馬体診断

 
ハッピーパスの2014 ♂ (馬名:ラボーナ)

ハッピーパスの2014 ♂ (馬名:ラボーナ)

父馬:ルーラーシップ
母馬:ハッピーパス
母父:サンデーサイレンス
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング
via google imghp
 
その雄大な馬体は、若駒の現時点で510kgを超えている。ルーラーシップに似たガッチリとした体型で、如何にも大きいストライドの走りをしそうな雰囲気。前情報では既に入厩しており、早ければ東京又は北海道でのデビューを予定している。コディーノもそうだったが、比較的この一族は成長が早めなのでPOGには適した1頭とも言えよう。
 

血統構成

 
ルーラーシップ キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
エアグルーヴ トニービン カンパラ
Severn Bridge
ダイナカール ノーザンテースト
シャダイフェザー
ハッピーパス サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ハッピートレイルズ ポッセ Foril
In Hot Pursuit
ロイコン High Top
Madelon


 

兄弟馬

 
コディーノ 牡

コディーノ 牡

父馬:キングカメハメハ
母馬:ハッピーパス
母父:サンデーサイレンス
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング

通算成績:11戦3勝(3-1-2-5)
主な勝鞍:東京スポーツ杯2歳Sなど
via google imghp
 
チェッキーノ 牝

チェッキーノ 牝

父馬:キングカメハメハ
母馬:ハッピーパス
母父:サンデーサイレンス
所属:藤沢和雄厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:サンデーレーシング

通算成績:5戦3勝(3-2-0-0)
主な勝鞍:フローラSなど
via google imghp
 

近親馬

 
シンコウラブリイ
タイキエルドラド
キングストレイル
 

血統評価:3.8pt

 
やはり母父SSは偉大である。上6頭いるが全馬3勝以上で重賞格が多い。母の現役時代の活躍からすると繁殖時代のほうが優秀ではある。しかしながらGⅠには届かない産駒が多いのも特徴。しかしPOGの母選択候補としては、鉄板の母である。3/4血統一緒のコディーノとチェッキーノが活躍しているので問題ないだろうし、ルーラーシップは、繁栄母とリーディングサイヤーの種牡馬で成功する可能性が高いのでここは注目である。
 

前評判

 
「兄弟馬の中でも最も良い」とそのデキの高さが評判になっている。関係者からも、「順調に調整が進んでおり、全身を使った躍動感のある走法で目立つ動きをしています。ハッピーパスの仔の割には比較的大人しめで、ストライドも大きくゆったりとしているので距離も持ちそうですね。現時点でも十分ですが、もっともっと良くなりそうな気配がしています」との絶賛のコメントが続いている。
 

馬名の由来

 

ラボーナ

 
【意味】…サッカーで軸足の後ろを廻って蹴り足を交差させボールを蹴る技術。

恐らく、兄弟馬でも特に重賞を制したコディーノ&チェッキーノのイントネーションに似せた馬名を付けたのだろう。それぞれの意味に類似性は共通点はなく、響きをメインとしてネーミングしたものと思われる。今後も、この「◯◯ー“ナ行”」シリーズは増えて行くものと予測する。
 

編集部内の評価

 
個人的に美浦入厩の馬はスルーなのだが、仮にこの馬が栗東所属なら迷わず指名しているだろう。ハッピーパスの仔はコディーノ&チェッキーノの2頭に目が行きがちだが、産駒全馬が3勝以上を挙げる安定血統であり、何をつけても走る事から今回のルーラーシップが外れるとは想像しにくい。ハッピーパスの繁殖能力は相当高いと判断する。(田中)
 
ルーラーシップが初年度という不安感があるが血統は魅力。馬名がボラーレを思い出してしまってちょっと不安を煽る。最終的には選択する可能性が高いが迷い中。(大川)
 
父ルーラーシップという事でかなり期待している。現時点で馬体重が500kg以上というのもとても頼もしく、調教を積めば積むほど強くなりそう。個人的にはコディーノ&チェッキーノ以上の活躍は間違いないと見る。(小野寺)

関連記事

関連タグ

著者