(1533)

13日にスタートした日テレドラマ【世界一難しい恋】。ドラマのタイトル通り全体はラブストーリーだが、競馬ファンの間で話題となっているのが、登場人物の名前が競馬関係者ばかりだということ。あまりにも面白いので、一人ずつ見ていこう。
 

主人公・鮫島零治→鮫島騎手親子?

 
嵐の大野智演じる【鮫島零治】は鮫島ホテルズの社長で、仕事の才能は天才的だが、プライベートで女性を喜ばせる才能は1ミリもない。かなり気難しく、自分基準に満たない従業員を次々にクビにするほどの人間らしい。
 
鮫島親子

鮫島親子

父の克也は地方競馬の佐賀競馬場で活躍している現役のジョッキー。
長男の良太はJRAに所属しているおり、現在はフリーで活動中。
アストンマーチャンやジュエルオブナイルで小倉2歳S(G3)を勝利している。
次男の克駿は2015年でJRAでデビュー。4月14日現在で56勝を挙げている。
 

ヒロイン・柴山美咲→柴山雄一騎手?

 
波瑠演じる【柴山美咲】は鮫島ホテルズに中途採用で入社。パリの五つ星ホテルで務めた経歴を持つ、マイペースで何事にも動じないメンタルの持ち主。
 
柴山雄一

柴山雄一

JRA・美浦所属の現役ジョッキー。
2005年に笠松から移籍し、積み重ねた勝利は450勝以上。
2015年にはアルビアーノでフラワーCとスワンSをミトラで金鯱賞を制している。
 

ステイゴールドホテル社長・和田英雄→和田竜二騎手?

 
北村一輝演じる【和田英雄】は5年連続世界一の栄誉に輝く【ステイゴールドホテル】の社長で鮫島零治とはライバル関係にある。
 
和田竜二

和田竜二

競馬学校花の12期生のひとり。
テイエムオペラオーとのコンビでG1を7勝、獲得賞金の世界記録を達成した。
 
ステイゴールド

ステイゴールド

三冠馬オルフェ―ヴルやG1レース6勝のゴールドシップら名馬を輩出。
現役時代は「シルバコレクター」の異名でなおかつ、気性が荒い馬で有名だった。
7歳で迎えた引退レースの香港ヴァーズで念願のG1初制覇を果たした。
2015年2月5日に大動脈破裂のため死亡した。
 

現役騎手や調教師の名前が多数

 
杉本哲太演じる【石神剋則】は零治の専属運転手で、零治の成長を父親のように見守っている。
 
石神深一

石神深一

JRAにてフリーで活動している現役ジョッキー。
主に障害競走での騎乗が多く、2013年には新潟ジャンプSをアサティスボーイで制し、重賞初勝利を挙げている。
 
清水富美加演じる【堀まひろ】は美咲と同期入社の新入社員。
 
堀宣行

堀宣行

今最も勢いに乗る調教師で、ドゥラメンテ、モーリスといった現役G1馬を管理している。
 
ジャニーズWESTの小瀧望演じる【三浦家康】は鮫島ホテルズの社員で、美咲とまひろの教育係として活躍。若さと雑さが零治の脅威となっている。
 
三浦皇成

三浦皇成

奥さんはタレントのほしのあき。
デビュー当初から期待が高く、2008年に武豊が持つ新人年間勝利数69勝を塗り替えている。間違いなく未来の競馬界を牽引していける存在だろう。
 
三宅弘城演じる【音無静雄】は鮫島ホテルズの支配人を務めている。
 
音無秀孝

音無秀孝

栗東所属の現役調教師。過去にカンパニーで天皇賞・秋とマイルチャンピオンSを制覇し、現在では、ミッキーアイル、アンビシャスといった活躍馬を管理している。
 
若林誠演じる【丸田潤】は零治の計画を実行する右腕的存在。
 
丸田恭介

丸田恭介

美浦・宗像義忠厩舎に所属する現役ジョッキー。座右の銘は「誠心誠意」。2014年にはリトルゲルダでセントウルSを制覇、ダノンレジェンドでカペラSを制し、ダート重賞初制覇を果たしている。
 
札内幸太演じる【松若笹広】は鮫島ホテルズの社員で、冷静沈着で数字をこよなく愛している。普段は穏やかだが、怒ると広島弁が出る。
 
松若風馬

松若風馬

音無秀孝厩舎所属の若手トップジョッキー。2015年の小倉記念でアズマシャトルに騎乗し、重賞初制覇を果たしている。
 

まとめ

 
あまりにも競馬関係者が多く、あえて有名ではない名前を使うあたり脚本家の金子茂樹氏が大の競馬好きではないのかと疑ってしまう。ドラマはまだ始まったばかりなので、今後さらにどんどん競馬関係者の名前が出てくるだろう。競馬ファンにはぜひ観ていただきたい。

関連記事

関連タグ

著者