レース傾向&展開

 

中山競馬場・芝1200m(外回り)

 
外回りバックストレッチにある坂の頂上からのスタート。スタートから直線の坂下まで下り坂が続くため、序盤からペースは速くなりやすい。勢いよくコーナーを曲がり、約310mの直線を駆け抜けていくが、直線半ばには中山名物の急坂(高低差2.2m)が待ち受けている。基本的にはロスなく立ち回れる先行馬が有利だが、クラスが上がるに連れて差し・追い込み馬も台頭してくる。
種牡馬では、サクラバクシンオー、ネオユニヴァース、サクラプレジデント、キングカメハメハ、クロフネが好成績を残している。
 

レース展開予想

 
先手争いはソルヴェイグ、シュウジ、ベルカント、スノードラゴン、ミッキーアイル、レッドアリオン、ネロなど行きたい馬がいるために激化が予想される。最内枠のビッグアーサーはスタート次第で行くかもしれない。さらに中団から後方にブランボヌール、ティーハーフ、サクラゴスペル、サトノルパン、レッドファルクス、ダンスディレクター、レッツゴードンキ、ウリウリという隊列が有力。
 

独自予想

 

◎ミッキーアイル

 
ミッキーアイル(牡5歳)

ミッキーアイル(牡5歳)

父:ディープインパクト
母:スターアイル
母の父:Rock of Gibraltar
調教師:音無秀孝(栗東)
via google imghp
 
キャリア7勝のうちG1・NHKマイルCを含む重賞5勝と高い能力は証明済み。前走の高松宮記念では、3番手追走から最後はビッグアーサーの決め手に屈して0.1秒差の2着に敗れたが、ハイペースの中で先行馬が総崩れした展開を考えれば全く悲観する内容ではない。今回はその高松宮記念以来の実戦となるが、燃え尽きやすい気性の持ち主で、使い込むより休み明けの方が良いタイプ。レースごとにスピードに磨きがかかっており、今年は昨年以上(4着)のパフォーマンスが期待できる。
 

◯ビッグアーサー

 
ビッグアーサー(牡5歳)

ビッグアーサー(牡5歳)

父:サクラバクシンオー
母:シヤボナ
母の父:Kingmambo
調教師:藤岡健一(栗東)
via google imghp
 
今年の高松宮記念では、好位追走から直線力強く抜け出して1分06秒7のコースレコードで勝利。見事にG1初タイトルを手にした。その高松宮記念から約5ヶ月以上の休み明けとなった前走のセントウルSでは、トップハンデを背負いながらも絶好のスタートから危なげなく逃げ切って勝利し王者の貫禄を示した。500kgを超える大型馬なだけに一度使われた上積みは大きく、万全の態勢で春秋スプリントG1制覇を狙う。
 

出馬表&レーティング&予想オッズ

 
ビッグアーサー、ミッキーアイルの2頭のGⅠ馬が地力的にもレーティング的にも頭抜けている。ヒモ相手としては、ベルカント、ダンスディレクター、レッドファルクスあたりの105以上の馬を狙っていくのがよいだろう。
 
 
馬番 出走馬 性齢 斤量 騎手 評価 本印 大川 小野寺 田中 予想オッズ
1 ビッグアーサー 牡5 57.0 福永祐一 110.5 2.1
2 ブランボヌール 牝3 53.0 武豊 102.0 × × 11.5
3 ティーハーフ 牡6 57.0 池添謙一 104.4 139.7
4 ソルヴェイグ 牝3 53.0 田辺裕信 100.3 × 36.4
5 シュウジ 牡3 55.0 川田将雅 101.5 12.7
6 ベルカント 牝5 55.0 蛯名正義 106.4 × 24.7
7 スノードラゴン 牡8 57.0 大野拓弥 104.2 × × 22.7
8 サクラゴスペル 牡8 57.0 横山典弘 104.4 × × 57.7
9 サトノルパン 牡5 57.0 和田竜二 102.3 89.6
10 レッドアリオン牡6 57.0 川須栄彦 104.8 × 102.4
11 ダンスディレクター 牡6 57.0 浜中俊 106.8 × 9.5
12 レッツゴードンキ 牝4 55.0 岩田康誠 104.0 × 19.5
13 レッドファルクス 牡5 57.0 M.デムーロ 106.0 × × 14.5
14 ウリウリ 牝6 55.0 戸崎圭太 104.3 × 27.7
15 ミッキーアイル 牡5 57.0 松山弘平 110.0 4.6
16 ネロ 牡5 57.0 内田博幸 102.2 17.9

関連記事

関連タグ

著者