神戸新聞杯

 

【カフジプリンス 激走度 ★★★★】 (想定7番人気)

 
カフジプリンス 牡3歳

カフジプリンス 牡3歳

父馬:ハーツクライ
母馬:ギンザフローラル
母父:シンボリクリスエス
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:加藤守

【激走ポイント】
何と言っても、阿寒湖特別の勝ちタイムと内容が優秀。前走の丹頂Sは騎手が下手に乗ってしまい取りこぼしたが、長距離戦になればこのメンバーでも十分にやれる素材と見た。当日は矢作調教師の娘さんも会場に来るという事で激走のサインがはっきりと見て取れる。
via google imghp
 

【イモータル 激走度 ★★★】 (想定6番人気)

 
イモータル 牡3歳

イモータル 牡3歳

父馬:ハーツクライ
母馬:ギンザフローラル
母父:シンボリクリスエス
所属:矢作芳人厩舎(栗東)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:加藤守

【激走ポイント】
NHKマイルCでは3番人気に支持された同馬。新馬戦を勝った時はとんでもない怪物が現れたと思った程だった。ややムラ駆けタイプではあるが、共同通信杯でもディーマジェスティ相手に接戦を演じているだけにやはり能力は高い。うまくレースと噛み合えば大駆けがあっても良いだろう。鞍上・浜中騎手というのも心強い点のひとつ。
 

オールカマー

 

【クリールカイザー 激走度 ★★★】 (想定6番人気)

 
クリールカイザー 牡7歳

クリールカイザー 牡7歳

父馬:キングヘイロー
母馬:スマイルコンテスト
母父:サッカーボーイ
所属:相沢郁(美浦)
生産:千代田牧場(新ひだか町)
馬主:横山修二

【激走ポイント】
前走の七夕賞でのレースに復調加減を感じられた。自ら勝ちに行く4コーナーの行きっぷりが良かったので今回は更に上昇して来るのではないだろうか。加えて、計6勝の内の5勝が中山競馬場と得意の条件というのも激走の後押しになる筈。勝負師の田辺騎手だけに1発があっても不思議ではない。
via google imghp
 

【ショウナンバッハ 激走度 ★★】 (想定7番人気)

 
ショウナンバッハ 牡5歳

ショウナンバッハ 牡5歳

父馬:ステイゴールド
母馬:シュガーハート
母父:サクラバクシンオー
所属:上原博之(美浦)
生産:ヤナガワ牧場(日高町)
馬主:国本哲秀

【激走ポイント】
昨年のジャパンカップで最速上がりを披露した実力の持ち主で、キタサンブラックの兄という血統的な下地もあり重賞をいつ勝ってもおかしくない馬。その後の成績は芳しくないが、手のあった絶好調・戸崎騎手の手腕で上位入線も十分にあり得る。
via google imghp
 

まとめ

 
以上、各レースにおける穴馬のピックアップでした。

一応、穴馬の定義として6番人気以下という括りのもとでオススメさせて頂いておりますが、あくまで金曜日段階での想定人気となります。実際の当日に反映される順とは変動もございますので、そちらの点は予めご了承下さい。

筆者のイチオシはやはり、11週連続重賞連対記録更新がかかった戸崎騎手鞍上のショウナンバッハ。これはもしかするとゴールドアクター・マリアライトをまとめて差し切るなんて事も…??

さてさて、この中に高配当を演出してくれる伏兵は潜んでいるのでありましょうか。結果を乞うご期待!!

関連記事

関連タグ

著者