馬体診断

 
ミスアンコール2014 ♀ (馬名:ミンネザング)

ミスアンコール2014 ♀ (馬名:ミンネザング)

父馬:ディープインパクト
母馬:ミスアンコール
母父:キングカメハメハ
所属:萩原清厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:金子真人ホールディングス
via google imghp
 
全体的にまだボテッとした作りだが、立ち姿には品を感じる。全姉にテンダリーヴォイスはデビューも早く、桜花賞の前哨戦・アネモネSを解消したPOG向けの血統。馬格の小さかった姉と比べて、本馬はかなり大きく出ている様でその点で大成する下地は揃っている。その姉と同じ萩原厩舎なので陣営も勝手が分かっているだろう。
 

血統構成

 
ディープインパクト サンデーサイレンス Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ウインドインハーヘアー Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
ミスアンコール キングカメハメハ Kingmambo Mr.Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
ブロードアピール Broad Brush Ack Ack
Hay Patcher
Valid Allure Valid Appeal
Alluring Girl


 

兄弟馬

 
テンダリーヴォイス 牝4歳

テンダリーヴォイス 牝4歳

父馬:ディープインパクト
母馬:ミスアンコール
母父:キングカメハメハ
所属:萩原清厩舎(美浦)
生産:ノーザンファーム(安平町)
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:13戦2勝(2-2-1-8)
主な勝鞍:アネモネS
via google imghp
 

近親馬

 
特になし
 

血統評価:1.0pt

 
ブロードアピールの孫で全姉がテンダリーヴォイスそれ以外はとりたてて強調する材料がない。ブロードアピール自体は牝系を繁栄させておらずテンダリーヴォイスが唯一どうにかこうにかという程度だろう。
 

前評判

 
前評判らしきコメントの記載はあまり見かけないが、ディープインパクト×キングカメハメハの配合例はデニムアンドルビーやキロハナを始め、ほとんどの産駒が勝ち上がってそれなりの活躍をしている。現代の新ニックスとも呼ぶべき配合で今後も主流となって行きそうだが、本馬がその流れに乗れるかどうかだ。デビューは比較的早めとの事。
 

馬名の由来

 

ミンネザング

 
【意味】…愛の歌(独)

母、姉からの連想。フュージョンロックの同項目内でも書いたが、“金子氏所有”というブランドだけで益々走りそうな名前に思えて来る。ミンネザングというネーミングも他の勝負服で見るのとは訳が違うのだ。この馬も来春の桜花賞やオークスの出馬表にきっちりと載っているのだろうか。
 

編集部内の評価

 
関東馬という事で個人的には興味が出ないが、デビューも早くしっかりとしたローテーションを組んでくれるイメージのある萩原厩舎という点は心強い。クラシックに向けて故障せずに走る可能性が高い馬こそPOG向きだろう。本馬は姉を超える活躍が出来るかどうか。(田中)
 
ディープ×キンカメなのでそこそこ走りそうだが、個人的には全く興味が湧かない。馬名や厩舎を考えるとG1を勝つイメージがないのでここは見送りで。(小野寺)
 
馬体と馬名は好みだが牝馬だし兄弟活躍馬が弱すぎるので選定候補にはならない。金子オーナーというポイント以外、選定ポイントがわからない。(大川)

関連記事

関連タグ

著者