チューリップ賞

 

カワキタエンカ 激走期待度 ★★★★☆ (想定7番人気)

 
カワキタエンカ 牝3歳

カワキタエンカ 牝3歳

父馬:ディープインパクト
母馬:カワキタラブポップ
母父:クロフネ
所属:浜田多美雄厩舎(栗東)
生産:木田牧場(新ひだか町)
馬主:川島吉男

通算成績:2戦1勝 (1-0-1-0)
主な戦績:2016年千両賞3着など
via google imghp
 

激走ポイント

 
新馬と千両賞が共に重馬場と言う雨女のカワキタエンカ。しかし、血統的に考えれば良でこその馬の筈で、不得意である条件でも崩れずに走っているのは能力の高い証拠だ。飛びのキレイな馬だけに、今度こそ良馬場でその走りの真価を問いたいと思う。可能性としては、ミリッサを超えて3番手に浮上か。上位2頭の逆転はさすがに厳しいと見て3着付けが美味しいかもしれない。
 

オーシャンS

 

ブラヴィッシモ 激走期待度 ★★★★☆ (想定12番人気)

 
ブラヴィッシモ 牡5歳

ブラヴィッシモ 牡5歳

父馬:Fastnet Rock
母馬:メイキアシー
母父:Sadler's Wells
所属:須貝尚介厩舎(栗東)
生産:社台ファーム(千歳市)
馬主:金子真人ホールディングス

通算成績:26戦5勝(5-4-3-14)
主な戦績:2016年仲秋Sなど
via google imghp
 

激走ポイント

 
先週は危険な人気馬で指名し、今週は穴馬にブラヴィッシモを再指名。とは言え、先週の阪急杯は直線で前が終始詰まる不利が痛かった。実質競馬をしたのは残り100mくらいなものでそれで3着に際どく迫ったのは立派な競馬。その分ダメージも少ないと判断しての連闘だろう。余程調子が良くなければ重賞を2週連続出走など出来ない。ここは須貝氏のジャッジに乗ってみて厚めに買いたい1頭だ。
 

トウショウピスト 激走期待度 ★★★☆☆ (想定11番人気)

 
トウショウピスト 牡5歳

トウショウピスト 牡5歳

父馬:ヨハネスブルグ
母馬:シーイズトウショウ
母父:サクラバクシンオー
所属:角田晃一厩舎(栗東)
生産:トウショウ牧場(新ひだか町)
馬主:トウショウ牧場

通算成績:22戦5勝 (5-2-3-12)
主な戦績:2016年浜松Sなど
via google imghp
 

激走ポイント

 
昨夏以来の走りを見る限り、すんなり先手を取れるか取れないかで走りが変わるトウショウピスト。やはり行き来ってこそで、前走は出遅れて外々を回らされる競馬だった為に度外視して良い。2走前の浜松Sが飛ばし気味のペースでもラスト33秒台でまとめる能力はあるだけに、この重賞でも如何に気持ち良く先行出来るかにかかっている。母シーイズトウショウの血が大きな舞台で覚醒するのではと少々期待したい。
 

弥生賞

 

テーオーフォルテ 激走期待度 ★★☆☆☆ (想定10番人気)

 
テーオーフォルテ 牡3歳

テーオーフォルテ 牡3歳

父馬:ハービンジャー
母馬:グッデーコパ
母父:マンハッタンカフェ
所属:藤岡健一厩舎(栗東)
生産:ヤナガワ牧場(日高町)
馬主:小笹公也

通算成績:1戦1勝(1-0-0-0)
主な戦績:2017年3歳新馬
via google imghp
 

激走ポイント

 
まだ1戦1勝の身だが、新馬戦のパフォーマンスは非常に将来性豊かな内容だった。直線でのラスト200mの伸びはかなり際立っていたが、ふらついた走りで逆に伸びシロも大きく感じた1頭。本格化はまだ先になるだろうが、今の中山の馬場にはハービンジャー×マンハッタンカフェの血統的後押しもあって相当食指が動く。同じ新馬勝ちならサトノマックスより断然こちらを取りたい。城戸騎手込みで応援する。
 

まとめ

 
今週の穴馬ピックアップは以上。

先週は3レースとも的中無し。特に日曜日は大荒れだっただけに、そう言う時に当てておかないと意味が無い。猛省しつつ、今週からの予想にしっかりとその気持ちを反映させて行きたい所だ。それにしても最下位人気のナガラオリオンが来るとは…。

さて、今週はチューリップ賞のカワキタエンカとオーシャンSのブラヴィッシモがイチ押し。カワキタエンカに関しては良馬場でのパフォーマンスが未知数で、もしかすると大化けする可能性も。ブラヴィッシモに関しては意欲の連闘と言うだけで買いの一手だ。願わくば想定人気のままオッズは変わらないで頂きたい。

関連記事

関連タグ

著者