目次

 

川崎競馬だ!幸せ家族、大集合!

 
 (927)

 
 東急不動産が運営するこの施設には、「ニトリ」や「マツモトキヨシ」など27店舗が入っている。つまり、川崎競馬とWIN-WINの関係を築こうとする展開だ。
たとえば親子三代で来場すれば、こんなことができるのだ。
・昼に到着して、すぐに家族そろって、「幸楽苑」でラーメンを食べる。
・おじいちゃんは、持病の薬を買いに「マツモトキヨシ」へ。おばあちゃんは日ごろの疲れを解消するために「コア鍼灸整骨院」へ。
・パパは、もちろん川崎競馬。ママは、たまにはお洒落をしたいので「美容院ROCO」で髪の毛をカットし、「ファッションセンターしまむら」で洋服を選ぶ。
・二人の子どもだが、お兄ちゃんは「ディーバデンタルクリニック」で虫歯の治療をしてから「ゲームアミューズメント・nico ground」でゲーム三昧だ。妹は将来、海外実業家の二号になるために「神田外語キッズクラブ」でABCのお勉強。
・そうこうするうちに競馬も終わり、再び家族そろって、夕ご飯は、「焼肉・寿司・デザート・総菜・サラダ・麺飯類など最大で130種類以上が食べ放題」という国内最大規模のバイキングレストランチェーン「焼肉ビュッフェ・すたみな太郎」で、パパの負け分を取り戻すために、全員がしこたま食べる。
・子どもがデザートを食べている間に、お母さんは「スーパー・食品館あおば」で明日のお弁当の食材を買いに行く。
・もうお腹パンパンで、そろそろ帰ろうとなるが、お兄ちゃんが靴を履き忘れてきたことに気付くのだ。「あ、玄関で履くのを忘れちゃった」、「まったくドジなんだから」などと笑って、「じゃあ、おじいちゃんが買ってあげるよ」と、「シュープラザ」でスニーカーを買ってもらう。
・そして、楽しく笑って家路につく。
……何という天国のような一日なのか。みなさん、こんな幸せ家族をやってみたいと思いませんか?
 
 (929)

関連記事

関連タグ

著者