社台グループ創始者・吉田善哉

 
故・吉田善哉氏

故・吉田善哉氏

画像の露出がなく、関連本の表紙にて失礼。

今の社台の礎を築き上げ、日本競馬の歴史においても絶対的な存在。ノーザンテースト・サンデーサイレンスと立て続けに日本の血統譜を塗り替える種牡馬を輸入し、競走馬はおろか競馬界そのものの底上げをたった一人で行った神の様な人物である。

又、宮本輝の小説で映画化もされた「優駿」に登場する吉永達也は彼がモデルである。

主な所有馬…

・ノーザンテースト
via google imghp
 
今の日本競馬というものは、この人がいなければ成立していないと言っても構わない。

勿論、競馬そのものは存在していただろうが、これまでの数々の名馬の大半が社台グループ経由で生産された事は言うまでもない。ノーザンテースト・サンデーサイレンスの産駒を始め、直接的ではなくとも現在走っているどの馬にも社台関連の血が混じっているのではないだろうか。

ちなみに、妻である和子氏も馬主である。詳細は下記にてご確認を。
 
吉田善哉氏夫妻・和子氏

吉田善哉氏夫妻・和子氏

有限会社・社台不動産代表取締役。

又、有名な馬主でもあり彼女の名義で主な活躍馬は…

・ベガ
・ステージチャンプ
・ファビラスラフイン
・ゴールドティアラ
・レッドチリペッパー
・キストゥヘヴン
・シーキングザベスト
・フーラブライドなど
via google imghp
 

現在の社台を支える吉田3兄弟と血縁者

 
吉田善哉氏を頂点とする家系譜と勝負服まとめ

吉田善哉氏を頂点とする家系譜と勝負服まとめ

長男・吉田照哉氏(社台ファーム代表)
次男・吉田勝己氏(ノーザンファーム代表)
三男・吉田晴哉氏(追分ファーム代表)

他・照哉氏長男である哲哉氏が社台レースホース代表、勝己氏長男である俊介氏がサンデーレーシング代表、晴哉氏長男である正志氏がG1レーシング代表という生粋の競馬一族である。

※画像が小さく見づらい点はご了承下さい。
via google imghp
 

長男・吉田照哉家

 
吉田照哉氏

吉田照哉氏

社台グループ創始者・故吉田善哉氏の長男。

父・吉田善哉氏から相馬眼において全幅の信頼を置かれ、当時あのノーザンテーストの買い付けを全面的に任されている。

社台ファーム代表の他、社台スタリオンステーション代表取締役・日本競走馬協会副会長・日本軽種牡馬協会などの重要なポストを兼任する。

馬主でもあり、本人名義での主な活躍馬は…

・サンテミリオン
・スクリーンヒーロー
・ストロングリターンなど
via google imghp
 
夫妻・千津氏

夫妻・千津氏

奥様の吉田千津氏も有名な馬主であり、彼女の名義で主な活躍馬は…

・イングランディーレ
・シンゲン
・クイーンズリング
・シーキングマイラブ
・マドモアゼルパリなど
via google imghp
 
照哉氏長男・哲哉氏

照哉氏長男・哲哉氏

社台レースホース代表。

同クラブ名義で所有する主な活躍馬は…

・ハーツクライ
・ネオユニヴァース
・ダンスインザダーク
・ダンスインザムード
・テレグノシス
・ザッツザプレンティ
・ローエングリン
・タイムパラドックスなど
via google imghp
 

次男・吉田勝己家

 
吉田勝己氏

吉田勝己氏

吉田善哉氏の次男。

ノーザンファーム代表。その他、ノーザンホースパーク代表取締役社長・社台スタリオンステーション代表取締役を兼任。

また、自身も馬主であり主な活躍馬は…

・ダンスパートナー
・フラワーパーク
・スカーレットブーケ
・ポップロック
・エピセアロームなど
via google imghp
 
夫妻・和美氏

夫妻・和美氏

奥様の吉田和美氏も有名な馬主であり、彼女の名義で主な活躍馬は…

・キンシャサノキセキ
・スーニ
・ジャガーメイル
・テスタマッタ
・モーリスなど
via google imghp
 
勝己氏長男・俊介氏

勝己氏長男・俊介氏

ノーザンファーム空港牧場場長、サンデーレーシング代表。

現在、最も多くの活躍馬を輩出するサンデーレーシングの屋台骨的存在。

同クラブ名義で所有する主な活躍馬は…

・オルフェーヴル
・ジェンティルドンナ
・ブエナビスタ
・ドゥラメンテ
・フェノーメノ
・デルタブルースなど
via google imghp
 

三男・吉田晴哉家

 
吉田晴哉氏

吉田晴哉氏

吉田善哉氏の三男。

追分ファーム代表、社台スタリオンステーション専務取締役を兼任。
via google imghp
 
夫妻・安恵氏

夫妻・安恵氏

奥様の吉田安恵氏も有名な馬主であり、彼女の名義で主な活躍馬は…

・タイムトゥチェンジ
・アントニオマグナムなど
via google imghp
 
晴哉氏長男・正志氏

晴哉氏長男・正志氏

追分ファーム場長、G1レーシング代表。又、地方競馬全国協会の馬主でもある。

現在、業績を右肩上がりで伸ばし続けるG1レーシングの全マネジメントを管理する正志氏。画像の様に、メディアにも積極的に出演するなど活躍の馬は多岐に渡る。

同クラブ名義で所有する主な活躍馬は…

・アルバートドック
・タンタアレグリア
・ソルヴェイグなど
via google imghp
 

まとめ

 
以上、社台御三家の各系譜でございました。

まぁ、出て来る会社名や所有馬の数々が凄過ぎる事w…正直、これら『社台グループ』の馬だけでも中央競馬界はその年間スケジュールを開催しきれるんじゃないでしょうかwww

以前の記事でも書きましたが、日本競馬でも最も権威のあるレース・日本ダービーはファンたちの間で“社台グループの運動会”とさえ呼ばれております。

筆者としては、強い馬がどんどん現れてくれるのであればある程度の独占的な図式も致し方ないのかな??と思っている次第。その事にブーブー文句たれる前に、吉田善哉氏が日本競馬に貢献した実績を考えれば、ご子息がその恩恵を授かる事にもちゃんとスジが通りますしね。

世の中、どんな業界も実力社会です。結果出してナンボ。それを胸に刻んで、このどうしようもない記事を終わらせて頂きたいと思いますw

関連記事

関連タグ

著者