたパフォーマンスが圧巻だっただけに週末の雨予報も味方するかもしれない。
via google imghp
 

京阪杯

 

【フミノムーン 激走度 ★★★★】 (想定8番人気)

 
フミノムーン 牡4歳

フミノムーン 牡4歳

父馬:アドマイヤムーン
母馬:フミノシンデレラ
母父:サンダーガルチ
所属:西浦勝一厩舎(栗東)
生産:斉藤英牧場(浦河町)
馬主:谷ニ

【激走ポイント】
元々3歳時のファルコンSで1番人気に支持される程だったが、その後リズムを崩して1600万クラスをウロウロしていた。しかし、前走の桂川Sで快勝した内容はやはり重賞でもやれると確信するパフォーマンス。今回、近走の実績面で人気していないのならかなり美味しいオッズとなりそう。狙い目だ。
via google imghp
 

【レッドアリオン 激走度 ★★★】 (想定11番人気)

 
レッドアリオン 牡6歳

レッドアリオン 牡6歳

父馬:アグネスタキオン
母馬:エリモピクシー
母父:ダンシングブレーヴ
所属:橋口慎介厩舎(栗東)
生産:エクセルマネジメント(えりも町)
馬主:東京ホースレーシング

【激走ポイント】
スプリンターズSでは14着と惨敗している様に見えるが、勝ったレッドファルクスとは0.5秒差。展開の利があればその差はもっと詰まっていたかもしれない。そう考えればメンバーの質がグッと落ちるGⅢ戦なら上位進出も十分に考えられると見た。2走前のセントウルSでスプリント適正を感じたので追いかける魅力はあるだろう。
via google imghp
 

まとめ

 
以上、各レースにおける伏兵のピックアップでした。

一応、穴馬の定義として6番人気以下という括りのもとでオススメさせて頂いておりますが、あくまで金曜日段階での想定人気となります。実際の当日に反映される順とは変動もございますので、そちらの点は予めご了承下さい。

先週はマイルCSで穴馬に推奨したディサイファが直線で伸びて来てやったと思ったんですけどね…ご存知、最後の最後で立ち上がる程の不利を受けてしまい最悪のジ・エンドでした。タラレバで申し訳ないですが、あれさえ無ければ3着もあったと見ているだけに残念でなりません。でも、予想のスジとしては悪くないので引き続き今週も気合を入れて高配当の使者を的中して行きたいと思います。

ズバリ、今週は京阪杯のフミノムーン!!久々の★4つなのでかなりの自信あり!!上位人気の馬がいずれか飛んだ場合はこの馬の台頭が高確率であると見ています!!最内枠というのが特にプッシュしたい材料ですね!!

さてさて、この中に高配当を演出してくれる伏兵は潜んでいるのでありましょうか??結果を乞うご期待!!

関連記事

関連タグ

著者