競馬関係者に祝福のメールを送信

 
丸山元気騎手

丸山元気騎手

生年月日:1990年10月3日(26歳)
所属厩舎:根本康広厩舎(美浦)
初免許年:2009年

初騎乗:2009年03月01日 2回中山3R ヤマタケディガー(11着/16頭)
初勝利:2009年07月11日 1回札幌2R オンザスローン(1着/12頭)
via google imghp
 
事の真相はこうだ。

土曜中山9レース終了後、知り合いの競馬関係者が勝利した為、そのお祝いのメッセージを自身のスマホを使って送信。それを受けた相手がTwitterでその事をつぶやいた所から事態が発覚した。JRAは翌朝、本人に事情聴取を行い事実確認を行った上で制裁に至ったという。

但し、開催の公正保持に関する緊急の騎乗停止処分を必要とする非行には該当しないという事で、2日のレースには通常通り騎乗した。正式な処分として、10月8日~11月6日の30日間の騎乗停止となる。
 

色々と不審な点が浮上…

 

①身内同士で何故バレるw??

 
しかし、今回の事の発端が先ずその祝福メールを受けた関係者のバカさ加減からによるもの。Twitterにその事を惜しげもなくつぶやいたもんだから、それを見た他の関係者がリークしたという事になりますよね。…これ、皆さんならどう思います??

まぁ、そもそもが開催中は騎手が調整ルーム内で外部と通信を行ってはいけないというのが厳格なルールとしてあるのでアウトはアウトです。でも、それって外部でしょ??今回はモロ身内であって、しかもその決まりも熟知している間柄なのにバレてしまうという低次元の内容。何でいちいちそんな事をTwitterに投稿してしまうんでしょうか。丸山元気騎手に元々恨みがあったとしか思えないんですがw
 

②ってか、普段から全然普通にやり取りしてるでしょ…

 
今回の一件で思ったのは、多分関係者内などでは確実に土日もLINEやメッセージのやり取りは行われている筈。こんなの、どう考えたって日常的な行為の一角にしか過ぎませんよ。さすがに素人とのやり取りは控えているとは思いますが、自分達の仕事を理解している間柄ではガンガン通信してると思いますよ。
 

③そもそもが調整ルームで携帯って触れないよね??

 
確か規定では調整ルームに入室する時には、携帯電話はJRA職員に預けなければいけなかった筈。外出は勿論、インターネットはおろか新聞でさえ見る事が禁止されていると言います。

当然ながら、全国の競馬ファンが投票し何百億というとんでもない額のお金が動く賭博に対して、JRAは公正に執り行う義務がある訳です。その馬たちに跨って競馬をする騎手に対しても、レース前にはそれくらいの厳格な規制をかけてもらわないと不正も行いかねませんよね。何てたってやろうと思えば八百長が出来るんですから。

でも、この記事を見る限りでは携帯に関しては多分ちゃんと預かっていないでしょうね。ある意味で制裁を加えているJRAにも落ち度がありますよ、これ。
 

ルメールも初っ端にやらかしてました

 
ルメール騎手のTwitterアカウント

ルメール騎手のTwitterアカウント

昨年の通年免許発行直後に起こった衝撃のニュースでした。

こちらも調整ルームに入室後に知人のつぶやきをリツイートした事が発覚し、いきなりの30日間騎乗停止という出遅れをしてしまったルメール。前々からずっと短期免許で来日していたのに知らなかったなんて事あるんでしょうか…
via google imghp
 
詳しく調べてみると、調整ルームでの外部通信事例はこれで4回目との事。初回の違反以降に、セーフティBOXなるものを設置しそこに電源を切って入れる様にしているとの記述がありました。但し、これはJRAの管理によるものではないそうであくまでも自主的な措置だという事でした。

…うん、これは間違いなくほとんどの騎手が預けてないでしょうね。絶対ガンガンいイジってますよw

まぁ、人間ですから他者との交信を2日も遮断されるとなると逆にしたくなっちゃいますよね。それが家族や恋人なら尚更の事です。正直、本人たちに任せている様では100%解決する筈がありません。
 

まとめ

 
上記にもありますが、事実が発覚し制裁を発表されたのが10月2日。そして、当の本人の誕生日が翌10月3日という奇跡のタイミング…ある意味で丸山元気騎手、持ってますねw

騎乗時の斜行などで制裁を喰らう場合で大体14日間の騎乗停止とかなんですが、今回はその倍の30日間。丸1ヶ月間も職を失う事になった丸山騎手はかなりの喪失感に苛まれている事でしょう。しかも、その理由が他の競馬関係者に良かれと思って送ったお祝いの言葉がキッカケなのですから…。

しかし、規則は規則です。そこはしっかりと受け止め、これで腐らず復帰後の更なる活躍を期待して待ちましょう!!何はともあれ、お誕生日おめでとうございましたw!!

関連記事

関連タグ

著者