欧州牝馬G1を3連勝中のディープインパクト産駒スノーフォール(Snowfall、牝3、愛・A.オブライエン厩舎)は、9月12日に行われる<ヴェルメイユ賞>(3歳上牝・G1・芝2400m)への参戦を検討していることがわかった。

<ヴェルメイユ賞>は、フランスのパリロンシャン競馬場で行われ、10月3日の<凱旋門賞>と同競馬場・同距離のレースです。

スノーフォールは父ディープインパクト、母ベストインザワールド、母の父Galileoという血統で、日本のノーザンファームの生産馬(欧州で生産者の基準となる母馬所有者はRoncon, Chelston Ire & Wynatt)です。

今年のオークス(英G1)、愛オークス(愛G1)、ヨークシャーオークス(英G1)とヨーロッパの牝馬G1・3連勝中で、通算成績は11戦5勝。

<凱旋門賞>ではブックメーカー各社の前売り発売で1番人気に推されています。


(出典:RacingTV(英競馬メディア))

関連記事

著者