レース傾向・展開

 
〈函館競馬場・芝1200m〉
今年の夏にデビューした2歳馬による”世代一番乗り”の重賞覇者を決める函館2歳S。
スタートは2コーナーのポケット地点からで、3コーナーまでは約490mの上り坂が続く。スタートから果敢に飛ばす馬は少なく、比較的落ち着いたペースになりやすい。加えて、ヨーロッパ特有の芝が長くて深い洋芝を用いているため、他の競馬場に比べると同じ短距離戦でも時計がかかるのが特徴で、パワーとスピードを兼ね備えた馬が好走しやすいと言える。
また、直線は約260mとJRA全10場の中では一番短く、圧倒的に先行馬が有利な傾向。差しも決まらなくはないが、最後方からの直線一気はほぼ皆無に等しく、できれば中団までが理想的だ。
 
 
〈レース展開〉
このレースは当然ながらキャリアが極薄な馬ばかりなのでなかなか展開が読みづらい。そのなかで先手争いは、ザベストエバー、ロイヤルメジャー、ガーシュウィンの有力馬になりそう。後ろの先行集団にモンドキャンノ、バリンジャー、レヴァンテライオン、ラーナアズーラが続いて、中団にメローブリーズ、ドゥモワゼルといった展開が予想される。
 

独自予想

 

◎モンドキャンノ

 
モンドキャンノ(牡2歳)

モンドキャンノ(牡2歳)

父:キンシャサノキセキ
母:レイズアンドコール
母父:サクラバクシンオー
調教師:安田隆行(栗東)
via google imghp
 
前走の函館メイクデビューでは、少し行きたがる手応えで好位の2.3番手に取りつくと、最後は軽く気合いをつけただけで前を楽に交わして快勝。このレースの2着ドゥモワゼル、3着フクノクオリア、4着ラッシュアウトはその後の未勝利戦で勝ち切っていることからハイレベルな新馬戦だったと言えるだろう。父キンシャサノキセキと母父サクラバクシンオーはともにスプリントG1を勝っており、この馬もこれからの活躍が大いに期待できる一頭であることは間違いない。まずは世代初の重賞制覇を成し遂げたい。
 

◯メローブリーズ

 
メローブリーズ(牝2歳)

メローブリーズ(牝2歳)

父:スクリーンヒーロー
母:コンドルショット
母父:エルコンドルパサー
調教師:石毛善彦(美浦)
via google imghp
 
前走の函館メイクデビューでは、重馬場、小頭数、スローペースで勝ち時計自体はあまり目立たないが、直線はノーステッキで上がり34.9秒の脚を繰り出して後続を突き放した内容を見れば、秘めた能力は相当高いと考えて良い。前走はスタートから先団に取りつくまでに少し時間がかかったため、今回は中団から差す競馬になりそうだが、インで上手く脚を溜めれれば最後は自慢の末脚で弾けてくるはず。
 

▲レヴァンテライオン

 
レヴァンテライオン(牡2歳)

レヴァンテライオン(牡2歳)

父:Pioneerof the Nile
母:Ghostly Darkness
母父:Ghostzapper
調教師:矢作芳人(栗東)
via google imghp
 
6月の函館メイクデビューでは1番人気に推され、好スタートから道中は3番手を追走。直線で外に持ち出すと、最後はエスケークラウンをクビ差で捕らえて見事に初戦を飾った。2歳ながらレースセンスは抜群に高く、折り合いなどに不安がないのは強みだろう。父のPioneerof the Nileは昨年の米三冠馬アメリカンファラオを輩出していることから血統的にダート色が濃いが、この時期であれば懸念する必要はなく、高い将来性にかけて注目したい。
 

▲ガーシュウィン

 
ガーシュウィン(牡2歳)

ガーシュウィン(牡2歳)

父:アドマイヤマックス
母:ブルームトウショウ
母父:サクラバクシンオー
調教師:和田雄二(美浦)
via google imghp
 
芝1000mの函館メイクデビューでは、好スタートを決めてハナに立ち、最後は後続に4馬身離したまま余力を残して勝利。2歳馬らしくレースは少し荒削りではあるが、秘めた能力は相当高い。デビュー戦の内容を見る限りでは何が何でも逃げにこだわる必要もなく、展開次第で融通が利くタイプだろう。
 

出馬表&予想オッズ

 
   
馬番 出走馬 性齢 斤量 騎手 評価 本印 大川 小野寺 田中 予想オッズ
1 ネコワールド 牡2 54.0 吉田隼人 ---- 34.2
2 フクノクオリア 牡2 54.0 横山和生 ---- 47.1
3 ザベストエバー 牡2 54.0 石川裕紀人 ---- × 17.0
4 メローブリーズ 牝2 54.0 古川吉洋 ---- 26.8
5 タイムトリップ 牡2 54.0 丸山元気 ---- × 79.0
6 モンドキャンノ 牡2 54.0 戸崎圭太 ---- 1.9
7 ラッシュアウト 牡2 54.0 原田和真 ---- 142.0
8 バリンジャー 牡2 54.0 浜中俊 ---- × 3.5
9 バンドオンザラン 牡2 54.0 桑村真明 ---- 97.6
10 ロイヤルメジャー牝2 54.0 加藤祥太 ---- × 13.2
11 ピンクドッグウッド 牝2 54.0 宮崎光行 ---- 198.5
12 レヴァンテライオン 牡2 54.0 三浦皇成 ---- 9.0
13 ポットジーニー 牝2 54.0 松岡正海 ---- × 74.5
14 ドゥモワゼル 牝2 54.0 池添謙一 ---- × 6.8
15 ガーシュウィン 牡2 54.0 勝浦正樹 ---- × 21.3
16 ラーナアズーラ 牝2 54.0 柴山雄一 ---- × 68.8

関連記事

関連タグ

著者